2013年3月 のアーカイブ

MAY
2
4

LCCデビュー

悲惨、いえ、飛散三兄弟(花粉、黄砂、PM2.5)が飛び交う今日この頃、
皆さん春休みをエンジョイしてますか?

 

春休みと言えば、学生の皆さんはあちこち出かけますよね?!
旅行とか、留学とか、帰省とか!

 

以前は安い交通手段というと、青春18切符が定番で、次が夜行バス?
あ、もちろんヒッチハイクという手もありますけど、
なにかと物騒な昨今、これはなかなかリスキーですよね。

 

でも今はやっぱり、格安移動手段と言えば、LCCでしょうか。
曜日や時間をわりと自由に選べる学生なら、笑っちゃうぐらい
安くいろんなところに行けますよね。
北海道に990円とか、フィリピンに1万円とか!

 

もしも今自分が学生だったら、それこそ、LCCを使い倒すだろうな~。

 

私自身、あちこち旅行するものの、今まで利用機会がなかった格安航空会社ですが、
同じ関西出身の学生スタッフから、「今度僕、LCCで帰るんですよ」と聞いて、
あ、そうか!と思い、先日、初のLCC国内線にトライしてきました。

 

キャリア:ジェッ○スター
路  線:成田―関空
用  途:帰省

 

朝7時発のため、成田空港近くのホテルに前泊です
(宿泊費を合わせても、まだ通常の便より安い!)
実家にたどり着くのは翌日だけど、一日早く帰省が始まったような、
ちょっとした旅行気分、、、

 

でも実際、夜遅く、JR成田駅からホテルの無料バスで暗い夜道を進んでいくと、
いったい私はどこに行こうとしているんだろう?という気分になってきました。

 

ホテルは早朝チェックアウトのこれまた格安プランだけれど、
それなりに広くきれいな部屋で、過不足なく、満足満足。

 

翌朝もホテルのバスで空港に向かいます。

 

ここでひとつ不安材料・・・。
ご存じ、格安航空会社は荷物の持ち込み制限にけっこう厳しいです
(とWEBサイトに書いてあります)

 

持ち込み荷物のサイズはきちんとメジャーで計りました。
キャリーケースと手持ちのバッグ「合計で」10キロ以内?
ちゃんと両方を持って体重計にのって計量も済ませました(9.6キロ!)

 

でも何かの間違いで、空港であらためて計ったら、
「あ、あなた、200グラムオーバーです。追加料金5千円ね!」とか
言われたら、LCCの意味がなくなる~。どきどき。

 

実際は、WEBチェックインを済ませていたので、
ノンストップで搭乗口まで。
「あ、そこの荷物の重そうなアナタ!」なんて声もかけられませんでした。
ほっ(^_-)

 

羽田空港ではメジャーなAN○やJ○L以外の航空会社だと、
搭乗口からバスに乗って延々滑走路を移動させられますが、
成田空港国内線ではそんなこともなく、搭乗はいたってスムーズで、気持ちのいい定刻出発!
早朝の春の空から、迫力ある富士山がめったに見られない上からのアングルでばっちり見られました。

 

ひとつ、ちょっとだけ違和感があったのが、英語の機内アナウンス。
乗務員紹介がファーストネームオンリーだったこと。

 

(英語で)「本日の機長はヒトシ(仮名)、チーフパーサーはマユミ(仮名)です」

 

なぜだか聞いててちょっとだけ恥ずかしかったです。
これが、英語の名前で、マイケルとステファニーなら違和感ないのかなあ?

 

私より先にLCCで帰省するはずだった学生スタッフのAW君は、
突如フライトキャンセルの憂き目にあったようですが、
私は無事LCCデビューを果たしました★

 

学生の皆さんは今こそその自由な身分を活かして、国内外問わず、
LCCを利用して身軽にあちこち旅されてはいかがでしょうか?!

 

YH (ICC Staff)