10 / 43ページ

Delayからの出会い

スタッフ「代わりのフライトをご用意いたします」

 

私「預けた荷物もちゃんと届けてくれるんですよね?」

 

スタッフ「もちろんです」

 

アメリカオハイオ州の空港での話。
10歳から15歳まで5年間過ごしたこの地に、友達に会いに4年ぶりに訪れた。

 



 

せっかく、アメリカまで10時間以上の飛行時間を耐えてきたのだから、
オハイオ州だけで終わらせるのは勿体ない!
少し欲張って、今回はロサンゼルスも訪れることにしたものの、
飛行機の大幅の遅れ。

 

このままだと、次のシカゴでの乗り換えが間に合わないので、
結局違う都市経由でカリフォルニアまで行くこととなった。

 

はぁ、と腰を下ろす。

 

やれやれ、と窓の外から飛行機を見つめる。
飛んでくれよー、と内心ちょっとした苛立ち。

 

「隣いい?」とガタイの良いアメリカ人がくしゃっとした笑顔で聞いてくる。

 

「日本人?」

 

「はい、そうです」

 

「やっぱり!僕、雰囲気で日本人かどうかわかるんだ。」

 

どうやら彼は、横須賀の米軍さんらしい。
日本在住歴は20年。

 

単純に年数だと、私より日本歴が長い。

 

「ワイフは日本人なんだ。九州出身なんだよ。こっちに戻ってくる前に、
ワイフを長崎の実家に送ってきたんだ」
と、九州の美しい風景やその自然、郷土料理について語ってくれた。

 

日本が大好きで、このまま住み続けていたいと思っていた彼だが、
お父さんの具合が悪くなり、急遽アメリカ本土に引っ越さなければいけなくなったらしい。

 

「ワイフがアメリカに馴染めるか心配なんだ。
でも、それよりアメリカに帰ってきて太ってしまわないか心配!」

 

少しおどけながらも、奥さんへの愛が伝わってくる。

 

「あと、日本食たべられなくなるのが・・・」

 

私自身もザ和食派で、アメリカに引っ越しが決まった時は
日本食が食べられなくなることに嘆いたものだ。

 

しかし、オハイオ州でも意外と日本食が手に入った。

 

「中国食料品店ではXXが安くてね、○○でも賞味期限ぎりぎりの納豆が安く手に入って、
日本食レストランでははランチが安いですよ。」

 

私は5年前によく通っていた店の名前を必死に思い出し、知っている限りを彼に伝えた。

 

日本人の私がアメリカのとある街の日本食購入可能なお店を教え、
アメリカ人である彼が私に、九州の素晴らしさを語ってくれる。

 

なんだか不思議。
ちょっとした知識や国に対する想いが人と人とをこうやって繋げてくれる。
ICCのイベントでも幾度となく感じたことだ。

 

いつどこでどんな出会いがあるか分からないものだ。
そう思いながら、米軍の彼に手を振り、飛行機に乗り込んだ。

 

そうそう、預けた荷物は無事着いたかって?
最終目的地のロサンゼルス空港にて、ベルトコンベアーが
何十周するのを見守ったが、私の荷物は見事に現れなかったのであった・・・

 

YT (Student Staff Leader)

Break A Leg, In The Literal Sense

After a month of exams, summer had finally arrived for me as well. I
had it planned, day after day, all the things that I was going to do
and the places that I would visit. From volunteer activities to camps,
I had it all set, and I was eager to make it a meaningful summer, full
of accomplishments that I could look back on.

 

First official weekend of a two-month summer vacation, I woke up early
Sunday morning to go to the gym to play basketball. Exercise and
fitness were just another part of a jam-packed summer. I even had the
entire day planned out as well. I would finish basketball, go back to
the dormitory, freshen up, and meet a friend afterwards.

 

Everything according to plan.

 

I arrived at the gym in time, as expected, and shot around, warming
up, waiting for friends to arrive. Once everyone gathered up, we
started with a simple 5 on 5 half court game. I hadn’t played in a
while so I was naturally just taking it easy at first, but the competetive
level quickly got high and the next thing I knew, I was playing zone
defence all alone.

 

We were up 2 points with just a few minutes remaining. We lost
possession from a pass interception, so I quickly rushed to the ball
carrier to block off a shot. Like I had done a million times in my
life, I jumped towards the shooter, got my hands in the way of the
shot, and slapped the ball out of bounce. Even before I landed, I knew
this was one worth boasting about with a list of terrible clichés like
‘shut down’, ‘in your face’, and ‘not in my house’. This was probably
something that’s been encoded into my DNA, almost like a natural
reflex from all the years of playing basketball.

 

I landed from the jump, with only the thought of how great of a block
it was on my mind. But the next thing I knew, I was on the ground,
rolling in indescribable pain, while friends gathered around me in a
circle, asking if I was alright. What happened? The ball had gone out
of bounce which meant I had blocked the shot. Why was their so much
excruciating pain in my right foot?

 

I have been playing basketball since I was grade 5. That makes it
almost 10 years of playing basketball: outside on the cement, in the
sand, in the grass, in the gym, with basketball shoes, no shoes, with
flip flops, with friends, against girls, with people I didn’t know,
adults, younger kids, competitively in a team, in a pick-up game,
playing casually with friends, 1 on 1, 2 on 2, 2 on 5, 3, on 5,
playing at night when I couldn’t see the hoop, playing in the
daylight, with a basketball, a volleyball, a handball, a soccer ball,
a football, a dodgeball, with a cold, with no sleep for several days,
in pain from a stomach ache, with a sprained finger or even with a
fever. Simply put, I had played basketball under pretty much any
circumstances and situations that I could think of. Of course in that
time, I had countless number of injuries like bruises, scratches,
sprains, athlete’s foot, loss of toenails, twisted ankles, and a minor
concussion. However nothing that happened was serious or long term.
I was always able to pick up my ball and wear my basketball shoes the
next day and get back at it again.

 

Here I was, playing the same game that I had played over and over in
pretty much all situations that I could imagine. But when I landed
after the block, this time I knew something was wrong. I have rolled
my ankle numerous times and know how painful it could be. But when I
landed this time, I knew the pain wouldn’t go away easily. I had
landed my left foot alright, but did not get my right footing correct
and as a result, landed awkwardly on the top right side of my foot. I
couldn’t feel what was wrong. I just knew it hurt too much.

 

As usual though, I thought to myself the pain is short and the gain is
great. I thought, no, I knew, the pain would subside eventually and I
would be able to get back on to the court to help out my team.
However, 5 minutes, 10 minutes, 30 minutes passed and the pain had
only gotten stronger.

 

I left early for the dorm, hobbling on my injured foot. Depressed
about not being able to stick it out and play more basketball, I got
back to my room and turned on the cold water in the shower. From past
experience, I knew the best way to keep the swelling down was to dip
the foot in cold water, then hot water, and repeat.

 

Simply put, it hurt. But I had plans and I had all intention to see
them through. I had twisted my ankle and sprained my foot before. It
hurts. It hurts a lot, but it is bearable to a degree and I knew this.
I went out, hobbling my way towards the meeting place. My friend kept
on telling me to go to the hospital, telling me that something was
really wrong by the way my foot had swollen up. I brushed it away
saying that it was normal for it to swell up with a sprain.

 

Next day I woke up, I was in for a very big surprise. To be precise, a
surprise located at the lower half, right side of my body, somewhere
farthest away from my head. My right foot had turned black, from all
the blood collecting under the skin, and it didn’t feel right.
Combined with the horror stories that my friend had told me the night
before of people having to have their leg cut off, I had come to a
relatively easy decision of going to the hospital.

 

“Fracture and sprain in two different areas of the foot.”

 

“Four to five weeks to walk and 2 months to 3 months to be completely
healed.”

 

Screening out all the verbal abuse and profanity, I had one thought in
mind: my summer plans all down the drain.

 

The doctor put on a cast and gave me a pair of crutches to use. I
learned how to use the crutches in the rehabilitation center for about
5 minutes and I was free to go. Free to go, with no school, hours and
hours free time, and no one to stop me. Yet I stood there, with cast
and crutches that felt like shackles and chains.

 

I had all the time in the world to do the things that I wanted to do,
yet I couldn’t. I wouldn’t be able to go meet my friends, wouldn’t be
able to volunteer, wouldn’t be able to go to camps, wouldn’t be able
to travel anywhere, and I wouldn’t be able to go to work at the ICC
for a while.

 

Then I had an epiphany. It was something that I had read a long time
ago in a book.

 

You can plan a pretty picnic, but you can’t predict the weather.

 

I planned a picnic: one like a 17 course classical French dinner menu.
From the appetizers, soups, salads to rice, fish, entrees, roasts to
sweets, savory, desserts, and coffee, I was ready to dive in and had
only just tasted a spoonful of the French onion soup. Then, my course
menu, my picnic, my summer plans were taken away. I would have to make
do with a cup ramen. A cup ramen of summer.

 

It would turn out to be a memorable summer for what it was, but it
would be a summer that really opened my eyes to the reality of life.
You can’t predict what’s coming at you next.

 



EY(Student Staff)

異文化交流の力

皆さん、はじめまして!

 

今年の7月からICCで働かせていただいている、新学生スタッフリーダー(SSL)のTOです。

 

今回初めてブログを書かせていただくということで、
書き始める前からドキドキしております・・・

 

文章を書くのは得意ではないのですが、日々こんな風に考える人もいるんだなぁと
温かい目でこのブログを読んでいただけたらありがたいです!

 

「KY(空気を読めない)」とか「浮く」っていう言葉ありますよね。

 

確か私が高校生のときでしょうか、みんながこれらの言葉を使い始めたのは。

 

空気を読めないとか、浮いてるとかって一体どういうことなんでしょうね。

 

初めて「KY」って言葉を耳にしたとき、
「KYってどういうこと?」って思わず聞いちゃいました。

 

その質問がすでに「KY」だったみたいです。笑

 

私はどちらかというと、いわゆる「空気読めない」部類に入るみたいで、
空気をいちいち読んでいたら言いたいことも言えないじゃない!って思っていました。

 

そんな私も早稲田大学に入学してからというもの、
大学という新しい大きなコミュニティーの中で、KYって思われないように、
浮いてるって思われないように、周りの人に合わせて知らず知らずのうちに
自分を押さえ込んでいたような気がします。

 

そんな私の大学生活を大きく変えてくれたのが、
大学2年生のときに経験した1年間のアメリカ留学でした。

 



 

人種の坩堝と言われるアメリカだったからでしょうか。

 

日本人だからどうということはなく、すぐに学校に馴染むことができました。

 

私の留学した大学は国際交流が盛んで、毎年多くの留学生がやってきます。

 

そのため大学にはJapanese Club や Spanish Club などのクラブが存在しており、
多くの学生が所属しています。

 

その中でも特に印象的で私も所属していたクラブは
Third Culture Kids というクラブです。

 

私は日本人ですが、シンガポールに10年近く住んでいたこともあって、
両方の国をふるさとみたいに思っているのですが、
そういういくつかの文化的背景を持っている人をその大学では
Third Culture Kids と呼ぶのだそうです。

 

面白いですよね?

 

そのクラブには留学生はもちろん、様々な国で暮らした経験のある学生、
また現地のアメリカ人学生が所属しています。

 

これだけ多種多様な学生が所属しているというのに、
すごく居心地が良かったのは不思議でした。

 

毎日そんな彼らと生活して、私はアメリカに留学していた1年間で
自分らしさを取り戻せた気がしました。

 

むしろ私自身も気が付かなかった自分に出会えたような、そんな感覚です。

 

たった1年間しかいなかったアメリカで
私がこんなに自由になれたのはなぜだったのでしょうか?

 

私は異文化交流の力ではないかと考えています。

 

異文化交流というと、出身国の違った人が交流し、
お互いの文化や言語を教え合うというイメージが強いですよね。

 

確かにそれは正しいですし、異文化交流したいと思っている
皆さんのほとんどはそれを目的にしていると思います。

 

でも異文化交流の根本的な軸って、お互いの違いを認め合って
受け入れることにあるのではないでしょうか。

 

異文化交流はみんながそれぞれ違っていることは前提で、
たとえ言葉が上手く伝わらなくても、
自由に自分の持っている文化や考えを表現して受け入れてもらえる場です。

 

留学中は常に異文化交流をしているような状態で、
自分の意見やThird Culture Kids としての経験を自由に話すことができました。

 

そのおかげで自由でいられたのかなと思います。

 




もし今私のブログを読んでいる皆さんの中に、
私が大学1年生の頃感じていたようなモヤモヤを抱えている方がいれば、
ICCに来て異文化交流を経験してみていただきたいです。

 

きっと異文化交流を通じて今まで見えなかったことが見えてくるはずです。

 

1人でも多くの方に異文化交流の楽しさや可能性を知っていただきたいと考えています。

 

知らなった世界を知ること、自分の世界を誰かに伝えること。

 

私が経験したように、皆さんにもそこから
自分らしさや新しい自分を見つけていただきたいです。

 

そういう想いから学生スタッフリーダーになって2ヶ月弱が経ちました。

 

世界、全国各地から学生の集まる早稲田大学の、国際コミュニティセンターという
この場所で今働かせていただいていることを大変幸せに思います。

 

まだまだ未熟者ですが、ここ早稲田大学で異文化交流の輪が広がるように、
精一杯頑張らせていただきます!

 

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

TO(Student Staff)

言語とは

言語。
言語といえば外国語。
外国の人とお話できるなんてステキ。

 

でも、言葉は通じなくても、心さえ通じればどんな人とでもコミュニケーションはできるもの。

 

私にとって“言語”とはそんな感覚でした。

 

でもある日、あることを知ったのを境に、“言語”についての考えが根っから変わりました。

 

そう、それまでの私にとって、「言語(言葉)が使える」というのが前提となっていたのです。

 

あること、それは、「言語障害」と「失語症」。

 

皆さんはこの言語障害や失語症、というものを御存知でしょうか。

 

私は恥ずかしながら、昨年まで全く知りませんでした。
まさに無知な呑気大学生。

 

簡単に説明すると、言語障害の一つとして失語症というのがあります。
失語症とは、人により症状に程度の差がありますが、
人間のコミュニケーションにとって不可欠な「読み」「書き」「話す」「聞く」ことが出来なくなる、
つまり、“言語”が使えなくなる、という病です。

 

今日初めて知ったという方は、もしかしたら想像がつかないかもしれません。
私もそうでした。
実際に失語症を患った人に接するまで、全く想像もできない病でした。

 

なぜなら、それまでの私にとって、“前提”となっていた「言語(言葉)が使える」状態ではないからです。

 

人間として生きてる中で、人と触れ合う、話す、コミュニケーションを取る。
とっても当たり前だったこと。
でも、それは決して当たり前ではないということ。

 

ICCで学生スタッフとして働かせて頂きながら、他のスタッフや、サポーター、参加者と触れ合い、話し合い、笑い合う。
特筆するほどのことではないのかもしれないけれど、私は本当に嬉しい。
そしてとっても「有難い」こと。

 

この「失語症」という病を知ったことで、そんな思いを抱くようになりました。

 

これまでは、「たかが“言語”」だったけれど、「されど“言語”」を身にしみて感じる毎日です。

 

私がこの知識・経験を得られたこともまた有難いこと。

 

このことがきっかけで、私は大学卒業後、
言語のリハビリを専門とする「言語聴覚士」という資格を取得するための養成学校へ進学することに決めました。

 

しかし、世の中にはこれ以外にも私の知らないことが良くも悪くもまだまだまだまだ
た――――――――――くさんある。(!)

 

これからも可能な限り、様々な知識・経験を積んで、
少しでも視野の広い人間になりたいなと思っている今日この頃なのであります。

 

(ちなみに、言語(外国語)に関して、私は純ジャパなので、英語とかね…ほんとだめなんですけど。笑
今回は包括的テーマ、ということでその点に関しては割愛します。笑)

 

RK(Student Staff)

International PING PONG!!!

It may not be what first comes to mind when you hear the words ping pong,
but the ICC Ping Pong Match this year was boat loads of fun!!

 

It was my first time organizing a table tennis event and to be honest
I wasn’t sure what to expect.

 

But as soon as we got there the fun started right from the beginning!
The Table Tennis club members were friendly and informal and so were the
students who came. This time the number of international students actually
outnumbered the local students who came, but it was overall a good balance
of nationalities. Right from the get-go students of all backgrounds were
mixing and chatting and passing time until the event began.

 

The pairs and teams were arranged randomly and after three sets players changed
tables to allow for maximum cross-cultural exchange. Language and cultural
barriers soon faded away as everybody became focused on whooping each other’s
backsides table tennis style! (Nothing breaks down borders like the desire to
destroy and humiliate your opponent!)

 



 

After everyone was all ping ponged-out we were treated to a demo game by
some of the more experienced members of the Table Tennis Club.
They played at breakneck speed and showed us all up with their amazing talent!

 

After the hardcore pingpong-ing (my new favorite phrase) was over,
everyone got a chance to challenge a member of the club team.
This part was really exciting and everyone got really into the game.
Even some of the ICC staff got caught up in the fun!

 



 

Soon it was time to finish and everybody took a great group photo and thanked
the Table Tennis team for their time and cooperation. Afterwards lots of
students exchanged mail addresses, telephone numbers and Facebook info. It
was great to see how hardcore pingpong-ing (best word ever) can bring people
together!

 



 

Overall the event was a great success and I really thought it was a great
chance for international and local students to interact and mix regardless
of language, nationality or department.

 

RH (ICC Staff)

「交流できるかどうか、それが問題だ」

「ICCに来たら留学生と交流できるんですか?」

 

特に新学期によく聞かれる質問です。

 

はい、確かにICCは、留学生と日本人学生の相互交流の場を
創出することを目指して活動しているセンターです。

 

が!
このとってもシンプルかつダイレクトな質問に、
歯切れよく答えるのはけっこう難しい。

 

「交流のきっかけとなるようなイベントをたくさん実施しているので、
 そういう場で知り合うチャンスはありますよ。
 イベントの内容によっては、留学生が来ているものもあれば、
 あまり来ていないものもありますけど・・・」

 

だいたいこんな感じの答えになります。

 

そう、ICCラウンジにはいつも留学生がスタンバってて、
「24時間交流します!」的な体制…ではもちろんありません。
留学生の皆さんも、興味があって参加したいと思うイベントに自由に
参加してくれているだけ。

 

で、ICCとしては、いかにその両者が集まる仕掛けを作るか、と
いうことに日々知恵を絞っているわけですね。

 

今日はこのブログを読んでくれている皆さんに、
「確実に留学生と交流できて、しかもかなり仲良くなれる」
イベントを3つほどピックアップしてご紹介します!

 

まずひとつめ。
「にほんごペラペラクラブ」
これは、留学生と日本語でおしゃべりするイベントで、
日本語ネイティブの学生の皆さんは「サポーター」としての参加となります。
事前登録の上、異文化コミュニケーションに関するオリエンテーションを受け、
週に一度、合計4回のクラブに参加していただきます。
留学生の興味・関心・日本語レベルに合わせて、ゲームをしたり
グループ・トークをしたりとクラブ活動を盛り上げ、クラブ終了後には
学食やサイゼリアにご飯を食べに行くことも・・・。

 



 

「日本人と日本語で話したい!」留学生のニーズと、
「日本語会話のお手伝いをしてあげたい!」日本人学生の関心が
ぴったり合っていますから、双方満足度が高く、とっても盛り上がります。
今学期のクラブは終了しましたが、また後期10月からサポーターを募集しますので、要チェックです。

 

◆にほんごペラペラクラブサポーター体験記
日本人が「日本語」で話す異文化交流-ICCにほんごペラペラクラブに参加して –

 

ふたつめ。
キャンプ企画。

 

ICCオリジナルのキャンプ企画がふたつあります。

 

まず、ノーボーダー・スキー&スノーボード・キャンプ
昼間はスノースポーツを楽しみ、夜はトークで仲よくなれるお得な企画です。
国籍・学部・学年・年齢・本名などをすべて隠すところがミソ。
2月の実施で12月から募集がありますので、こちらも要チェック!

 



 

◆ノーボーダー・スキー&スノーボード・キャンプ参加体験記
ICC No border camp!!?No border, real communication?

 

そして、もうひとつが今まさに参加者募集中の「ホンネ交流キャンプ」
日本・中国・韓国・台湾について、がっつり語り合おうというこのキャンプは、
2泊3日で寝食を共にしながら文字通り「ホンネ」で語り通すので、仲良くなること間違いなし!

 

っていうか、これを逃すと、これらの国の人々と躊躇なくホンネで話せる機会なんて、
一生ないかもしれないですよ!!

 

7/31~8/2の3日間、避暑地軽井沢で行います。
申込は7/17(水)朝9時まで!

 



 

◆ホンネ交流キャンプ体験記(リンク)

 

心に残る3日間―ICC日中ホンネ交流キャンプに参加して

 

日中韓ホンネ交流キャンプから見えてきたこと-国のことをありのままに話し、国のことを忘れて聴く-

 

ホンネで話すと見えてくる!~日中ホンネ交流キャンプに参加して~

 

アジアの橋を作ろう!ICC日中韓ホンネ交流キャンプに参加して
(中国語版)

 

みっつめ。
ビジター・セッション。
以前もこのブログに書きましたが、短期で日本を訪問している海外の大学の
大学生との交流会は、いつもすっごく盛り上がるんです。
限られた日本滞在時間のなかで「日本の学生と話したい!」という熱意が半端ないので、
話のはずむことはずむこと。

 

このビジター・セッション、短期の研修旅行で来日中の学生を迎えることもありますが、
現在募集しているのは、早稲田に短期留学中の学生との交流会(7/19)
3~6週間滞在するので、この交流会で仲良くなれば、また後日一緒にゴハンを
食べに行くことも可能。先日第一回のビジター・セッションでも、終了後も30分以上、
会場付近にとどまってアドレス交換が続いていましたよ。

 



 

「行ってみた~い! でもその日は授業(バイト、サークル、etc)が・・・」というアナタ、
ご心配なく。実はランチタイムにも同じ短期プログラムの留学生を囲んでのランチイベントを
実施しています。その名も「TOMODACHIランチ」。場所は22号館の201教室です。
月曜日はお弁当を持って黄色いビルにGO!

 



 

あ、すみません。みっつと書きましたが、もうひとつとっておきの
プログラムがありました。その名も「アウトリーチ」!

 

日本人学生と外国人学生でペアになって、小中高等学校で異文化理解授業を行うという
プログラムです。授業準備には少し時間がかかりますが、その分パートナーの
留学生とはふかーい絆ができます。
現在大阪で行うプログラムの参加者募集中
新幹線の片道切符もついているので、夏休み関西を旅行したい方には嬉しいチャンス!

 



 

ってことで、数あるICCイベントのなかでも「交流」という意味でお勧めの企画、
皆さんのご参加お待ちしています!

 

YH(ICC Staff)

本をめぐる熱いバトル

さる6月24日、図書館で開催されたビブリオバトル@早稲田
決勝戦を観戦に行ってきました。

 



 

ふだんはICCが主催する業務としてのイベントで手いっぱいで、
なかなか他部署のイベントの見学には行けないのですが、
このビブリオ・バトルはちょっと別格、万難排して参加しようと
早々にスケジュールにも入力していました。

 

「ビブリオ・バトル」とは、「人を通して本を知る。本を通して人を知る」を
キャッチコピーに日本全国に広がりを見せている知的書評合戦で、
早稲田では今回が初開催だそうです。

 

やり方としては、バトラー(本の紹介者)が自分のお勧めしたい本を
ひとり5分間で紹介します。3分間の質疑応答の後、「どの本が一番
読みたくなったか?」で観客が投票を行い、『チャンプ本』を決めると
いうものです。

 

参考:ビブリオバトル公式ウェブサイト

 

個人的に本が大好きというのもありますが、
図書館が仕掛ける、早大生の読書啓発?にも興味がありました。
ICCイベントのヒントもいろいろもらえるんじゃないかなと
わくわくしながら、中央図書館4階のAVホールへ。

 

ざっと見渡すと、想像以上に大人の観戦者も多い中、
いよいよ5名のファイナリストによる決勝戦がスタート。

 

一言で言うと、想像以上にすばらしかったです!

 

4月から回を重ねたバトルで勝ち残ったバトラーというのも
あるのかもしれませんが、皆さんものすごくプレゼンがお上手!
メモも持たず、熱のこもった口調でぴったり5分間、話し切ります(神業的!)。
それぞれその本と出会ったきっかけ、読んで感じたこと、考えたこと、
お薦めしたいポイントなどを、本への愛情いっぱいに語る姿を見て、
ここで薦められた本は全部読みたくなりました。
(早速2冊、図書館にリクエストしました!)
唯一、元々読むつもりだった村上春樹さんの新作が登場した時は、
ネタばれがこわくて、耳をふさぎたくなりましたが(笑)

 

後で開幕戦から取り上げられた本の一覧表もいただきましたが、
本のタイトルと著者名だけだとあまり響かないものでも、
実際そのお勧めを人の口からきいたらきっと読みたくなるんだろうなあ、
人が直接想いを伝えることのチカラってすごいなあと感心しました。

 

また、ふだん数多くのイベントを主催しているICC職員の立場としても、
他の部署のイベントはいろいろ新鮮でしたし、参考になりました。

 

  - 質問が出やすいよう、シーンとした空気にならないように
   音楽を流しているのは素敵だな。

 

  - プレゼンのなかで本のタイトルが出るまで待ってから、
   会場内にその表示を出す、そのタイミングも心憎いな。

 

  - スクリーンに表示するカウントダウンタイマー、わかりやすくていいな。

 

  - その場の投票結果を受けて表彰式に移行しようとすると、どうしても
   賞状を準備する時間が空いちゃうんだけど、その繋ぎ方もいろいろ
   考えられたんだろうな。

 

などなど。

 

実はこのビブリオ・バトル、昨年春ICCで新入職員実務研修を行った後、
図書館利用者支援課に配属されたYOさんが担当者のひとり。
たった数日間の研修だったけど、その時経験したことは、図書館イベントでも
役に立ってます、と言っていただけてうれしい限り。

 

ICC的には、このビブリオ・バトラーファイナリストを招いて
ICCランチ企画「ビブリオ・バトラーtoランチ」をしたらどうだろうか?とか、
外国人が語る日本文学の魅力、みたいな留学生版ビブリオ・バトルは
どうだろうか?とかいろいろ妄想も膨らませてしまいました。

 

なかなかこの場の熱気を伝えるのは難しいのですが、
ビブリオ・バトラーの熱い書評を聞きたい方、
動画配信もされていますので、ぜひ!

 

ビブリオ・バトル@早稲田準決勝

 

※決勝も追ってアップされる予定

 

このイベントは第二弾の開催も検討されているようです。
次回、あなたもぜひ、バトラーもしくは観戦者として、
本をめぐる熱気に触れてみませんか?!

 

YH(ICC Staff)

「未知を求めて三万里」

5月の連休明け、ICCでは、ゲストスピーカーに早大出身ノンフィクション作家の
高野秀行さんをお迎えしたトークセッション「未知を求めて三万里」を開催しました。

 

高野さんは在学中、探検部に所属され、これまで数々の探検を実行されてきました。
それら探検時のお話をノンフィクションで書かれた著書が多く、
もともと私自身、熱烈な高野ファンである友人からの紹介で、高野さんの著書を読み始めました。

 

その中から今日は、最新作の「謎の独立国家ソマリランド」という本を紹介したいと思います。

 



 

皆さん、本のタイトルにある「ソマリランド」をご存じですか?
私は本を読むまで、聞いたことがあるようなないような、
とにかくソマリランドについては何も知りませんでした。

 

Wikipediaによると、現在ソマリランドは国として承認はされておらず、
国際的にはソマリアの一部だとみなされている地域です。
ソマリランドを含むソマリアという国は、無政府状態が続き、
「崩壊国家」という奇妙な名称で呼ばれています。
そんな崩壊国家の一角に、そこだけ十数年も平和を維持している”自称”独立国家、
それがソマリランドなのです。

 

国際社会では全く国として認められておらず、
「単に武装勢力の一部が巨大化して国家のふりをしているだけ」という説さえ存在するのです。

 

そんなソマリランドには、多くの謎があります。

 

・なぜソマリランドは内戦を終結できたのか?
・同じソマリ人なのに南部ソマリアはなぜそれができないのか?
・ソマリランドの財政的基盤は? etc…

 

それらの謎を、現地への旅を通して解明し、その内容を本にしたのが
この「謎の独立国家ソマリランド」です。

 

著書の中では「カート宴会」という単語がよく使われていました。
カートとは、なんらかの葉っぱで、要するに、噛み続けていると
ちょっと気持ちよくなる、、、ようなものらしいです。

 

高野さんがイエメンを訪れた際、毎日ひたすらカートを噛むという生活を
一ヶ月半続けたことがあるそうで、イエメンでは大事なことはすべてカートパーティー
(みんなでカートを噛む集まりであることから、「カート宴会」と訳す)で話され、
政府の政策ですら、閣僚が行う非公式のカート宴会で本当に重要なことが決定されると評判だそうです。
日本における「飲ミニケーション」のようなものでしょうか?笑

 

高野さんもソマリランドでは、その「カート宴会」を通して様々な情報を得て、
現地ではカート市場やカート畑まで見学されたそうです。

 

「カート宴会」をはじめとして、著書の中では、高野さん独特のユーモアや例えを使用した表現が面白く、
くすっと笑ってしまうことがよくありました。

 

先日のトークセッションでは、会場が満席となる大盛況で、探検時の貴重な映像や写真を見ることができ、
個人的にも非常に楽しませていただきました。

 



 

高野さんのご著書は、17号館の生協ブックセンターにもありますし、
大学図書館にも何冊か入っています。

 

「読みやすいことで定評のある」とご本人がおっしゃっていましたが、
もちろん読みやすいだけでなく、くすくす笑えてためにもなる、
早大生の探検スピリットが凝縮された本であることは、僕が(←誰やねん笑)保障します!!

 

KC(Student Staff)

 

追伸:この本の舞台、ソマリアから早稲田に留学中のソマリア人留学生兄妹を招いての、
「ICCソマリア・カフェ」が6/28に開催されます!

プチ受験生気分!

英語を勉強しよう!
そう思いついて勉強を始めるけどすぐ飽きて途中で投げ出してしまう…。
そんな経験をしたことがあるのは僕だけではないと思います。
でも、だからといってそれは自分の勉強の仕方が効率悪いのが原因だとは
ついこの前まで僕自身気づくことはありませんでした。
その自分の勉強の効率の悪さに気付けたのもなかなかの偶然なんです。

 

僕はこの春から学部4年生。本来なら就職活動真っ只中なんですよね。
でも僕は昨年末に自身で企画した講演会のゲスト・スピーカーに刺激を受けて
大学院留学をすることに決めたのです。
自分でも思います、なんて単純な男なのだろうと(笑)

 



 

そんな経緯で今度こそ英語を勉強しよう(というより、しなければ)!ということになりました。
ただ、塾とか英会話とかそういうのに頼るのはお金も時間もかかるからなんか嫌だし、
でも自分で英語勉強しようとしても三日坊主がオチだしなー…
とかそんなことばかり考えてツタヤの英語の資格参考書の棚の前をぶらぶら歩いていた時でした。

 

ちょうど僕の目線にある棚に「売れ筋ランキングTOP3」の棚があったんです。
その1位が、最近よくある「○ヶ月でTOEIC○○点取れる本」系の本だったんです。
やっぱりうさんくさいよなーっと疑いながらも、どう勉強したらいいんだと
藁にもすがる思いでその場で最初の数ページを読んでみました。

 

するとそこには今までの僕には考えられないような勉強法が書いてあったのです。
その本の中身を要約すると、

 

「自分のわかってる部分は無視して、知らない部分だけを徹底的に覚えなおす」

 

これ、本当に当たり前のことを言ってるんですよね。
でも当たり前だからこそ僕にとっては衝撃的でした。

 

僕は小さい頃から結構なかなかの完璧主義というか、何かにつけて細かい部分があって、
本を買っても始めからから終わりまできっちり読む人でした(もちろんA型です(笑))
参考書も使い方は最初の問題から終わりの問題まで全部きっちり解く、
それが自分にとって当たり前だったし、何しろ1冊の本を完璧にやったという
自己満足に浸れるのが嬉しかったんです。
ただそのやり方だとなかなか本の終わりが見えないために、
途中で飽きてやめてしまうことの方が圧倒的に多くありました。

 

そんな自分の完璧主義な先入観をぶっ壊してくれたのがツタヤにあったその本でした。
冒頭の数ページを立ち読みして衝撃を受けて即買い。
最初うさんくさいといっていたあの疑いの心はどこへやら。
これが本当の衝動買いなんだなー、と思いながら本を買ったのを覚えてます(笑)

 

さて、その本片手に2013年の年明けから3ヵ月間、集中して勉強をしました。
写真はその2ヶ月間で使用した本です。こう並べてみると大分いろんな本を使ったなと…
毎日こんなに勉強したのなんて高校受験以来…(付属上がりですみません)
いや、高校受験のときの自分よりは勉強したんじゃないか!?
勉強、勉強、勉強、ときどき遊び…本のおかげもあって英語の読み聴きに関しては
自分でも感心するほどに伸びました(実際そうであってほしい…)!
TOEICでも結果は出たんです。このように客観的に自分の語学力が数値化されて
しかも伸びてるってわかるのは嬉しいことですね。

 



 

でも問題は話し書き。インプット能力が伸びた一方でアウトプット能力は全くダメで
これからはその勉強を始めようかなと思ってます。
留学生との交流を促してくれるランゲージ&カルチャーエクスチェンジ・プログラム
(毎学期初めに登録開始!)も登録したし、大学の授業でも
チュートリアル・イングリッシュが5月から始まりました。
英語ネイティブの留学生やクラスのチューターと会話することで
だんだん英語を話すことが恐怖から楽しみへと変わりつつある今日この頃♪

 

ちなみに、ICCでは今月、各国言語でのランゲージ・ランチおよび
ランゲージ・アワーが盛りだくさんです!

 

WN(Student Staff)

隅田川でレガッタ観戦!

皆さんレガッタってどんなものか知っていますか?
聞いたことはあるけど、何それ?と疑問に思う方が多いのではないでしょうか。

 

レガッタはこういう形のボートを使った競技なんですよ。
当たり前ですが、公園のボートとは全然違うんですね。

 



 

ちなみに、早慶レガッタは毎年行われる早慶戦の一つで、レースの中でも
最後に行われる花形種目である対抗エイトは、選び抜かれた9人のみが
乗ることを許されるものらしいです。
しかも、このレースのために、なんと隅田川が一日「貸切」になります。
すごいですね!

 

実は私も今年の4月、ICCのイベントで初めてレガッタ観戦に行ってきました。

 

4月21日、生憎の雨の中、早慶レガッタが行われました。
しかし、ぽつぽつと降る雨の中でも多くの人々が応援に駆け付けてくれたのです。
私たちは、最後のゴールの瞬間を味わうために、ゴールラインである
隅田川の桜橋でレガッタを見ていました。

 

「ああ来ないな~いつ来るのかな」と思った瞬間!

 

遠くから両校の艇の姿が見えてきました。
両校の応援団の大きな声援の下、人々の声援はより盛り上がっていきました!

 

一生懸命に応援する人込みの中、肩を組みながら熱い声援を送るICC参加者たち。

 

よく聞いてみると、「わせだ わせだ わせだ」の部分しか歌っていないようにも
見えましたが(笑)、まったく知らない人同士でも一緒に校歌を歌うと
「早稲田」の仲間意識が盛り上がりますよね。
残念ながら今年早稲田は慶応に負けてしまいましたが・・・。

 

この早慶レガッタは毎春隅田川で行っています。
午前は浅草を散策し、午後はレガッタ観戦で盛り上がる、この一石二鳥の
イベントに来年ぜひご参加ください!
(通常のICCのフィールド・トリップは定員がありますが、この浅草トリップは
 バスを使わないので、定員がありません。希望者全員が行けるんです!)

 

…そして、季節はいきなり4月から6月へ!
野球の早慶戦がいよいよ今週末ですね!
ICCからも留学生と一緒に応援に行きます。
早稲田ウィークリーでも紹介されました!)

 

今年は例年より早い梅雨入りとなってしまいましたが、
明日明後日は熱い応援で梅雨のじめじめを吹き飛ばしましょう!!

 

SY (Student Staff Leader)

10 / 43ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén