2016年6月 のアーカイブ

MAY
2
4

The Busiest Time of My Life

I can safely say that the past 6 months have been the busiest time of my entire life on this planet. More busy than the three days and nights that it took to finish my dissertation when I graduated from University. More busy than my first big move when I started at University in my hometown. More busy than when I moved to China. More busy than when I moved from China to Japan with only two suitcases to hold every possession I had. Busier than anything else I have ever done, and it’s still going on. I’m beginning to think that this isn’t a busy “period” but what the rest of my life may actually be like. To be honest it has been very tiring but it has also been a lot of fun. Every day seems to bring a new challenge and life is never boring.

 

I am still getting used to using Japanese every day at work. It can be difficult and stressful sometimes but it is great practice for me and I feel like I learn at least 3 to 4 new words every day through everyday events. I feel like this is the type of job I have really been looking for in my life, something that gives me a variety of challenges and teaches me something every day. The ICC staff members have been very good to me, and I feel like I’m slowly becoming part of the team here. I don’t want to let my colleagues down and I do feel pressure from that, however it is not a bad kind of pressure but a kind that gives me motivation, that makes me want to come to work because I feel like what I do matters.

 

Personal fulfilment is something that we are all searching for. We find it in different ways and at different times, but one thing that makes it even better is sharing it with others. Working together and living together I think brings human beings closer to understanding one another. This is one reason why I enjoy working at the ICC, because it is a place that brings people together, whatever their nationality, under this roof they are one. By celebrating and sharing their differences and experiences, people are brought closer together. Seeing the younger people smiling and talking together, working hard together on things, reading and broadening their minds. It brings me great hope for the future, and it makes me passionate about helping them achieve their goals.

 




C. W. (ICC staff)

MAY
2
4

カラフルな世界

皆さん、こんにちは。新入職員のATです。LGBTという言葉をご存知でしょうか?女性として女性を愛するLesbian(レズビアン)、男性として男性を愛するGay(ゲイ)、男性女性両方を愛するBisexual(バイセクシュアル)、心の性と体の性が一致していないTransgender(トランスジェンダー)、以上4つの頭文字をとった、セクシャルマイノリティーを指す言葉のひとつです。先日、ICC共催イベントの一環として、学生さんがLGBTに関する活動を行っているのを見て、私の学生時代を思い出しました。




(カラフルな風船を使いLGBTの活動をする様子)

 

 

私はセクシャルマイノリティーと呼ばれる人々に対して理解がある人間だと思っていました。しかし、そうではなかった。日本の大学でのジェンダーに関する授業で、ゲスト講演を聞いたときに衝撃を受けました。そのゲストの方は、ご自身を女性でもあり男性でもあると理解しているとおっしゃったのです。その時に初めて、「性別」というものは「男」と「女」と単純に切り分けられないと知りました。まだまだ、私は無知だったのだと痛感しました。
その後、アメリカのポートランドというところに留学しました。そこで、仲良くなった友人に、「友人を紹介するね」と言われ、紹介された人は2人の男性。二人は初対面の私に、「よろしくね。僕たち、恋人同士なんだよ。」と、言ったのです。私は、テレビ以外に堂々としている男性カップルを初めてみました。その後も、友人や町の人たちの様子を見ていても、セクシャルマイノリティーと呼ばれる人たちがオープンにしている光景をよく目にしました。実はポートランドは、LGBTフレンドリーな町なのです。
日本もポートランドみたいに、どんな人も堂々と生きていける社会にならないかな、そう思いながら職員となった今、ここ、国際コミュニティーセンター(ICC)でLGBTへの取り組みを知りました。それが、「LGBT ALLY WEEK」です。

 




(交流カフェで使用したポスター)

 

 

このイベントは5月22日までですが、ICCはこれからもLGBTのALLY(アライ=支援者・理解者)であり、キャンパスにおけるダイバーシティーを推進し続けていきます。LGBTについて理解できている人が増えれば、世界はもっと豊かになるかもしれない。もっと鮮やかな、カラフルな世界になるかもしれない。ICCの活動を見て、私も、「LGBT」についてもっと勉強したいなと思いました。

 

 

AT(Trainee Staff)