月別: 6月 2014

外国語を学ぶのは、何のため?

初めまして、早稲田大学新入職員のMAです。
先月、ICCにて研修をさせていただきました。

 

突然ですが、皆さんは何語を勉強していますか。
何のために、外国語を学んでいますか。

 

私が最初に学び始めた外国語は、英語でした。
なぜ、英語を勉強しようと思ったのか。
今日はそのお話をさせてください。

 

私は、小学校1年生から4年生までインターナショナルスクールに通っていました。

 



 

といっても、夏休みの2週間だけだったのですが。
これが、私にとっては大きな経験でした。

 

そのプログラムでは、子どもたちがクラスごとに、様々なアクティビティに取り組みます。
各クラスには、高校生、あるいは大学生のカウンセラー(世話役)が2人ついてくれます。
私は、このカウンセラーに大いに憧れたのでした。
彼らは、日本語を話す私たちとは、日本語で話します。
一方、カウンセラー同士では、英語で話します。
自分にはわからない言語を話すこと、
二つの言語を自由に使い分けていること。
この格好よさに感銘を受けたことが、英語を勉強し始めるきっかけとなりました。

 

そして、以後しばらく、将来の夢は「アメリカンスクールの先生になること」でした。
このときの夢と、今の仕事は近からず遠からず。
将来の進路で悩んでいる方は、子どもの頃の夢を思い出してみてください。
思いがけないヒントが見つかるかもしれません!

 

…話を本題に戻します。
私の英語学習の目的は
「英語と日本語の両方を使いこなすこと」、ひいては
「日英両言語を使って仕事をすること」でした。
(この目的を今達成できているか、できていないかは、ここでは言及しません…。)
数日前にICCに来て、
“英語を学ぶこと自体が目的になっていないか”
“本当の目的を忘れていないか”
と、考えさせられました。
そして、英語を話せるようになることがゴールじゃない。
英語を使って何をしたいかが重要だと改めて感じました。

 

ICCは、国際交流の場と捉えている人が多いと思います。
その通りなのですが、ICCが果たす役割は、単なる「交流の場」を超えています。
国際交流を通して、何かを考えさせてくれる場。
私はそう思います。

 

外国語を勉強しているけれど、その目的と言われると、ちょっと…という人も
その外国語が好きだから勉強している、けど、目的があったらもっと頑張れるかもという人も
ICCのプログラムを通して、学びの目的を見つけませんか。

そして、目的を意識して学ぶことを楽しんでください。

 

私も、皆さんの学生生活をより良いものにするという目的を持って、働いていきます。

 

MA (ICC Trainee Staff)

歌に込めた想い

日本の歌をこよなく愛する外国人が世界各国から来日して歌唱力を競い、
世界一日本の歌が上手な外国人を決定する、というTV番組をご存じでしょうか?

 

そう、クリス・ハートさんデビューのきっかけともなった、
「の○じまんザ・ワールド」です。

 

個人的にこの番組がけっこう好きで、不定期の放送を楽しみに
しているのですが、その早稲田版がこのたび実現しました!

 

ICC留学生カラオケ・コンテスト ザ・ファイナル
~世界のワセダ、歌でつながるコミュニティ~

 

本選に先立ち、先日来3回にわたって予選会が行われたのですが、
51組のこころに響く歌声に、本気で感動してしまいました。
涙をこらえるのにちょっと苦労したぐらい・・・。

 

日本人が日本の歌をうたうのとちょっと違うかなと
感じるのが、やはりその「想い」です。

 

日本語を勉強しようと思ったきっかけ、
日本に留学しようという決意、迷いや不安、
早稲田を選んだ理由、
お気に入りの日本人アーティスト、
初めて友達と日本のカラオケに行った思い出、
そして、祖国で待っている家族たち・・・。

 

そんなさまざまな想いが歌声に乗って心にぐっと
伝わってくる気がするんですよね。

 

当初8組で行うはずだった本選、あまりの強者揃いに
どうしても選びきれず、12組の出場となりました。

 

皆さんぜひ、この早稲田で学ぶ留学生たちの歌声に
込められた”想い”を感じにきてください。

 

6月25日(水)18:15開演です。
小野記念講堂でお会いしましょう!

 



 

YH (ICC Staff)

Sweet Tooth

Ever heard of ‘sweet tooth’?

 

It is a phrase used to describe a craving for something sugary
or sweet.

 

Yeah, I have a sweet tooth.

 

I love almost all things sweets: particularly, candies,
chocolate, cakes, and doughnuts.

 

I want to share with everyone a few of my secret sweets that
will turn even the most bitter people into the sweetest
human beings!

 

A type of candy that I have always loved since I was little is
jelly beans. Jelly beans are widely popular in North America
and it even has a place in the US oval office! My favorite are
the original flavors from the brand Jelly Belly that is one of
the most well-known candy distributors around the world. Jelly
Belly jelly beans are colorful and have a variety of flavors
that any one can enjoy. Personally, I like to always have a
bag of these jelly beans at home and grab a handful after a
long day at school or when I feel sluggish.
Out of the 50 original flavors there is just one flavor that I
dare not eat ever and that is the licorice flavor. I used to
leave just the licorice flavored beans in the bag until my mom
scolded me for‘wasting’ food. So I tried to accept it just
like the unforeseeable inevitable things in life that leaves
your mouth bitter. To rephrase our dear friend Forest a little
bit, “Life is like a bag of jelly beans, you never know which
flavor you’re gonna get”.

 



 

Chocolates and I go way far back than jelly beans. A member of
my family was addicted to Snickers ever since I was a baby and
this person who shall remain anonymous eventually transitioned
to Mars. In essence, I was trained in chocolates ever since I
was a kid. Then, I had a taste of See’s Candies chocolates. It
was all things good in life stuffed into a box of chocolates.
It tasted heavenly but was addictive like hell. It quickly
became a must-have item in our household. How bad did it get? We
had See’s Candies chocolate every floor of the house.I moved to
Japan, but See’s Candies will never leave my side, at least for
the foreseeable future. Thank you, See’s Candies Ginza store!

 



 

And then there are the cakes. I thank my mother for this
particular sweet tooth. When I was a child unknownst to the
temptations of cake, she was working on getting her baking
license. The result were cakes after cakes and me having to
taste all of them. This was when I opened my eyes to the
wonderful world of tiramisu.
Tiramisu is italian for‘lift me up’ and boy does it really get
you up whenever you have put a piece of it in your mouth. It
is made up of savoiardi, or better known as ladyfingers,
dipped in coffee, layered with a mixture of eggs and
mascarpone cheese, and topped with cocoa powder. It is best
served slightly cold and it will melt inside your mouth,
leaving only the desire to take another bite of it. Before
you know it, there won’t be even a trace of it left on your
plate.

 




“Mmm… donuts” – Homer Simpson

 

If we are talking sweets, we can’t forget doughnuts. There is
a reason why doughnuts resemble halos. When it comes to sweets,
doughnuts are the holiest of the holy. It may just be that god
dropped his halo and it turned out to be doughnuts… It’s a
stretch, I know, but that is just how much tasty doughnuts are.
I am sure many people are familiar with what doughnuts are and
what they taste like. There are a lot of shops that sell
doughnuts everywhere these days, proving just how widely
popular this great circle of sweet is.
Yet, you haven’t tasted doughnuts or to put it more bluntly,
you don’t know doughnuts unless you have tried Krispy Kreme.
Krispy Kreme’s original glazed doughnuts are the epitome of
doughnuts. If there is a hierarchy in the doughnut world,
the original glazed would be in the very top of the order.
Once you’ve familiarized yourself with the original, Krispy
Kreme offers its varieties. Each of the variety offers
something that the others do not and some of them carry a
special surprise inside in the form of fillings. Krispy Kreme
are always oven-baked hot and maintain the best quality that
leaves you smiling and grabbing for more.

 



 

I have introduced just a few of my cravings when I have a sweet
tooth. As wonderful as they are, it’s important to balance it
out when you are enjoying sweets. Too much of a good thing,
even if they are that heavenly, can be a bad thing. No matter
how good something is, too much of it will make you sick and
these are no exceptions. So always make sure to watch your
sugar intakes and don’t forget to brush your teeth afterwards!

 

EY (Student Staff Leader)

日本を知らない“純ジャパ”!?

―大学2年生の春休み―
はじめての関西!わくわく♪と京都に降り立った私

 

しかし!何かだるいー気持ち悪いーと思って熱を測ると…
38.9度。。。

 

がーん( ̄□ ̄;)
5日間で、大阪・京都・奈良・伊勢神宮を周る予定だったのに…
(無茶しすぎな弾丸旅行ということは、気にしないでください!笑)
これじゃあホテルで休むしかない(泣)と
凄ーくがっかりした私の気持ちをお察しください。

 

そもそもなぜ私がこんな弾丸で関西旅行をプランしたのかというと…

 



 

このポスターがきっかけなんです!

 

これは、伊勢神宮の式年遷宮(しきねんせんぐう)のポスターです。
式年遷宮とは、神宮の建物を新しく建て直すとともに場所を遷し、
さらに殿内の宝物もすべて新調するという壮大なお祭りで、20年に一度行われます。
ちょうど、去年(2013年)に式年遷宮が行われました。

 

恥ずかしいのですが、このポスターを見るまで、
日本で生まれ育ったいわゆる“純ジャパ”の私ですが、
日本文化の象徴とも言える伊勢神宮に参拝したこともなければ、
「式年遷宮」という言葉も知りませんでしたし、
京都はおろか、関西にも行ったことがありませんでした。

 

しかも、このポスターを作成したのは、なんと…
インド出身のクリエーターなんです!!!
そして、

 

  式年遷宮は日本の一番大事なお祭りであるはずなのに、
  そのことを知らない日本人がいることに危機感を覚えた。

 

との彼の言葉に愕然としました。

 

日本人なのに日本を知らない…

 

このままじゃダメだと思い、
日本文化を学ぼうと関西に行きたいと思い立ったわけです。

 

ということで、一日はホテルで休養して、伊勢神宮に参拝してきました!
あいにくの雨でしたが、雨が神秘的な雰囲気を際立たせているような気がしましたし、
私の風邪を治してくれるようなパワーも感じました!
実際、参拝後は無事風邪が治り、旅行を続けられました♪

 

そして…
日本を知らない私を変えるきっかけとなったポスターを制作した
インド出身クリエーターのマンジョット・ベディ氏が、
6月18日(水)に早稲田大学で講演してくださいます!
実は、日本文化の象徴とも言える伊勢神宮の広報に外国人が携わるのは、
前代未聞のことだったそうです。

 

ベディ氏はトヨタの世界各国でのコミュニケーション戦略を任されるなど、
世界中を飛び回ってお仕事されています。
貴重な機会ですので、ぜひ足をお運びください!

 

KM(学生スタッフリーダー)

ユンノリは楽しい!

こんにちは。
ICC唯一の韓国人学生スタッフです。

 

今日は韓国ならではの伝統ゲームを紹介しようと思います。
その名も「ユンノリ」!
韓国語では「윷놀이」と書きます。

 

みなさんはこのゲームについて聞いたことがありますか?
韓国でよくお正月に家族や親戚が集まってやる伝統的ゲームです。
(私も小っちゃい時によく家族とやってました!)

 

最近はスマートフォンのアプリゲームでもよく見かけます。
実はわたしもこの間までハマっていました(笑)

 

そのやり方ですが、
まず、チームを組んで①ユッカラクを投げます。
そして②ユンマルを動かします。
最終的にユンマル2コが先に③ユッパンから抜き出たチームが勝ちます。

 

①ユッカラク:4本の木の棒(サイコロのように使う)
②ユンマル:ユンノリでの駒
③ユッパン:ゲームボード

 

ユッカラクを投げて、以下のように
出たユッカラク(表・裏)によって駒を動かします!

 




(イメージ出処:http://ko.wikipedia.org)

 

駒を動かす時、進もうとする所に相手の駒があるとその駒を捕まえることができます。
そして、捕まえられた相手の駒は盤から追い出されます。
相手の駒を捕まえた時にももう一回ユッカラクを投げます。

 

但し、「ユッ」や「モ」で捕まえた場合は投げられません。
自分の駒を動かす時、進もうとする所に自分の駒があると
その駒と合体することもできます。

 

ちょっと難しいように感じますが、
実際やってみると本当に盛り上がるんです!

 

4月のICCコリアン・アワーで、みんなでユンノリをやったときの様子です!(下)

 



 

「そうは言うけど、やっぱりルールが複雑そうだな…」と思っているみなさん!
6月10日(火)のICCコリアン・ランチ
その遊び方と魅力についてお話ししますので、ぜひいらして下さいね!

 

SK (Student Staff)

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén