月別: 10月 2014

自分の国が好きすぎて

何年か前、キルギスを旅したときのお話です。
・・・ってどこにあるかわかりますか? 
ウズベキスタン、カザフスタンの近く、中央アジアと呼ばれる地域です。

 

天山山脈越えの騎馬トレッキングが旅のハイライト。
銀行強盗風(!)の本気の日焼け防止対策をしましたが、
かの地の強い紫外線に負け、久々に鼻の皮がズルむけてしまった旅でした。

 



 

現地で、日本語ガイドや日本語教師を務めるキルギス人と知り合いました。
日本語のプロにむかって「日本語上手ですね」は、かえって失礼な
褒め言葉だと思いつつ、本当に知的な日本語を話すなあと感心。

 

いろいろ話を聞いてみると、数年前、キルギスでただひとりの枠という
国費留学生の試験に受かり、あとは日本大使の面接を残すのみというところで、
研究テーマがひっかかり、残念ながらご縁がなかったのだそうです。
その希望留学先はなんと早稲田大学!!
こういう人に留学してきてほしかったなあとしみじみ思いました。

 

印象に残っている台詞があります。

 

「僕はキルギスを紹介するような仕事にはむいてないかもしれません。
 なぜなら、自分の国が好きすぎて、悪いことしか言えないからです。
 この国にもっともっとよくなってほしいから」

 

日本人も、自虐的な自国批判が好きな方だと思いますが、
そこに自国への愛はあるでしょうか?

 

さらりとこんなことが言えてしまうところがとってもすてきだなと
思ったのでした。

 




冬も凍らず、水の透明度が高いイシククル湖。
大きさは琵琶湖の約9倍!

 




市場のフルーツ

 

今回、ICCでフィーチャーするのは、キルギス、ではなく
隣国、カザフスタンです。
すてきなカザフ人留学生たちに会いに来てください。

 

ICC カザフスタン・フェスタ~”中央アジアの雄”の魅力に迫る~

 

11月11日(火)18:15~です。

 




キルギス・カザフスタン国境

 

YH(ICC Staff)

油断大敵

こんにちは。
ベトナムから来た新SSL(学生スタッフリーダー)です。
これは私の初めてのブログ。
日本語の先生が教えてくれた「油断大敵」という言葉について書きたいと思います。

 

私は3年前に日本に来ました。
もともと語学が大好きなので、高校1年生から英語以外の言語を
もう一つ喋れるようになりたいなと思い日本語を勉強し始めました。

 

全然大したことではないのにただの自己満足に聞こえるかもしれませんが、
高校2年生の時に日本語能力試験2級レベルに合格しました。
(そのおかげで奨学金がもらえて、日本に留学できました!)
ベトナムにいたとき、一年間ハノイ大学日本語学部に所属したこともありました。
すでに3年間日本語を勉強した私でしたが、学校の制度で飛び級できず、
「あいうえお」からもう一回勉強しました。
授業が眠くて、日本語を勉強するモチベーションがなくなりました。
日本語の勉強でだんだんわからないものが少なくなり、
日本語は不自由なく使いこなせるようになったと自分も実感していました。

 




ハノイ大学で

 

日本で、初対面で日本人と話すとき、「Hちゃん日本語うまいね!
もうわからないのはあまりないでしょ!」とよく言われます。
それをきいて「いやいや、まだまだです」と日本人っぽく答えましたが、
実際はすごくうれしい。
早稲田大学で、ほかの留学生は第二外国語がほとんど日本語ですが、
私はあえて日本語を選ばないで中国語にしました。

 

自分の中でももう日本語は勉強しなくていいでしょうと勝手に思ってしまいました。
新しい言葉があっても飛ばして、文章の全体像だけわかればいいと。
細かいところは面倒くさいからきちんと辞書で引かず文脈から推測し、
なんとなく意味を理解すればいいんじゃないと。
それは確かに中級レベルや準上級レベルにいたときとても役に立ちました。
そのおかげで、語学力も速いスピードで伸びました。
しかし、現在の自分の日本語能力はもはや全体像の理解だけだと自分に甘すぎる。
現在の日本語能力と一年前の能力はあまり差がないということが気付きました。

 

勝手に自分は日本語がうまいと思い込んで、
日本語を真面目に勉強しなかった自分が悪かったです。
日本に来てから3年間油断してしまって自分は情けなかった。
「Hちゃん日本語うまいけど留学生だからこの言葉使ってわかるかな」
とみんなを心配させたくないです。
言語はコミュニケーションのツールで、自分が言いたいことが
伝わればいいだけじゃ足りないと思います。
伝えたいことを面白く、相手と楽しく話せるようになりたいと思います。
全体像だけでなく、細かいところまで理解し自由で面白く自分を表現したいです。

 

もう日本語が不自由なく話せるようになったし、うまいとよく言われるから
勉強しなくていいという油断した自分を卒業しました。
これからは自分の上達余地をさらに開拓し、一留学生としても、
そしてSSLとしても成長できるように頑張ります!

 



 

KH (Student Staff Leader)

Study Abroad

Wow, time flies by fast.

 

It feels as though I had just walked into the ICC office yesterday
and turned in my student staff application form, and here I am now
one year later working my last shift (for now).

 

I am one of four ICC Student Staff who will be studying abroad
to schools in Canada, The United States, Indonesia, and Malaysia.
(Guess which one I`ll be going to)

 



 

As a result I will be on leave for the Fall semester and will
return in the Spring.

 

Looking back, this past year at the ICC has been one hell of a ride.
I`ve met so many new people, travelled to new places, faced new
challenges, and more importantly became further aware of my own self.

 

During my time studying abroad, I plan on eating lots of good
food, making new friends, and of course continuing to challenge
myself and grow. I, however, will not be the only one growing
during my time abroad, as starting from this semester ICC will
be moving to Waseda`s newly constructed building #3. On top of that,
since four of us SSL will be absent, there may be some openings
for new SSL (wink* wink*).

 

So for all of you new September entry students, definitely check
out the new ICC office and events (as I won`t be able to).
And for all of you students currently at Waseda, try not to miss me too much!

 

Until next time, jumpa lagi!

 

EM (Student Staff Leader)

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén