みなさんこんにちは!学生スタッフのM.W.です。私は高校3年生の卒業直前のフィールドトリップでの体験をシェアしたいと思います。

タイトルからもお分かりかと思いますが、ネパールに行きました。計2週間ネパールで滞在し、最初の1週間はマーディヒマール登山、後半はネパール文化体験、というスケジュールの任意参加の修学旅行でした。卒業直前だったため、旅行するのだったらネパールに行くよりもっとおしゃれなプーケットやバリのビーチに行きたいという同級生がたくさんいたのですが、私は一生に一回の経験をしてみたいと強く思い、迷うことなく参加を決意しました。ネパールでの体験を登山編と文化編に分けてお伝えします!

― 登山 ―

私が登ったマーディヒマールというコースは一週間かけて標高3700mのハイキャンプをめざし、ネパールで神秘的とされている有名な山マチャプチャレを眺めることができるというコースでした。マチャプチャレというのは写真でもお分かりいただける通り、魚の尾という意味だそうです。世界で13番目に美しい山らしいです。← 後から知りました!

きれいな景色、おいしそうな食べ物、そしてなにより人生初のネパールに行けるということからあまり深く考えず、期待を膨らませていた私ですが、いざ着いてみると心情は一転。早く帰りたい!と1日目から思ってしまったのです。最もいやだったのが6日間シャワーできないという状況。一週間の登山中、通り過ぎる村や小屋で宿泊していたのですが、シャワーが設置されているところもありましたが、シャワーを利用しないほうがきれいでいられるような様子(想像にお任せします)だったので、ダイソーで事前に買っておいたベビーシートで乗り切りました。

― ネパール文化 ―

山から地上へ帰還してシャワーという文明に感動しながらカトマンズを中心にたくさんの観光地に行きました。中でも印象的だったのはボダナート・ストゥーパというとても大きなチベット仏教を象徴する塔です。この周りでのお土産屋さんでは値段交渉が頻繁に行われており、友達と誰が一番安くお土産を買えたのかという話で盛り上がりました。

カトマンズから少し離れたところにバクタプルという古代都市があります。立派な観光地だったのですが、私は少し悲しい気持ちになってしまいました。まず、歩き回っていると、子供たちが「お金がほしい」とか「おなかすいたよ」と物乞いしてきました。

また、野良犬たちもたくさんいました。私は犬が大好きなのですが、狂犬病が怖くて触れることができませんでした。さらに、2015年に起きた巨大地震によって多くの建物が壊れていました。ガイドの人がおっしゃっていましたが、修理するお金がないそうで、地震から2年たってもあたりは瓦礫だらけでした。世界中の国の支援を受けてもなお重要な遺産の修理が行われていないことが残念でなりませんでした。

少し長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます!皆さんもネパールに行ってみてはいかがでしょうか?日本とネパールには60年続く友好関係があるそうです。トリップに付き添ってもらったネパール人ガイドの方は2人とも日本語がペラペラでしたよ!ネパールでの体験は大変なこともたくさんありましたが、今では私にとって忘れられない宝物です。
ではではナマステ!

M.W(学生スタッフ)