みんなさ~ん!

日本で大人気な中国の食べ物、小籠包はご存じですよね!?
東京にも小籠包のお店がいくつかありますが、実は小龍包はいくつか種類があるのです!

小籠包の名産地は、大きく分けて台湾、上海、南京の三つです。台湾と上海の小籠包に比べると、南京の小籠包の皮は薄く、スープが多いので「湯包」という別称もあります。日本人は小籠包と湯包は同じものと思う人が多いのですが、実は別々の食べ物なのです。

ここでは、私は上海出身なので、上海の小籠包を中心に紹介します!

上海の北西部に位置する南翔という町の「上海古猗園餐庁」というレストランが小籠包の発祥と呼ばれています。清の時代の1871年、「古猗園」というお店の店主であった黄明賢が「南翔大肉饅頭」という肉まんを売り出したところ大好評を博したのですが、その後多くの店が類似商品を売り出しました。そこで黄さんは自分の肉まんを、誰も真似できないスタイルにしようと皮を薄く、サイズを小さくするなど、改良を重ねました。試行錯誤の結果できた肉まんは「古猗園南翔小籠」と呼ばれ、人気商品となったのです。今でもその当時の伝統の味が現在に引き継がれています。

耳寄り情報(小声)
今一番美味しい小籠包の店はこの「上海古猗園餐庁」ではなく、町中心の「南翔饅頭店」です。

ちなみに、小籠包の中身はほとんど豚肉ですが、最近は他の具、たとえば海老や蟹などを入れる場合もあります。中でも私は蟹小籠包が一番おすすめです。一度食べてみてください!

毎年9月から11月は蟹が一番おいしい時期です。スープも濃厚な蟹の味がして、具材の蟹のみそも最高ですよ!

 

J. F. (Student Staff Leader)