月別: 7月 2016

「多様性」の架け橋

皆さんこんにちは!6月に学生スタッフになったばかりの一年生です。私がなぜICCに興味を持ったかというと、「身近な場所から文化の架け橋になりたい」という想いがあったからです。

 

その想いの発端は、学校の外で国境なき対話プロジェクトという団体を運営し始めたことにありました。そこでは、日本人と在日外国人が文化の違いを越えて心から繋がれるような場を作れるように学生メンバーのみんなと日々頑張っています!
そして、プロジェクトにかけた気持ちと同じように早稲田大学でも国際交流のお手伝いを出来れば良いなー、と思ってICCに応募しました。

 

中高時代は学校の規則が厳しく、自分がしたいと思うことを自由に形に出来る機会はあまりありませんでした。それもあって、早稲田に入ったら人一倍「行動を起こそう!」と心に決めていました。

 

ところで、私が早稲田大学を志望したのには一つの大きな理由があります。それは何かというと早稲田の”diversity”に魅力を感じたことです。ここには5万人を超える学生が通っていて、みんな出身地もbackgroundも違います。キャンパスでは留学生とはもちろん、日本人学生同士でも多様な文化を持った人々と交流することが出来ます。

 

でも、多様性とは国や文化の違いに留まりません。多様性とは本当の意味で一人一人の個性だと思っています。早稲田大学にはみんなが自分らしく輝く環境があります。

 

そんな「無門の門」らしい校風が大好きで、去年の11月あたりから「私には早稲田しかない!」という思いで受験を乗り切りました。

 

ICCの学生スタッフになった今、日々多くのdiversityに触れて、沢山のことを学んでいます。ICCでは、国際交流に限らずより広い範囲の多様性を大事にしています。
早稲田スピリットを持つみなさん、ICCのイベントに参加して同じ早稲田大学に通う素敵な人たちと繋がりませんか?

 

R. T. (Student Staff Leader)

What I got in Vancouver

These days, many students go to study abroad in many different ways and with different purposes. When I decided to study abroad, some people asked me, “Why are you going abroad besides studying English?” or said “You can study English in Japan”. Because I couldn’t answer these questions clearly, I started asking myself what my purpose is besides studying English. People often say that going abroad is to learn about the cultural differences but I didn’t understand what that exactly means. I didn’t know how my body would react when I actually experience it.

 

 

When I look back, I feel that I learned 2 things while I studied abroad in Vancouver.
First, I improved my English skill. In my first few months, I pretty much struggled to improve my English. Even though I studied from 9 am to 4 pm every weekday at an English language school, my English didn’t improve quickly. I had to be patient and make some more effort. For my English, I did two things. First, I recorded all the classes that I took and, listened to it once or twice after school. The reason why I did it is that I thought stealing vocabulary or phrases from other’s conversation would be a very efficient and practical way to improve English. Second, I just kept my eyes open wherever I went because new vocabulary was everywhere. It was on the train, in restaurants, even in washrooms. When I found vocabulary that I didn’t know, I looked into a dictionary or just asked somebody. Looking into a dictionary each time I found any new vocabulary was such a pain but I thought that is what everybody does. Also, I believed that even taking lots of small steps would bring me progress. When I was in Vancouver, I was really thinking what I can do for my English, so that gave me probably some skills and confidence.

 

 

Second, I broadened my horizons. Honestly, whenever I saw news happening in different countries, I thought it was too far away. Therefore, I had little knowledge about different countries. However, since I met a lot of actual people from those countries, the way I think about the world has changed. They told me what is happening right now, and I started to think of it on a personal level because they are my friends.

 

 

In conclusion, I think going abroad by itself doesn’t mean anything, but when you put yourself into a situation where you have to do something, you will become stronger. Also, by meeting and talking with new people, you can expand your interests, and make your life more beautiful.

 

 

YO(Student Staff Leader)

食べ歩き、馬場歩き。

みなさん、ワセメシは好きですか?
数え切れない美味しいお店がこんだけたくさん並んでいると
食べ歩きも卒業までずっと続けられそうな気がしますね。

 

入学してから目覚めた、早稲田の隠された魅力といえば
私は躊躇なくワセメシ!と言いたいです。

 

入学してからなんだかんだでせわしく過ぎ去っていく毎日。
最初は一人でドタバタしていたのですが、
冷やし中華!苺タルト!を連発してるうちに
最近はワセメシトモもできるようになりました。

 

オススメのお店に連れていったり、
私の知らなかった隠れた名店に連れて行ってもらったり。

 

私と同じ新1年生のみなさんも
ワセメシできる友達、できましたか??ICCのイベントに参加して
楽しい時間とワセメシの美味しさを
一緒に分かち合うのはいかがでしょうか?

 

私もいわば「コミュ障」ですが
ICCで働き始めてから治されつつあると思います。
最初は簡単なお問い合わせや対応できず苦労する毎日でしたが、
振り返ってみると「ありがとう」という言葉のために頑張るんだなんて、
「コミュ障」だった昔の自分とはまったく別人のようで驚きます。

 

ICCに入ってもう2ヶ月目になります。
短いといえば短い期間ではありますが、
私がICCで働くことを心に決めなかったら
今の友達と出会うことはなかったかもしれません。

 

キャンパスでのすれ違いがICCで友達になる。
こういう素敵な経験が、みなさんにも訪れるのではないでしょうか。

 

またワセメシの話ですが特に私が最近はまっているテーマは
(飯ではないのですが)スイーツです。
5限までこなして疲れ果てたとき、ショートケーキを一口。
これはまるで砂漠のオアシスですね。
みなさんのオススメのワセメシは、なんですか?

 

黄昏に染まる街並みを眺めながら馬場歩きしていると、
お腹も空いてきますね。
今日も食べ歩きしましょう!

 




H. K. (Student Staff Leader)

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén