入学してから、早4か月!

はじめの1か月は、早稲田大学に通っていることすら、違和感がありました(笑)
いまでは、早稲田に通うことが当たり前になり、さらには、ICCで働いている。時間の流れは不思議だなあと感じます。

大学にもなれ、土地感覚もでてきた、入学3か月目の6月。
太陽の熱さを感じて、友達と日陰を探して歩いていると、「大テレビドラマ博覧会」と垂れ幕のかかった建物の前を通りました。はじめは通り過ぎたのですが、中が気になり、友達と「どうする?入ってみよう」となり、正式名称「坪内博士記念演劇博物館」に立ち寄ることになりました。

入ってすぐ、床が「みしみし」と。
「ミシミシする~」と笑っていると、館内の方が「歴史を感じるでしょ」と声をかけてくれました。早稲田大学の風情を感じることができました!
建物自体もレトロでフォトジェニックでした。
博物館と言えば、静かで眠くなりそうな印象がありましたが、ドラマ博覧会ということで過去のドラマが流れていて、賑やかでとても楽しかったです!!
三階には、歌舞伎や狂言などのブースがあって、狂言のお面をつけることでき、とっても盛り上がりました!

元々、お昼を食べる予定で友達歩いていたのですが、この日は、「早稲田校内で行ったことのないところに行こう!」ということで、次に向かったのは、10号館の3階の屋上です!

10号館3階の屋上は、以前から行ってみたかった場所で、早稲田大学を一望できるスポットでした。スッキリしたい時にはもってこいの場所でした!

 

最後に行ったのは、「會津八一記念博物館」です。
「大学内にこんな立派な博物館があるなんて」と感動しました。入ってすぐにある「明暗」という絵はとても、迫力がありました。
また、大隈重信の歴史に関するブースもあり、演説の肉声が聞けましたよ!!

以上、私のとある一日の出来事でした!

大学にはまだまだ行ったことのない場所が沢山あるということにも気づき、とっても楽しい旅だったので、また大学内を探検したいと思います!

皆さんも、ぜひ探検してみてください!
想像よりずっと楽しい旅になると思いますよ~(*^_^*)

 

 

K. H. (Student Staff Leader)