タグ: icc

Staying Active During the Pandemic: Jump Rope

The COVID-19 pandemic has forced and encouraged many to stay cooped up at home. Without a doubt, this has decreased many of our activity levels, leaving our long-term health at risk. On the other hand, however, many also have taken this opportunity to dedicate their free time to exercise at home, just like I have.

When I found myself stuck in the Philippines and stuck at home due to the nationwide lockdown, I did not want to just sit and wait around. I thought, “this is the perfect time to focus on my well-being.” I remember exercising to workout apps like Nike Training Club, dancing to Zumba YouTube videos, and using liter bottles of water as my homemade weights. 

Out of all the exercise routines I adopted though, there was one that I fell absolutely in love with: Jump Rope.

The problem for most about exercising is that it is just not fun or appealing to spend about an hour doing repetitive sets and making your body struggle. I felt the same way, and that is why it was so important to me to find a hobby that was fun and active. For me, that was jump rope.  

The difference between jumping rope and other regular gym exercises is the tricks. I love the feeling of achievement that comes with seeing improvement. In my opinion, improvement in terms of gym exercise is seen through the number of reps or sets you can withstand or the increase in weight for a particular exercise. However, the tricks learned through jump rope are so much more fulfilling. It shows not just improvement in fitness but in body coordination and concentration.

Did you also know that jump rope is the fastest calorie-burning workout? Jumping rope for 10 minutes can be roughly equivalent to jogging for 30 minutes. This is because it is a full-body workout. So, if you are a very busy person but want to include exercise into your routine, I definitely recommend jumping rope.

Another benefit of jump rope is the portability! I used to be a member of a commercial gym, but wanting to be safer during the pandemic, I canceled my membership. With jumping rope, you don’t need a gym. All you need is some space and your rope. Thus, I usually tend to go out to a park to jump rope. Also, no more paying 8000 yen a month for a gym membership!

I first started jumping rope on June 1, 2020, and after two months I had already learned a lot of tricks, specifically, boxer jump, cross jump, and double-unders. However, my form was still not great. By May 2021, after almost a year of jump rope, my form was better when it came to tricks, my jumps were faster and less exaggerated: overall, the visual improvement was there. 

Check out my progress in the video below: 

If you want to try jumping rope, as a beginner I would check out some of the tons of YouTube videos to understand the right form and make sure you are not risking injury. I definitely recommend not jumping at first, but starting with the hand movements. Once you’ve learned how to do the basic jump, try repeating this routine five times for a short, 5-minute workout:

  • Single-Unders: 30 Seconds 
  • Rest: 30 Seconds 

The better you get, you can try decreasing your rest time and increasing the intensity of your jumps by adding more tricks. This is one of my jump rope workouts that I do almost every week:

  • Single Unders: 30-45 seconds
  • Rest: 10 seconds
  • Boxer Jumps: 30-45 seconds
  • Rest: 10 seconds
  • Criss-Cross Jumps: 30-45 seconds
  • Rest: 10 seconds
  • Double-Unders: 30-45 seconds
  • Rest: 10 seconds
  • Freestyle: 1 minute
  • Rest: 15-30 seconds

I repeat the workout above until I have been jumping for at least 30 minutes.

The kind of jump rope you use is also something to take into consideration. For beginners, I definitely recommend a thicker rope because it is easier to gain momentum. I use a weighted jump rope with heavy handles and a thinner rope. Weighted jump ropes are great for developing upper-body strength!

There are always more fun and time-efficient ways to exercise and change to a healthy lifestyle. Definitely give jump rope a try — you won’t regret it!

Let’s continue staying active during the pandemic! 

B.P.

From the balcony on the fourth floor

オンライン・ライティングコンテストの最優秀賞作品
Online Writing Contest 1st Prize

by CAPRIOLI Nicole
Graduate School of International Culture and Communication Studies

The poem I wrote express the emotions I recently felt while I was looking from the balcony of my apartment in Tokyo. The outbreak of the Corona virus and its consequences made me think even more deeply about human nature and how it has been changed and affected by the environment through the years. At that time, I remembered Mishima’s words written in the epilogue of the book “Sun and Steel,” and as I was thinking about that, the image of the Teshima Art Museum and the emotions I felt that day made their way into my mind. So, this poem was born.

* * *

From the balcony on the fourth floor
of my apartment in Tokyo
I watch a man dig a hole
deep into the earth’s soul
to plant slabs of concrete
and grew up too tall.

I look up at the sky
I see people skimming the sky
atop birds of metal wings
gliding gently with the wind.
It reminds me of those words
written by the last Japanese who
grabbed a sword

“Do I, then, belong to the heavens? […]
Or do I
Belong, after all, to the earth?”*

And like a spell my shell
opened again, my mind
had to hide, to leave space
to the emptiness that was inside.
No pearl was there
nothing my heart could glare.
Many thoughts came by back then

Where’s the place
we humans should stand?

Once I felt I was between
the sky we long for, and the
earth, where we belong
I think:

A man had married his former
climbing the latter with a ring
then he let humans in.

Drops begin to fall from above,
touch the soil and start run slow
to the architecture’s core.

And people quietly are left to stare
naive and unaware.
And I think:
Neither sky nor earth,
And if there is no “I,”
Then the truth just hurts.

* Yukio Mishima, Sun and Steel

私の中の日本

オンライン・ライティングコンテストの優秀賞作品
Online Writing Contest 2nd Prize

by YANG Hang
Graduate School of Social Sciences

「日本」という概念は非常に広範的に、捉えることが難しいと思います。そのために、今回の作文で、私は日本に対する具体的な二つの理解を表して、「私の中の日本」というテーマで作文を作成します。

* * *

4年前、初めて成田空港に着いた時、面白いところを見つけた。到着した人に挨拶文字として、英語は「Welcome to Japan」。それに対して、日本語は「おかえりなさい」と表記された。その時、言葉意味の違いを発見したが、深く考えを全くできなかった。だが、先日、母国から日本に戻り、「おかえりなさい」を見ると、由来もなく感動が湧いて、「ただいま」と心の中で返答した。4年間の留学生活は、私をこの国との絆を深くして、「私の中の日本」も日々変わって行き成長している。

「私の中の日本」を考えると、まず脳に浮かぶ光景は川岸に満開している桜だ。微風は吹くと、花びらが舞い上がって、青空を極めて綺麗に踊った後、ひらひらと川の流れに漂っていく。行方も分からないが、少なくとも今輝いている。最初、日本にとって、「桜」が何故そんなに特別な存在であることも理解できなかった。だが、2年前、日本語学校の卒業式が終わってから、1人でまちを歩いて咲いている桜を見るとき、ようやく「桜」の意味がわかるようになった。人生はまさに桜のようなものだ。枯れることが最初から知っているが、それでも精一杯に咲いて、木から離れる際でも最も美しい姿で舞い落ちる。桜吹雪だ褒められる。1ヶ月後、桜が咲いた跡でも捉えられないが、世の中に与えた綺麗な記憶が永遠に失わなく、春の中に欠席できない存在である。桜がいつ咲く、いつ枯れる、精確な時間を知る人が誰でもいない。それも2人生において、出逢った人と離れた人と同然だ。いつから人が好きになる、いつから好きな人と別れる、これも永遠に知られないことだ。ただ、どの時も、最善な誠意を尽くせ、これも「一期一会」とつながっているのだ。これは「桜」が私に教えたことであり、「私の中の日本」は教えたことである。

「私の中の日本」を続いて考えると、思い付いたことは「伝統」である。日本という国を紹介する時、「現代」、「先進」等、どのくらい「新」を表せる形容詞があっても、「伝統」、「古い」、「渋い」という「旧」を表せる言葉も日本を代表できる形容詞である。現代的な繁華街を巡り、突然神社が発見できることが、日本にとって当たり前なことである。世の中はどのくらい騒いても、鳥居に入ると気が落ち着けて、心と会話ができるようになる。7、8月に入ると、真っ黒の夜空は華々しい花火の幕になり、幕の下に様々な模様の浴衣は夏の最も美しい風物詩の一つである。たすき鈴の音は情熱の人声と融合し、御神輿は人ごみの中で徐に進んでいく。このような景色は特に現代的な国の中で、非常に珍しいものである。また、日本の「伝統」は建築物や民俗文化財だけでなく、人々の考え方にも存在する。例えば、日本における「匠の力」である。職人たちはどのような小さいなことに対しても、工夫を惜しまずに真面目な態度を取り、ものづくりに敬意を持っている。このような精神は社会に影響を与えて、現在、「日本製」は既に高品質の代表として世界で認識されている。歴史や伝統を大切にしていて、伝統を守る国は「私の中の日本」であると思われる。

自文化視点から異文化の違いを体験し理解することが非常に意味深いことである。3そのため、既に4年で日本で生活しているが、毎日もまだ「日本」に対する知見が次々と現れている。これからも新たな発見を楽しみにして、より「私の中の日本」を充実にしたいと思われる。

Discover the Japan inside you

An Ibaraki Prefecture travelogue

オンライン・ライティングコンテストの優秀賞作品
Online Writing Contest 2nd Prize

by KHITROVA Yulia
Graduate School of Letters, Arts and Sciences

Ibaraki Prefecture is considered the least popular prefecture for travel in Japan. I wanted to share my personal experience to not just talk about the beauty of Ibaraki prefecture, but to make other students consider traveling to unusual destinations in general, as this may become a very special experience.

We come to Japan, we go to study almost every day, we walk around the same city in our free time. But at some point, we inevitably realize we only see a small part of the country.

Such a regret awakened in me with the first cold winds of Autumn. Looking through the photos on the Internet, my choice fell on an unusual option – Ibaraki Prefecture.

The noisy Tokyo station brings you to the small city of Hitachinaka, and then it takes just a little to arrive at Hitachi Seaside Park. The main attraction in Autumn is red Kochia bushes. The summer cypress, gentle shade of green falling into the red, its leaves seem sharp, as if you touch it you will get pricked. A whole mountain wearing a dress of red leaves. But October is second to April in Ibaraki Prefecture when blue flowers of nemophila bloom, and the fields, endless fields, become a scene from another world you probably saw in dreams.

Image by author

As night fell, I was already sitting in a half-empty train, rushing into the darkness. I couldn’t get to Fukuroda Falls directly; the railroad that had broken down has not yet been repaired. Stations in the provinces are very different from those in big cities, there are no ticket gateways, and in the late hours, even people cease to be seen. Only lonely house lights and forests in the distance make up for the company. But even there some kind people who were driving in the same direction as my hostel gave me a ride. As I got into the car, I did not feel the slightest bit afraid, I just trusted – this is perhaps one of the great wonders of Japan.

Image by author

The hostel was more like a cottage – standing on a hill, an epitome of an idyll. Inside were old lights, souvenirs from various parts of Japan, and inscriptions from various countries. Now, of course, there are fewer. But I am sure they will come back for sure, some day we all are waiting for.

Image by author

After treating me to some breakfast (I had no idea that fresh natto could be so delicious), the inn owner took me to Fukuroda Falls. A small trail lined with local stores leads to an amazing place, a huge and majestic cascade of waterfalls. In summer its waters shine crystal bright, in fall they are framed by a veil of scarlet leaves, and in winter covered by a cap of ice, creating a whimsical, snow-white still shot.

Image by author

The path to the station was paved with numerous advertisements for orchards offering “apple hunts”. I did not have a chance to go to such an orchard, but I could buy one apple – sweet and crispy – from a nice grandmother on the side of the road.

Nevertheless, an obstacle was waiting for me at the end of the road.

“Hello, when is the train to Mito?”

“In two hours.”

“What am I supposed to do?”

“Go to the onsen. There’s nothing else around here.”

And so I went.

It was in the little onsen that I happened to strike up a conversation with Kawase-san. Kawase-san had once moved from Ibaraki to Tokyo, and I asked her a little bit about what she thought about Ibaraki Prefecture.

From what she said, Ibaraki’s geography is stretched and narrow, and the thinking of those who live closer to Tokyo and those who live closer to Fukushima is noticeably different. Ibaraki may seem like a remote province, but it is where Tsukuba Science City, Hitachi, Ltd., and Japan Atomic Energy Research Institute are located, so you can meet many foreigners there – a slice of globalization carved deep into the depths of Japan. Despite this, Ibaraki is famous as a rather conservative place. It was with Mito that the last Shogun was closely associated. Maybe that historical pride still lingers, finding a place not only in the old Edo-era wooden buildings in the city of Mito but also in the hearts of the people.

Ibaraki has a lot to offer. Landscapes, delicious food, hot springs. So why do so few people come there? My footsteps led me there, and this prefecture found a place in my heart, became a piece of “Japan inside me.”

I am not just trying to tell you to go to Ibaraki. Go beyond Tokyo and Kyoto, and you will find a Japan for yourself, one that is unique and precious. Japan inside you will become Japan around you. Discover it for yourself, so that it opens up to you. It has lots of treasures to share.

トルクメニスタン3日間の弾丸旅行記

こんにちは! SSL(ICC Student Staff Leader)のR.H.です。今年度も残り僅かになりましたね。私は大学4年で、あと1か月足らずで大学生活は終わってしまいます。まさか大学生活の最後の1年間のほとんどがオンライン授業で終わってしまうとは1年前の自分にとっては考えられなかったことです。

さて今回は、1年前の夏に中央アジアのトルクメニスタンに旅行に行った時の様子を書き残します。トルクメニスタンはイランの北、ウズベキスタンの南西に位置するカスピ海に面した中央アジアの国です。旧ソ連の国で、ソ連崩壊後に独立した国です。人口は500万人ほどで、住民の多くがトルコ系の言語のトルクメン語を話します。ただ、ソ連時代の影響で、ロシア語も国中で通用します。トルクメニスタンは中央アジアの国でも謎の多く閉ざされた国で、普段外国人が旅行に行ける機会は非常に限られています。例えば、2016年に日本に入国した外国人はのべ2403万人ですが、同じ年にトルクメニスタンに入国した外国人はたったののべ6000人だったそうです。

そんな中、トルクメニスタン政府はいきなり日本へ初のチャーター便を送り、200人ほどの日本からの旅行客を受け入れるということを決めました。チャーター便はなんと往復2万円という破格の安さです。旧ソ連好きで、中央アジア好きの私は、高校時代からいつかトルクメニスタン行きたいという願いをもちつづけていましたので、そのニュースを知人の在日トルクメン人の友人から聞いた私はいてもたってもいられなくなり、すぐにトルクメニスタン大使館に出向いて、そのイベントへの参加申請をしました。

申請してから約1週間たらずで、出発というドタバタスケジュールで、2泊3日のトルクメニスタン旅行に出発することになりました。 

1日目

by R.H.

朝6時30分ごろに羽田空港に集められた私たちは、長い待ち時間を羽田で過ごしたあとに、お昼ごろトルクメニスタン航空のチャーター便に乗り込みました。 

by R.H.

飛行時間はおよそ6時間ほどでした。中国の内モンゴル自治区上空からは一面砂漠が続くようになりました。この荒涼とした大地を古来より様々な騎馬民族や商人たちが行き来してきたのだと思い感慨深くなりました。これぞまさにシルクロード。写真は新疆ウイグル自治区ウルムチ市上空です。砂漠の中にいきなり大都市が現れました。新疆ウイグル自治区を通り過ぎると、キルギスなど中央アジアの国々の上空に入りました。長い飛行時間のあと、灼熱のカラコム砂漠の端に、白い都市、アシガバードが見えてきました。ついにトルクメニスタンの首都アシガバードに到着です! 

by R.H.

飛行機が無事アシガバード空港に到着したのち、空港ビルに入り、入国カウンターに向かいビザをパスポートに押してもらいました。空港の中には上の写真のトルクメン語で Hoş geldiniz(ホシュ・ゲルディニズ)「ようこそ」と書かれた表示がありました。トルコ語でも「ようこそ」はHoş geldinizですので、トルコ系言語の類似性を強く感じました。 

by R.H.

空港で入国手続きを済ました私たちは政府が用意してくれたバスに乗ってアシガバード市内に入りました。ニュースやネットで見た情報通り、窓から見える建物全ては白の大理石でできており、みな等間隔に規則的に並んでいました。まさに異世界です。 

by R.H.

バスに揺られて、私たちはまずアシガバード国立歴史博物館につきました。そこで伝統衣装を着た学芸員の女性がトルクメニスタンの歴史と文化について解説してくださり、アザディ名称世界言語大学の日本語学科学生さんが日本語通訳をしてくださいました。古代パルティア王国からセルジューク朝など様々な国家がこの地で興亡したことを感じることができました。 

by R.H.

この写真は博物館内に展示されていた、トルクメニスタンの大統領、グルバングルィ・ベルディムハメドフ大統領の絨毯です。前の故ニヤゾフ大統領同様、トルクメニスタンでは大統領個人に対する崇拝が行われており、街中いたるところに大統領の写真や肖像画があります。この肖像画絨毯の立派な馬に乗った大統領の姿はまさに国の英雄といった感じです。 

by R.H.

博物館を見学した後、またバスに乗り込みました。バスからは街の風景が見えますが、基本的に日中でもアシガバードの人通りはとても少なく、ここが人口百万人の都市だとは感じられないほどです。今までいろいろな都市へ旅をしてきましたが、ここまで生活感が感じられない都市は珍しいと思います。白い無言の大理石の建物が夕日に照らされ、なんとも言えない哀愁を感じさせます。 

by R.H.

夜は地元のレストランでトルクメン料理を堪能しました。そのあと、またバスにゆられながら、アシガバードの街が一望できる丘に向かいました。丘の上には何とも奇抜なキューブの中に球体の入った建物がそびえていました。建物を照らすライトの色が数分ごとに青や黄や赤に変わるのでそれもまた不思議でした。実はこれ、「結婚式宮殿」という意味のBagt Koshgiとよばれる場所で、結婚式が良く行われる場所らしいです。確かに私たちが行った時も式後らしき1組の新婚夫婦が写真を撮っていました。 

by R.H.

by R.H.

目の前にはアシガバードの美しい夜景が広がっていました。色とりどりに輝く大理石のビル群と奇妙の形をした建物やオブジェ。まるで夜の空港のように等間隔に並んだライト。遠くには大統領府も見えました。 

by R.H.

夜景を楽しんだ後はアシガバード市内のホテルに向かいました。ホテルは主に外国人向けのホテルらしく、とても豪華でした。ちなみに標識からトルクメン語でホテルを意味する単語はmyhmanhanaだというらしいことがわかりました。確かに、ウズベク語でもホテルはmehmonxonaです。Myhman/mehmonは客・ゲストという意味のペルシア語由来の単語で、-hana/-xonaは「~館」「~室」を表すペルシア語接尾辞ですね。トルコ系言語でもトルコ語の図書館kütüphane)は「本の館」、喫茶店çayhane は「お茶(チャイ)の館」という風に接尾辞のついた単語はたくさんあります。 

2日目

by R.H.

朝起きるとすでにホテルに人はほとんどいませんでした。食堂には数人のホテルのスタッフと私と友達しかおらず、貸し切りのような状態でリラックスして朝食をとることができました。 

by R.H.

ホテルからは朝の市内の様子が見えました。相変わらず道には人がおらず、車が数台走っているだけです。 

by R.H.

ホテルのパン職人のレベルは高いですね。パンで作られたカメやヘビなどの動物たちがかわいいです。 

朝食を済ませた私たちをあらかじめ手配しておいたガイドさんと運転手さんがホテルの前まで迎えに来てくれていました。トルクメニスタンでは個人旅行が許可されていないので、ガイドさんをつけなくてはなりません。 

車に乗っていざ出発です。 

by R.H.

まず私たちは首都アシガバードを抜けて、車で40分ほど走りアナウという場所にある、Seyit Jemaletdin モスクの跡地に着きました。このモスクは15世紀ホラズム・シャー朝時代に、大臣Muhammad Khudaiotが父のために建てたものです。このモスクの特徴はモスクに描かれた2つの竜です。通常偶像崇拝を禁止するイスラム教のモスクはこういったものを描きませんが、このモスクは例外なようです。伝説によりますと、ある時ここの近くの住民とそこの女王のもとに一匹の竜が「もう一匹の竜が傷ついていて、あなたがたの助けが必要です」と助けを求めてきました。優しい住民と女王はその竜を助け、竜はそのお返しをし、その竜を記念する立派なモスクが建てられたそうです。1948年の地震で倒壊してしまいましたが、今も参拝客が絶えません。私たちが訪れた時も写真のように、Jemaletdin の棺の周りを地元の参拝客がグルグルと回っていました。 

by R.H.

私たちはモスクの跡地を見学した後、また車に乗り込み、草原の中をひたすら走り続けました。途中草原に小さな丘がぽつぽつと見えました。ガイドさんが言うにはそれらの丘はアレクサンドロス大王が征服しにきたときに作っていったものだそうです。今まで残っているのも驚きですし、ギリシャ・マケドニアの力がここまで及んでいたことにも感銘を受けました。世界史の雄大さを感じます。 

by R.H.

昼食は道中にある小さな地元の食堂でとることにしました。食堂は地元の人たちで活気に満ちていました。写真の料理は羊の肉です。大量の羊の肉に大量のパン。お腹いっぱいになります。写真の右の方がガイドさんで、前の方が運転手さんです。運転手さんは英語が全く話せませんので、ロシア語で私が話しかけると、とても喜んで流暢なロシア語でいろいろと昔の話をしてくださいました。(ソ連時代の影響で、トルクメニスタンの人々、特に30代以上の人たちはロシア語を皆流暢に話せます。)運転手さんは若い頃3年間、ソ連軍の兵士として従軍し、モスクワの赤の広場での軍事パレードにも参加したことがあるそうです。アフガン戦争の時は大変ではあったが、いい人たちが多かったと懐かしそうに話していました。当時、同じソ連人同士の間でもトルクメニスタン(当時はソ連の一部)については知られておらず、「トルクメニスタン(地方)?どこ?ウズベキスタンのこと?」ということをよく言われた経験があり、独立国になったトルクメニスタンはこれからもっと世界に知られることを願っているとおっしゃっていました。

by R.H.

昼食をとって、車に乗り込んだ私たちはまた大草原をひたすら走り続けました。数時間後、トルクメニスタンの有数の地方都市、マル(Mary)に着きました。写真はマルのGurbanguly Hajjiモスクです。マルは首都のアシガバードと違い、道端に多くの人が歩いており、生活感も活気もありました。建物も至って普通です。マルは古くからシルクロードのオアシス都市として栄えてきました。そのため周辺には多くの遺跡が残されています。現在はトルクメニスタンの重要な輸出品の天然ガスと綿花生産の中核を担う都市となっております。私たちはマル近郊にある世界遺産メルブ遺跡を訪れるためにこの街に行きました。 

by R.H.

博物館でマルの歴史を学んだ私たちは、メルブ遺跡に向かいました。まず初めに訪れたのはセルジューク朝第8代スルタンのAhmad Sanjarが眠る霊廟を訪れました。メルブはセルジューク朝時代に最も栄えました。数万冊の蔵書があったという図書館が8つあり、天文台も築かれました。『ルバイヤート』で知られる著名な詩人、数学者であったウマル・ハイヤームも、この時期のメルブの天文台主任として活躍しました。1077年、当時王子だったSanjarはセルジューク朝のホラーサーン地方の支配を任され、ここメルブに宮廷を置きました。12世紀末もホラズム・シャー朝のもとで繁栄していたメルブでしたが、1221年のモンゴル人による侵略によって、ほとんどの建物は焼かれ、住民70万人は皆殺しにされてしまいました。現在、当時の建物はほとんど廃墟となっていますが、外壁5m、基礎6mというこの堅牢なスルタン・サンジャールの霊廟は奇跡的にモンゴル軍の破壊を免れ、地震にも耐えぬき、現在の私たちに当時の建築技術の高さを教えてくれています。 

by R.H.

遺跡内を移動中にロバ車に乗った女性と子供の一行に出会いました。皆さん気さくな方々でした。子供から老人まで皆ロシア語が流暢で、まさに国民全員がバイリンガルの国です。ロバがとても重たそうにしていたのが印象的でした。 

by R.H.

写真は約40mx50mの方形で約12mの壁に覆われた、昔の貴族や政府の役人などが住んでいたとされる宮廷跡、Kyz Kalaです。 

by R.H.

遺跡を見学した私たちは、車に乗ってアシガバードへ数時間以上かけて戻りました。写真は途中通りすぎたとある町の夕方の景色です。 

by R.H.

首都アシガバードに戻ってきたのは夜の9時過ぎでした。運転手さんとガイドさんにお礼を言ってホテルの前で別れたあと、ホテルで就寝する予定でしたが、私はまだ寝るのが惜しく、一人で抜け出して近くを散策してみました。写真のように白い大理石のマンションが毎分ごとに青、紫、緑、赤・・・と様々な色に変化していました。不思議なのはほとんどどの部屋にも明かりがともっていないことです。皆さん眠ってしまったのか、それともそもそも誰も実は住んでいないのでしょうか? 

by R.H.

道には車も人も何も走っていません。静けさだけが支配しています。 

by R.H.

by R.H.

私たちが泊まったホテルはアシガバードのオリンピック村にあり、様々な大きなスタジアムにオリンピックの五輪をモチーフにした橋が架かっていました。しかし、オリンピックの開催が決定したわけでもないのに気が早いですね・・・ 

3日目 

最終日は朝ホテルで他の旅行客の皆さんとも食事をした後、午前中近くのデパートによってお土産を買ったりしました。昼間は人もちらほらと歩いていました。 

by R.H.

トルクメニスタンの学生さんたちは皆決まった服装をしています。女の人は赤い伝統服を着て、トルクメニスタンの伝統帽子を被り、髪型は長いおさげの三つ編みです。男の人はスーツに伝統帽子という組み合わせ。 

by R.H.

空港へ向かうバスから見えるアシガバードの白い建物は快晴の青い空ととてもマッチしていました。 

by R.H.

アシガバード国際空港が見えてきました。白い鳥がモチーフのなんとも芸術的なデザインの空港です。 

by R.H.

東京行きのチャーター便に乗って、私たちはトルクメニスタンに別れを告げました。写真は空港の滑走路ですが、ほとんど他の飛行機はとまっていませんでした。国際便はこの国ではまだまだ珍しいようです。3日間の短い旅でしたが、シルクロードの魅力を感じることができ有意義でした。またいつかトルクメニスタンを訪れたいと思っています。最後までお読みいただき本当にありがとうございました。 

R.H. (Student Staff Leader)

Where is your third space? How our third space has changed under COVID-19

by H.C.
ICC Student Staff Leader

What is “Third Space”?  

Have you heard of the term “third space”? Well, we have to first get to know what the “first” and “second” spaces are. First and second spaces are two different and sometimes conflicting spatial groupings that people interact within; first space is commonly known as our home where we perform private daily routines whereas second space is the public space, like our workplace. Third spaces are the in-between, where the first and second spaces work together to generate a new third space. Third space is usually a place for us to escape from both, where we want to be, and a place that provides us a sense of self. A couple common examples of third spaces are coffeehouses, museums, and nightclubs, where people can run away from their duties for a while. 

Japan’s third space 

According to OECD data, in Japan the percentage of employees that work long hours is 17.9%, which is higher than the average of 11%. Furthermore, in Japan full-time workers devote themselves mostly to their work and spend less time on personal care or leisure activities. Japan is ranked as the country with the 5th worst work-life balance (out of 40), so its people need a third place from time to time to relax and escape from reality. Therefore, Japanese coffeehouses, unlike other countries’, serve a unique purpose for the people in the hustle and bustle of the city. People go to the café mainly to be left undisturbed rather than having business connections like in the West. In other words, Japanese cafés offer a novel space for the urban taste and a time away with no characters attached, for both city people and those coming from the suburban areas. 

After COVID-19 

With the increasing cases of COVID-19, the government requires people to stay at home unless it is absolutely necessary, and most companies ask their employees to work from home. However, I realize that the coffeehouses are still busy or even busier than before. It makes me wonder if coffeehouses, serving as a third space for people to release stress, actually may become a social problem because its existence encourages people to go out instead of staying at home. I, personally, also like to go to coffeehouses a lot to try out different hand-brewed coffees and enjoy some time alone. It seems that I can no longer enjoy what I perceived as an escape under this circumstance. What could be our third space if we no longer can mobilize freely? How can we reduce our stress when our home becomes our workplace?

Where is your third space…?   

フィールドホッケーの魅力

はじめまして! 

秋学期から新しくICCの学生スタッフリーダーとなりました、H.Y.です。今回は、私が現在夢中になっているスポーツ、フィールドホッケーについて紹介したいと思います! 

競技の説明 

突然ですが、皆さんは「フィールドホッケー」というスポーツをご存じですか? 

実は私も、大学に入るまではどのようなスポーツなのか知りませんでした。(笑) 

世界ではサッカー、クリケット、バスケットボールに次ぐ人気スポーツで、ファン総数はなんと22億人もいるそうです。しかしながら、日本では、マイナースポーツの部類に入る、珍しいスポーツです。周囲に「ホッケー部に所属している」と言うと、アイスホッケーやラクロスと間違えられることがよくあります。 

ホッケースティックの例(筆者) 

フィールドホッケー又はグラウンドホッケーとは、上の写真のような形をしたスティックと、野球のボールくらいの大きさの硬球を使いながら、パスやドリブルを駆使して相手のゴールへシュートをし、得点を競い合うスポーツです。ホッケーの起源は、ナイル川流域で発見された壁画にホッケーをする人々が描かれていることから、古代エジプトにあると言われています…!近代ホッケーはイングランド発祥であり、1908年にオリンピック競技に認定されました。現在では、オランダが世界一のホッケー強豪国として知られています。 

1チーム11人の選手が出場でき、ほとんどの場合はゴールキーパーが1人、スイーパーが1人、ディフェンスが3人、ミッドフィールダーが3人、フォワードが3人のポジションにつきます。プレースタイルは、サッカーと少し似ています。 

サッカーとの大きな違いは、ボールが足に触れてしまうと反則で、相手ボールになってしまうこと、ゴール前の「サークル」と呼ばれるシューティングゾーンからのみ得点ができること、選手交代が自由なこと、競技を始める前に人工芝に散水すること(ボールを滑りやすくするため)などが上げられます。 

是非興味が湧いた方は、一度YouTubeなどで「フィールドホッケー」(または「Field Hockey」)と検索をかけてみてください! 

早慶ホッケー定期戦

ルールの説明はここまでとして、続いて先日行われた早慶ホッケー定期戦(早慶戦)について共有したいと思います。 

私はこの8月から、体育会の女子ホッケー部に入部しました。まだホッケー歴としては約4カ月の私ですが、夏練の成果を出すために全力で挑みました。今年はコロナウィルスの影響で、野球やラグビー、サッカーなど他のスポーツの早慶戦の観戦に行く機会がなかったため、私にとっては初めての早慶戦でした!まさか早慶戦観戦の前に、自分が出場する側として早慶戦に出る機会があると思っていませんでした。(笑) 

試合前の円陣の様子(早稲田スポーツ提供) 

早慶戦のはじまりは、1903年11月5日、早稲田大学野球部から、先輩格の慶應義塾大学野球部に挑戦状を送り、それに応える形で行われた試合だそうです。今から117年前から続いている、まさに伝統の対戦です。 

秋シーズンには他の大学とも試合があったのですが、他の試合とは明らかに異なる、「絶対に負けられない戦い」という雰囲気や、早慶それぞれの選手の気合に圧倒されました。 

早稲田がペナルティコーナーで得点をした瞬間(早稲田スポーツ提供) 

試合の結果としては、1-1の引き分けとなりました。早稲田の女子部は昨年まで14連勝をしていたところなので、勝ちたいところではありましたが、今まで感じたことのないくらいの一体感・チーム力を感じる良い試合が出来たのでとても満足しています。初めは緊張もしていましたが、試合が始まるとワクワク感や楽しさが勝ち、あっという間に15分x4クオーターが過ぎ去りました。 

見事シュートを決めた得点者(早稲田スポーツ提供) 

もちろん早稲田にとって慶應は永遠のライバルであり、絶対に勝ちたい相手ですが、こうして燃える試合の出来るライバルがいることはとても恵まれていることだと思いました。 

試合後の様子(早稲田スポーツ提供) 

今回の早慶戦で熱い戦いを経験して、改めて早稲田大学に入学して良かったと感じることができました。 

今年はコロナウィルスの影響で無観客試合となることが多いのですが、大人数の早稲田生で肩を組んで、共に大声で「紺碧の空」を歌える日が早く来てほしいです。 

Food tour around Hanoi’s Old Quarter

Hi guys, today I will talk about my must-try-food in my favorite city’s most famous area which is also my hometown. A day is not enough for exploring and understanding all the delicious foods of this more than thousand-year old city but I hope that this blog will be useful for you if you just have a short time to enjoy Hanoi.

Hanoi’s Old Quarter has 36 ancient streets, after the 36 streets or guilds that used to make up the urban area of the city. The most famous trait of the Old Quarter is its areas dedicated to one specific trade or guild. Craftsmen from villages around the city used to gather in one area of their guild to sell their wares to merchants. The crafts or guilds of each area gave the names to the streets of the quarter, so that most streets acquired names starting with “hang” (“wares”), such as Hàng Bún street (” rice noodles street”) and Hàng Đào street (“peach street”).

Several of the streets are still specialized in the trade that gave them their names. Others still specialize in one specific trade, but a different one from their traditional specialty — such as Hàng Buồm street (“sails street”) which has become dominated by Vietnamese cakes and candy nowadays.

I would recommend you to book a hotel in this area since it’s very convenient to get around just by walking and most of all; almost all of Hanoi’s best cuisine is located in this area. Although the food culture of Vietnam is changing every day because of the customer’s habit, there are still many local restaurants as well as local vendors that are still super crowded. Thanks to their amazing delicious secret recipes that have been transferred across many generations, the younger generations can still experience the authentic taste of all the traditional foods. When we talk about Vietnamese food in general or Hanoi cuisine specifically, it is all about the balance of the dish. It’s like a classical song with all the instruments that make a perfect harmony. You can feel the sweetness from the bones of the broth, the saltiness of the fish sauce, the sourness of lime or a bit of spice from the fresh chili. All the flavors are dancing on your tongue and they make you miss it very soon after you finish it.

I think that everyone has been heard of Vietnamese Pho. When we talk about Vietnamese cuisine, we must talk about Pho. Just like ramen or soba, there are many restaurants that say they make the authentic Pho in Vietnam but after trying many restaurants, I would like to say Pho in Hanoi is the best and most authentic taste that you could search for. People eat Pho in the morning, at lunch or evening. You can have it anytime. There are a lot of ways to eat Pho but the best way is to enjoy it is with a little bit of fresh lime juice and some fresh chili. Talking about Pho, it’s all about the freshness and the balance of the flavor. When I went back to Hanoi for a few days after a long time, Pho is the first thing that I thought of (actually Pho was on my mind for a few days before I even went to the airport). One thing I can say is never have Pho in the airport, since it does not taste like the real one. There’re many good ones in Hanoi but these days, I believe that the restaurant shown below is the one that has the best taste of the real Pho. They have all the balance of the broth with the freshness of the noodles, beef and also the vegetables in one bowl. Especially they also have the good Quay, which is necessary for this dish. Put a bit fresh chili and a few drops of lime, then have a gulp of noodles, beef and taste some broth. This is the best way to start your day every day of the year. This restaurant usually runs out of all of their ingredients before lunch so I suggested that you should come from early morning to have the best kinds of beef that you want.

Full options of Pho

How to enjoy: Taste the broth, fix with lime juice or vinegar, chili sauce or fresh chili.

Price: ~250 yen or more, depending on which part of the beef you choose.

Recommend place: Phở Tuyết, 12 Hàng Than, Ba Đình, Hà Nội

 

The second dish that I want to introduce is called “Bun cha”. Normally I prefer to eat this one at home, which is made by my mom. However, making this one is very hard and tiring so sometimes I still have this one outside. After trying “Bun cha” in some restaurants, I realized that it’s the best to have it at the local vendors. The best aspect of Vietnamese food is you always can enjoy the food while provide to your body enough nutrition. “Bun cha” includes rice noodles, grilled pork, vegetables and delicious sauce. The sauce and the pork taste decide a lot of the flavor. I don’t recommend having this dish in a restaurant because they don’t make the grilled pork as fresh as the local vendors. The pork must be eaten immediately after being grilled by the chef. It can’t be too raw neither too cooked. The sauce is very important since it can decide the whole flavor of the dish.

Put some fresh chili for more flavor~

How to enjoy: Taste sauce: fix it with some vinegar or chili (more garlic if you prefer garlic). Put some noodles and vegetables into your bowl then dip them into the sauce. Take one gulp with everything (pork, noodles and vegetables)

Price: ~250 yen

Recommend place: 74 Hàng Quạt, Hoàn Kiếm, Hà Nội.

The last one that I want to introduce today is Banh-mi. Banh mi is a typical Vietnamese sandwich is a fusion of meats and vegetables from native Vietnamese cuisine such as chả lụa (pork sausage), coriander leaf (cilantro), cucumber, pickled carrots, and pickled daikon combined with condiments from French cuisine such as pâté, along with chili and mayonnaise. However, a wide variety of popular fillings are used, from xíu mại to ice cream. In Vietnam, sandwiches are typically eaten for breakfast or as a snack. The Oxford Dictionary has already put Banh-mi as an English word: “a Vietnamese sandwich on a crisp baguette spread with mayonnaise, typically containing pork or chicken and pâté, with pickled vegetables, cucumber, and cilantro.” Banh mi is everywhere in Vietnam with a lot of options. However, if you want to try the most common one in Vietnam, just ask them for a full-option version of Banh mi (Thập cẩm). They will put everything they can onto the tiny bread so you can try all at once. I recommend that you ask the chef to give you some chili sauce to make the Banh mi more perfect.

You need to open your mouth wide~

How to enjoy: Open your mouth as wide as you can and… eat them all.

Price: ~200yen

Place: Bánh mì, 2-4 Hàng Chuối or 51 Trần Xuân Soạn.

Thank you for reading my blog. I hope that you can enjoy them all someday! If you need any more information, please come and join the Vietnamese event later which will be held by the Waseda ICC ^^~~~

S.R. (Student Staff Leader)

 

 

フランス留学体験記

Bonjour!

フランスへ留学のため半年間休職していたSSLのR.S.です。フランスの主要都市の中では最も南に位置するトゥールーズという街で留学していました。エアバスの本社がある街ということで耳にしたことのある方がいるかもしれません。

今回は、フランスへの留学記をICCブログで共有したいと思います。

◆個性豊かな地方都市

まずはヨーロッパ留学の醍醐味、旅行についてです。留学中はフランスの地方都市によく旅行しました。フランスには小さくて素敵な町が国内各地に存在します。それぞれの町が特有の料理、建築様式、言語を誇りにし、大切に継承しています。そのため、町ごとに体験できるものが全く異なり、旅行したい場所が尽きませんでした。私が留学していたトゥールーズ周辺には、フォワグラの産地であるオーシュ、ワインで有名なガイヤック、もっとも美しい村として登録されているサンシルラポピー、巡礼の地やチーズで有名なロカマドゥールなど素敵な地方都市がたくさんありました。実はトゥールーズ周辺のエリアは特に観光地ではありません。それなのにもかかわらず、このように個性豊かな地方都市がたくさんあります。フランスの地方都市の個性が強い要因は色々考えられますが、まず、各地方の伝統につき、地域をあげて公権力のもと、守ってきたことが考えられます。フランスの多くの地方都市ではフランス革命以後、国民国家成立の過程で地方自治体(コミューン)が図書館、劇場、音楽学校を設置して運営し、さらに地域の文化団体や学界への助成をおこなってきたという歴史があります。そして近代になってからは、1981年に文化大臣に就任したジャック・ラングにより、地域文化の活性化が図られました。それまでは保護すべき芸術・文化というとバレエ、オペラ、オーケストラ等上流階級の一部の人々の間のものという認識がありましたが、ラング元文化大臣が人形劇、オペレッタ、サーカス、料理といったように芸術・文化を幅広く定義し、保護の対象とすることで、地域文化は積極的に守られてきました。また、近年は人口2,000人以下で都市化されておらず、歴史的建造物・自然遺産を含む保護地区を最低2か所以上保有するなどの、厳しい条件をクリアした村を、「もっとも美しい村」として認定しています。こうした公的機関のバックアップのもとフランスの各地方都市の個性豊かな伝統文化が守られてきたと考えられます。

「リヨンの人形劇 ギニョール」

また、フランス人がどの層の人々も地域の伝統や歴史への理解が深い傾向にあることも要因として考えられます。よく、フランス人は週末に歴史書を読んで過ごすといいます。フランスでは日曜日に営業している店はほとんどありません。それは、キリスト教において仕事は神から与えられた苦痛であるという考え方があり、休む時間を非常に大切にするからです。よって、日本のように日曜日は町でショッピングということはなく、家やその周辺でゆっくりと休日をすごします。そのような時間があると、家族で郷土料理を作ったり、本を読んだり、博物館・美術館へ行ったりと、地域の伝統や歴史を学ぶ機会が自然と増えます。日本のように博物館やテレビを見るといったように、何か行動を起こして歴史を学ぶのとは異なり、前述したような休日の過ごし方を通して伝統文化に対して自然と愛着が生まれているのかもしれません。

◆魅力的な個人経営の店とフランス人のチェーン店嫌い

フランスは日本ほどチェーン店の立場が強くないです。一般に、フランス人はチェーン店を避ける傾向にあります。それについて留学中、現地の友人から何度も言われましたし、街で生活をしていて伝わってきました。現地の友人には、「町の中心にあるマックやスタバは観光客のためで、現地人は使わない。」と言われたことがあります。また、日本やイギリス、ドイツにあるようなファミレス文化はありません。街でファストフード・チェーン店の代表格のマックの内装やメニューを見ていると、ここまで努力しないとフランスで生き残ることはできないのかと驚きました。店の壁には、トゥールーズの古い時代の写真が飾ってあり、机やイスは落ち着いた色に統一されていました。また、メニューはサラダボウルやベジタリアン用のサラダラップのようなメニューが充実しており、環境や健康意識の高いフランス人の心を掴もうと手の込んだメニュー開発が行われていることが伝わってきました。フランスは個人経営の店が充実しています。町の中心部も個人経営の店がたくさんあり、食材は周辺で採れたものを集めたおしゃれな雰囲気の店や週3日ほど開催されるマルシェで買い、服やインテリアもデザイナーや製造場所が分かる形の個人ブランドが充実していました。一方で、日本で個人経営のレストランやブティックというと、中心街からすこし離れた場所で、お高そうで入りにくそうなイメージがあったり、逆に周辺住民のお得意さんしか行かないのではないかと思って入店を躊躇うことがあると思われます。

ただし、フランス人はただみんなと違う服が着たい、今この場所・時間でしか食べられないものが食べたいという個人の欲望のみに基づいて、そのような店を選ぶのではないと私は思います。フランス人はとても社会的意識が高いという国民性を持っています。トゥールーズでは毎週土曜日、教育、社会保障や労働環境を問題にしたデモが必ず起きていました。また、環境問題への姿勢は徹底しており、店でプラスチックストローやビニール袋をもらうことは全くありませんでした。こうした社会問題への意識の高さを考えると、彼らはチェーン店による大量消費・大量廃棄という社会問題を認識して、個人経営の店を選ぶ傾向にあるのかもしれないと考えるようになりました。

2013年バングラデシュにて、あるビルで劣悪な労働環境のもと、ファストファッションの製造がおこなわれており、そのビルが倒壊して多くの犠牲者を出したという痛ましい事故がありました。その事故を契機にヨーロッパの国々では、シーズンごとに大量で多様な種類の服が売り出される裏では、劣悪な環境で働かされている低賃工がいるという問題意識が広まりました。そのような問題に加担したくないという思いで、ちょっと値段は張りますが個人経営の店を利用しているのかもしれません。

◆オクシタニー地方トゥールーズへ行ってみませんか

最後に、留学先のトゥールーズの紹介をしたいと思います。トゥールーズはオクシタニー地方にあります。ハンドクリームの「L’Occitane en Provence」というブランドを聞いたことがありますか?駅ビルやショッピングモールでよく見かけることがあると思います。訳すとプロヴァンスのオクシタンという意味になりますが、それぞれ南フランスに位置し、東がプロヴァンス、西がオクシタニーに分割できます。ニースやマルセイユに代表され、フランスの天国のような人気観光スポットとして有名なプロヴァンス地方に対し、あまり観光のイメージがないのがオクシタニー地方です。ヨーロッパ人のバカンスには欠かせないビーチがないこと、そしてパリから離れているのに加え、パリとトゥールーズの間は山が多く、TGVの直通運転がないことが観光地としての発展のマイナス要因となっています。しかし、トゥールーズはフランス第4の都市ということで人口が多く、農業が盛んで、ワインやチーズの産地があり、活気あるマルシェや蚤の市が開催され、世界的に評価されているキャピトル交響楽団やバレエ団を有し、フランスらしいものを一通り経験することができます。また、エアバスの本社があり、コンコルドなど航空史上重要な機体の展示をする博物館もあります。

トゥールーズは航空産業に加え、パステルブルーとバラ色の街並みで有名です。周辺にはパステル交易で栄えた町がいくつかあります。ルネサンス時代、パステルブルーの染料を抽出する植物が採れるということで名声を築き上げました。街にはパステルを使ったスキンケア商品やスカーフなどを扱ったブティックがあります。また、パステル交易で富を築いたアセザ家の美術品のコレクションを展示した館が観光スポットとなっています。

フランスは一般に石造りの建物が多い中、トゥールーズ周辺は建物に適した固い石がとれなかったため、煉瓦づくりの建物がメインです。昔は煉瓦がオレンジ色だったそうですが、長い年月を経てピンク色になったということで、現在はピンク色の煉瓦の”La ville rose”(バラ色の街)と呼ばれるようになりました。フランスの中でも特にスペインに近く、冬も東京よりは暖かい街中には、テラス席の付いたレストラン・カフェがたくさんあります。バラ色の街並みに囲まれながら、現地の食材を使った郷土料理をテラス席で味わえたら、最高の思い出が作れると思います。

「トゥールーズの街並み」

「トゥールーズの郷土料理 カスレ」

「トゥールーズの市庁舎(キャピトル)」

ICCではお昼を食べながら言語を練習したり、互いの文化を学びあうランゲージ・ランチを定期的に開催しています。フランス語圏を対象にしたフレンチ・ランチもあります。ぜひランチイベントに参加して、サポーターたちの出身の街について色々聞いてみてください。

À bientôt!

R.S(学生スタッフ)

Myanmar in me

An enjoyable night with ICC Myanmar culture night

This will be a very long blog; I hope that you could find it’s not so sleepy. Today I will write about my experience in ICC Myanmar culture night. It was a very nice and fun memory for me. I have met many interesting people and made a lot of friends (of course ate tons of foods, too). Let me tell you a bit about my past experience with Myanmar.

My first knowledge about Myanmar is from Myanmar friends. I’ve met them from The Ship for Southeast Asian and Japanese Youth Program (SSEAYP). SSEAYP is the program from the Japanese Government which promote friendship and mutual understanding among the youths of Japan and the ten Southeast Asian countries, to broaden their perspective of the world, and furthermore, to strengthen their spirit of international cooperation, and practical skills for international collaboration. Each contingent will have 28 participants and 1 National Leader. The program will hold a few days in Japan including the homestay program and Japan-ASEAN Youth Leaders’ Summit (YLS). After program in Japan, we started our on-board program on the trip name Nippon Maru.  The Government of Japan chartered the Nippon Maru and entrusted its operation to Mitsui O.S.K. Passenger Line Ltd. for the 42nd SSEAYP in 2015. The Nippon Maru is an ocean liner with an overall length of 166.6 meters and a gross tonnage of 22,472 tons. It is equipped with 202 cabins, a hall, a lounge, a theatre, a library, a Japanese tea room, a swimming pool, a clinic, laundry rooms, a dining room, and grand baths, etc.

“Nippon Maru, sailing the blue ocean…”

The time when I went to Myanmar, it was a few years after the country opened up so I felt that Myanmar people were still not get used to the tourists. The first impression was Myanmar people were very nice and friendly. Because the weather in Myanmar is very hot so both man and woman in Myanmar put the traditional sun cream and wear their traditional clothes everywhere.

Longyi
Myanmar national costume consists of two sets, one for men and one for women.

I stayed 4 days in Yangon which is the biggest city in Myanmar. Before I came to Myanmar, my image of this country was just the small and not developed country, but when I put my first step in Myanmar, my eyes were wide open because of its beauty and the modernist of the city. My host family was a very happy family which has 4 people. Dad was a songwriter who graduated in America and his daughter was a very famous singer. Mom stayed home and cooked so many delicious foods every day and one young son who was a junior student. Their house construction is not too big and modern but they used the hover board inside house. Everyone has their own latest Samsung phones which made me feel so cool. Because the family was working in the music industry so they owned a lot nice guitars, piano and some other modern instruments. Just in a few days, they took me around the city and shown me all the famous spots of Yangon, I have bought a lot of souvenirs because everything was very cheap and beautiful. Especially for some of my jewellery which I bought from Myanmar, I wear them every day as my luck charms and they always stay the same condition like when I bought them.

Most of all, after a while staying far from my family, I was missing my family vibe a lot. However, I felt like I was in my house when I stayed with them. The yummy foods of Mom, the warm care of Dad and too funny siblings which made me cried a lot before I came back to the Nippon Maru ship after the host program. If I had chance, I will definitely come back to Myanmar and see them again.

When I heard that ICC would hold an ICC Myanmar Culture Night, I immediately cleared my schedule and asked my best friend to join the event with me. There were so many people took part in the event, even Waseda student and other people outside the school also came to the event which made me so surprised. At first, the students from Myanmar did some presentations about Myanmar and even the Counsellor of Embassy of the Republic of the Union of Myanmar also gave us an opening speech. Next, there is a professional traditional dancer from Myanmar shown everyone the beauty of their dance and she even taught some individual volunteer learners (including me). The most impression when I stayed close to her was her “beautifulness” and the good smell from the Myanmar cosmetics. The light spots were all focused on her as there was a miracle light made her dance “bling-bling” in front of all the guests.

Myanmar Beauty

As I have mentioned how nice and friendly the Myanmar people are, there foods were a big treat for everyone joined the event. There were many kinds of foods including the main foods and some other snacks. They also brought their famous instant milk tea and coffee for everyone to enjoy which made so impressed.

 

Oishii snacks and drinks from Myanmar

After the event, I saw everyone were so happy and enjoyable. I bet they had tons of fun and must be so full thanks to Myanmar delicious foods. My friend and I were also very happy and she thanked me a lot for inviting her to the event. She had learned a lot about Myanmar culture as well as made a lot of friends through the event. I hope that ICC will make more events like this in the future!

S.R (Student Staff Leader)

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén