月別: 3月 2020

It’s Cherry Blossom Season!

After the warm and boring winter in Tokyo, finally, spring is coming! Though this year the ICC Hanami event was canceled due to the coronavirus, you all still have plenty of choices to enjoy this beautiful season because the city is going to be filled with Sakura. You can find it in your neighbor’s garden, in your neighborhood park, school and anywhere.

Today, I am going to talk about my experience with Hanami in Tokyo.

Hearing the fame of the cherry blossom in Japan for a long time, I eventually was able to see it with my own eyes 3 years ago when I began my studies at Waseda University. During the spring of my freshman year, I was so excited about it. I visited most of the popular places and saw the joy Hanami brings to everyone. It is hard to tell whether one place is better than another, but I am going to list my personal Top 5 Hanami Places. This is all based on my own preference, and I welcome all of your opinions about your favorite Hanami place.

No. 5 Ueno Park

This is a really interesting place to visit especially in the evening. You will see lots of Japanese office workers sitting under the trees having drinking and welcoming parties. They are very well prepared with picnic sheets, tables, lights, food, drinks and sometimes even mini-refrigerators! I think the cherry blossom season at Ueno Park is a wonderful opportunity for foreigners to know about Japanese company network building and urban culture.

No. 4 Shinjuku Gyoen

Since Shinjuku Gyoen is a well-organized royal garden, besides cherry blossoms there are still many other scenery spots you can enjoy in the garden. Also because it charges an entry fee, there are fewer visitors than other free open spaces. My way to enjoy Shinjuku Gyoen is to bring my breakfast early in the morning, finding a place on the grass near a cherry tree and enjoying the food, sunshine and the peaceful cherry blossoms before the place becomes too crowded. The ideal time for breakfast at Gyoen is before 12:00 am.

No. 3 Kanda River

As a Waseda student, you definitely should not miss this beautiful riverside cherry blossom spot. It is also an alternative to the crowded Meguro River. But instead of making you feel like you’re at a scenic spot, Kanda River makes you feel relaxed and closer to the daily life of Japan. Most importantly, it is close to the campus which means you can casually drop by any time to enjoy the cherry blossom there when you come to school.

No.2 Meguro River

Getting off the train at Naka-Meguro Station, you can feel the popularity of this place immediately. Not only Japanese but tourists from all over the world urge to see the romantic pink Sakura arch along the Meguro River. At night, there are illuminations and it makes the whole place even more beautiful. If you are tired of being part of the crowd, there are lots of distinctive cafés and restaurants for you to enjoy the view and indulge your gourmet side at the same time.

No.1 Chidorigafuchi

If you are looking for a more breathtaking Sakura scene, you should never miss this place. Though there’s nowhere to sit under the trees and it’s usually very crowded, it’s totally worth it. You will be walking along the green-lined paths under the Sakura and watching the blossoms arch over both sides of moat of the Imperial Palace. Boating on the water surrounded by Sakura is also a way to enjoy the beautiful view if you are willing to wait in line for about 2 hours. There is illumination at night. The best part is that you can see Tokyo Tower from there, which makes you feel you are in the Tokyo of your dreams.

Honorable Mention: Rikugien Garden

I want to give an honorable mention to Rikugien Garden because it is quite different from other Hanami places listed above. Rikugien Garden is originally famous for traditional Japanese Garden instead of a Hanami place. However, they have special species of Sakura each tree of which is huge. The garden charges visitors at evening because they have illuminations for the whole garden. Seeing those breathtaking huge trees in the dark is kind of special experience for me.

Find and enjoy the beauty of this season!

Considering the current situation, it is better not to go to crowded Hanami places. You can save this blog for your TO GO LIST for next year. For this year, instead of heading to these popular places, you can try to explore somewhere else maybe just in your neighborhood. I think the excitement of Hanami is not only about where you go, but your feelings. If you are in a good mood and feel energetic, then anywhere would be the best spot for your Hanami. I am sure you will find the best place for you to enjoy the beautiful blossom.

 

T.L. (Student Staff Leader)

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」から 読み取る多様性の奥深さ

はじめに

例年より春休みが少々長引きそうですが、皆さんいかがお過ごしですか。少しずつ暖かくなり、いよいよ桜の季節ですね。私はこの休み期間中、都内でカフェ巡りをしながら読書をすることにハマっています。今まで自由時間に読書などすることのなかった私が、「人生のバイブル」とも言えるほどの一冊に出会ってしまいました。書店の店頭にてポップで色鮮やかな表紙が目に留まり手にしてみたという何とも言えない偶然でしたが、内容は想像を絶するほどに奥深く、ICCという多様性を促進するオフィスのスタッフとしてもたくさん考えさせられました。気軽に読めるノンフィクション小説で、是非皆さんにも手に取っていただきたい一冊です!この場を借りて紹介させてください。

本のタイトル:「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」

日本とアイルランド出身の両親を持つ11歳の男の子は英国・ブライントンで生まれ育ちます。現地では、貧富、人種、宗教をはじめとするあらゆる「分断」が存在し、様々なバックグラウンドを持つ人々によって成り立つ多様社会において、差別や偏見はつきものです。そんな中、自身が東洋人というマイノリティでありながら、前向きに、真っ直ぐに生き抜く少年の姿が著者のブレイディみかこさんより、母親視点から描かれています。

エンパシー」ってどういう意味?

人種差別を受ける移民家族の子供、学校の制服を買うお金すらない貧困な家庭に生まれた子供など、今まさに英国に存在する様々な格差の縮図とも言える公立学校に少年は通っています。先生が自分のお金を賄ってお腹を空かせた生徒の昼食を買うなんてことも日常茶飯事だそうです。学校はもはや教育の場に留まらず、福祉を守るという責任をも負っているという深刻な状況です。

こういった低層階級やマイノリティに属する子供たちの多くは、上流階級者や地元民に軽蔑され、差別やいじめに苦しむ日常を送っています。少年自身も東洋人のハーフとしてからかわれ、暴力をふるわれそうになった場を何度も経験してきたそうです。そんな彼は学校の道徳の授業で「エンパシーとは何か?」という問いに対して、「誰かの靴をはいてみること」と答えます。11歳の男の子からの言葉には聞こえませんよね笑“empathy”を日本語に訳すと「共感する」と出てきますが、少年の考えるエンパシーとは単に相手の気持ちに寄り添うことではありません。「自分とは違う理念や信念を持つ人々に対して、かわいそうだと思えない立場の人々も含めて、相手が何を考えているのかを想像すること」だと言います。他人の靴をはいてやっと見ることのできる「相手の立場」。「相手の世界」とでも言い換えるべきでしょうか。差別や偏見がいけないという問題以前に、他人の角度から世界を感じ取るということが何を意味するのかを真に理解することが最優先なのでは?とふと気づかされました。

私たち人間はどうしても主観的に物事を捉えてしまう本能を持っています。自分以外の「第三者」との間に価値観や考え方のズレが生じると不快感や恐怖を覚えることも少なくありません。そもそもレーシズムなどの差別や偏見は、親しみのない外見や文化に対する恐怖から自分を守るための行為なのではないでしょうか。悪意ではなく、未知の世界に対する誤解なのではないでしょうか。「エンパシー」を通して自分とはかけ離れたバックグラウンドを持つ人への理解を深める試みを積み重ね、自然と行動に移せる能力を培うことができれば、「異文化」に対する偏ったイメージや思い込みも減るのではないかと思います。少年が「ニーハオ」や「チンク」などといった差別用語を使われることも減ると思います。

「多様性は素晴らしい!」はウソ?!

様々な家庭や文化背景を持つ子供が共に学ぶ学校では、色々な場面での衝突や口論が絶えず、いじめや暴力にも繋がりかねません。少年の周りには被害者となって苦しんでいる友達もいれば、加害者として他者を傷つける友達もいます。加害者を責めたところでいじめが消えるわけでもなく、被害者を庇う行為は「弱者」であることへの強調となり、逆に傷つけかねません。彼はある日、傍観者としての自分の無力さを母親に相談した際、「多様性は楽じゃない」と伝えられます。楽ではない=ややこしい「多様性」をなぜそこまでして追求する必要があるのか。みかこさんの名言とも言える応えは「楽ばっかりしていると無知になるから」でした。

急速に進むテクノロジーの進化、そして、情報社会へと世界が発展する中、生活の利便性や仕事の効率が劇的に上がっています。一方で、何に対しても「楽して〇〇する」というアプローチに私はどうしても違和感を感じてしまいます。これは「多様性」という概念への理解を深めるにあたっても言えることではないでしょうか。

例えば、この世に日本という1つの国しか存在しない世界を想像できますか?日本語がたった一つの共通言語となり、年功序列や集団主義といった独特な日本文化が世界の一般常識として認識されれば、もちろん「楽」でしょう。カルチャーショックなど、文化の差異によって生じる問題もなくなるわけです。しかし、1つの文化しか存在しない世界に魅力はあるでしょうか。日々の学びや気づきは多く存在する「多様性の軸」を持つ人との交流を通してやっと得ることができます。異文化理解には乗り越えなければいけないややこしく、複雑な障壁がたくさんありますが、それを乗り越えてやっと見ることのできる景色があるのです。

最後に

本書で紹介されている格差社会や多様性にまつわる問題は、実は日本でも重要視されるべきものです。世界規模で進むグローバル化に伴い、人種、国籍や宗教に限らず、ジェンダーなどといった新たな多様性の軸も生まれました。一方で、単一文化を重んじる日本は残念ながら、まだ多様性の分野において世界的プレセンスが非常に低い国として認識されています。特に少子高齢化による影響が懸念される中、「多様性」を尊重し、国として視野を広げない限り、将来日本を支える人力が数年も経たないうちに途絶えてしまいます。少しでも多くの人に本書を読んでいただき、ブレイディみかこさんの定義する「多様性」の魅力を感じ取っていただきたいです。異文化に対して積極性や好奇心を抱く姿勢が増えていくことを願っています。

S.Y. (Student Staff Leader)

Time is Passing Fast

Well February was a busy month for me, not because I had many shifts at the ICC during the holidays, but because there were also many other things happening.

Firstly, because time is moving on and I am going into my 2nd year of Graduate School, I feel as if I need to make the most of my time at Waseda, and at the ICC, meaning I want to work even harder. I am not sure if I am going to do Japanese job hunting yet, but this year I need to basically learn how job hunting works in Japan. Of course, I know the rules of what to wear and some of the manners but there are so many things that are different from my own country. For example, in Japan, everyone must do self-analysis (to find out what industry they are interested in) and write/prepare a PR statement that it meant to catch the interviewer`s eye. This concept is not so foreign to me, of course we must also explain why we want the job and how our strengths and weaknesses connect with the contents of the role, but the Japanese method feels a lot more detailed and requires more effort. Something I do not particularly like is that everyone basically wears the same thing and there aren’t many chances for individual applicants to show off their personalities (though this is slowly changing).

(and I recommend to take your C.V. photo at a photo studio like I did in Ginza, rather than using the photo booths at the station - Impressions are very important here!)

Another thing that happened is that I turned 24 years old. Naturally I had a good day spending time with friends, but it made me reflect a bit on my life. I am busy with university work, planning events at the ICC and improving my Japanese but there are also so many things I want to do. I studied in Korea before entering Waseda last year, and I have slowly forgotten many words and grammar patterns so I want to make a consistent effort to study a little every day, even if it is just 15 minutes. I learnt how to use Adobe Illustrator just so I could make better posters for our events and I really had fun, so I’ll continue to improve. Lastly, last year I learnt a little bit of programming so I want to fiddle around and make some small projects during my free time.

Sure, this might be a lot of work, it might even be too much work, but I think if you have the drive and willpower you can do anything! Rightly so, I am doing these things for my own satisfaction, but I am also doing them to make me more appealing when I inevitably do job hunting. I do not know if I will work in Japan, or what kind of job I will do but I hope I`ll be able to report back with good news later in the year! I hope job hunting will go well for everyone else, and they can get a job that they are truly happy in!

G.F (Student Staff Leader)

フランス留学体験記

Bonjour!

フランスへ留学のため半年間休職していたSSLのR.S.です。フランスの主要都市の中では最も南に位置するトゥールーズという街で留学していました。エアバスの本社がある街ということで耳にしたことのある方がいるかもしれません。

今回は、フランスへの留学記をICCブログで共有したいと思います。

◆個性豊かな地方都市

まずはヨーロッパ留学の醍醐味、旅行についてです。留学中はフランスの地方都市によく旅行しました。フランスには小さくて素敵な町が国内各地に存在します。それぞれの町が特有の料理、建築様式、言語を誇りにし、大切に継承しています。そのため、町ごとに体験できるものが全く異なり、旅行したい場所が尽きませんでした。私が留学していたトゥールーズ周辺には、フォワグラの産地であるオーシュ、ワインで有名なガイヤック、もっとも美しい村として登録されているサンシルラポピー、巡礼の地やチーズで有名なロカマドゥールなど素敵な地方都市がたくさんありました。実はトゥールーズ周辺のエリアは特に観光地ではありません。それなのにもかかわらず、このように個性豊かな地方都市がたくさんあります。フランスの地方都市の個性が強い要因は色々考えられますが、まず、各地方の伝統につき、地域をあげて公権力のもと、守ってきたことが考えられます。フランスの多くの地方都市ではフランス革命以後、国民国家成立の過程で地方自治体(コミューン)が図書館、劇場、音楽学校を設置して運営し、さらに地域の文化団体や学界への助成をおこなってきたという歴史があります。そして近代になってからは、1981年に文化大臣に就任したジャック・ラングにより、地域文化の活性化が図られました。それまでは保護すべき芸術・文化というとバレエ、オペラ、オーケストラ等上流階級の一部の人々の間のものという認識がありましたが、ラング元文化大臣が人形劇、オペレッタ、サーカス、料理といったように芸術・文化を幅広く定義し、保護の対象とすることで、地域文化は積極的に守られてきました。また、近年は人口2,000人以下で都市化されておらず、歴史的建造物・自然遺産を含む保護地区を最低2か所以上保有するなどの、厳しい条件をクリアした村を、「もっとも美しい村」として認定しています。こうした公的機関のバックアップのもとフランスの各地方都市の個性豊かな伝統文化が守られてきたと考えられます。

「リヨンの人形劇 ギニョール」

また、フランス人がどの層の人々も地域の伝統や歴史への理解が深い傾向にあることも要因として考えられます。よく、フランス人は週末に歴史書を読んで過ごすといいます。フランスでは日曜日に営業している店はほとんどありません。それは、キリスト教において仕事は神から与えられた苦痛であるという考え方があり、休む時間を非常に大切にするからです。よって、日本のように日曜日は町でショッピングということはなく、家やその周辺でゆっくりと休日をすごします。そのような時間があると、家族で郷土料理を作ったり、本を読んだり、博物館・美術館へ行ったりと、地域の伝統や歴史を学ぶ機会が自然と増えます。日本のように博物館やテレビを見るといったように、何か行動を起こして歴史を学ぶのとは異なり、前述したような休日の過ごし方を通して伝統文化に対して自然と愛着が生まれているのかもしれません。

◆魅力的な個人経営の店とフランス人のチェーン店嫌い

フランスは日本ほどチェーン店の立場が強くないです。一般に、フランス人はチェーン店を避ける傾向にあります。それについて留学中、現地の友人から何度も言われましたし、街で生活をしていて伝わってきました。現地の友人には、「町の中心にあるマックやスタバは観光客のためで、現地人は使わない。」と言われたことがあります。また、日本やイギリス、ドイツにあるようなファミレス文化はありません。街でファストフード・チェーン店の代表格のマックの内装やメニューを見ていると、ここまで努力しないとフランスで生き残ることはできないのかと驚きました。店の壁には、トゥールーズの古い時代の写真が飾ってあり、机やイスは落ち着いた色に統一されていました。また、メニューはサラダボウルやベジタリアン用のサラダラップのようなメニューが充実しており、環境や健康意識の高いフランス人の心を掴もうと手の込んだメニュー開発が行われていることが伝わってきました。フランスは個人経営の店が充実しています。町の中心部も個人経営の店がたくさんあり、食材は周辺で採れたものを集めたおしゃれな雰囲気の店や週3日ほど開催されるマルシェで買い、服やインテリアもデザイナーや製造場所が分かる形の個人ブランドが充実していました。一方で、日本で個人経営のレストランやブティックというと、中心街からすこし離れた場所で、お高そうで入りにくそうなイメージがあったり、逆に周辺住民のお得意さんしか行かないのではないかと思って入店を躊躇うことがあると思われます。

ただし、フランス人はただみんなと違う服が着たい、今この場所・時間でしか食べられないものが食べたいという個人の欲望のみに基づいて、そのような店を選ぶのではないと私は思います。フランス人はとても社会的意識が高いという国民性を持っています。トゥールーズでは毎週土曜日、教育、社会保障や労働環境を問題にしたデモが必ず起きていました。また、環境問題への姿勢は徹底しており、店でプラスチックストローやビニール袋をもらうことは全くありませんでした。こうした社会問題への意識の高さを考えると、彼らはチェーン店による大量消費・大量廃棄という社会問題を認識して、個人経営の店を選ぶ傾向にあるのかもしれないと考えるようになりました。

2013年バングラデシュにて、あるビルで劣悪な労働環境のもと、ファストファッションの製造がおこなわれており、そのビルが倒壊して多くの犠牲者を出したという痛ましい事故がありました。その事故を契機にヨーロッパの国々では、シーズンごとに大量で多様な種類の服が売り出される裏では、劣悪な環境で働かされている低賃工がいるという問題意識が広まりました。そのような問題に加担したくないという思いで、ちょっと値段は張りますが個人経営の店を利用しているのかもしれません。

◆オクシタニー地方トゥールーズへ行ってみませんか

最後に、留学先のトゥールーズの紹介をしたいと思います。トゥールーズはオクシタニー地方にあります。ハンドクリームの「L’Occitane en Provence」というブランドを聞いたことがありますか?駅ビルやショッピングモールでよく見かけることがあると思います。訳すとプロヴァンスのオクシタンという意味になりますが、それぞれ南フランスに位置し、東がプロヴァンス、西がオクシタニーに分割できます。ニースやマルセイユに代表され、フランスの天国のような人気観光スポットとして有名なプロヴァンス地方に対し、あまり観光のイメージがないのがオクシタニー地方です。ヨーロッパ人のバカンスには欠かせないビーチがないこと、そしてパリから離れているのに加え、パリとトゥールーズの間は山が多く、TGVの直通運転がないことが観光地としての発展のマイナス要因となっています。しかし、トゥールーズはフランス第4の都市ということで人口が多く、農業が盛んで、ワインやチーズの産地があり、活気あるマルシェや蚤の市が開催され、世界的に評価されているキャピトル交響楽団やバレエ団を有し、フランスらしいものを一通り経験することができます。また、エアバスの本社があり、コンコルドなど航空史上重要な機体の展示をする博物館もあります。

トゥールーズは航空産業に加え、パステルブルーとバラ色の街並みで有名です。周辺にはパステル交易で栄えた町がいくつかあります。ルネサンス時代、パステルブルーの染料を抽出する植物が採れるということで名声を築き上げました。街にはパステルを使ったスキンケア商品やスカーフなどを扱ったブティックがあります。また、パステル交易で富を築いたアセザ家の美術品のコレクションを展示した館が観光スポットとなっています。

フランスは一般に石造りの建物が多い中、トゥールーズ周辺は建物に適した固い石がとれなかったため、煉瓦づくりの建物がメインです。昔は煉瓦がオレンジ色だったそうですが、長い年月を経てピンク色になったということで、現在はピンク色の煉瓦の”La ville rose”(バラ色の街)と呼ばれるようになりました。フランスの中でも特にスペインに近く、冬も東京よりは暖かい街中には、テラス席の付いたレストラン・カフェがたくさんあります。バラ色の街並みに囲まれながら、現地の食材を使った郷土料理をテラス席で味わえたら、最高の思い出が作れると思います。

「トゥールーズの街並み」

「トゥールーズの郷土料理 カスレ」

「トゥールーズの市庁舎(キャピトル)」

ICCではお昼を食べながら言語を練習したり、互いの文化を学びあうランゲージ・ランチを定期的に開催しています。フランス語圏を対象にしたフレンチ・ランチもあります。ぜひランチイベントに参加して、サポーターたちの出身の街について色々聞いてみてください。

À bientôt!

R.S(学生スタッフ)

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén