月別: 12月 2011

2度目の卒業

フルタイムスタッフのYTです。
ICC設立以来、ずっとICCで頑張らせていただきましたが、
ついに今月末でICCを卒業することになりました。

 

思い返せば5年前、ICCとの縁は思いがけず始まりました。

 

久々に訪れた母校の近代化した校舎やタテカンが一掃された美しい
キャンパスに戸惑いつつも、この5年間はさぼることなく
意気揚々と大学へ通いました。学生生活を支えるバックオフィスには
むかし気付きえなかった発見と驚きがいっぱいでした。

 

そして文字通り言葉では言い尽くせないほどの経験をさせてもらいました。

 

個人的にICCのホームページをリニューアルしたことや
オフィスが25号館から7号館へ移転したこともビックイベントでしたが、
それよりも何よりも本当にたくさんの在校生と触れ合えたことが
私にとっては貴重な経験でした。

 

若い感性に触れ、刺激を受け、気持ちもちょっぴり若返り、
笑いあり、ため息あり、感動あり、学びありの毎日を過ごせました。

 

目の前のことに、その先のことに一生懸命になると
時間はあっという間に流れるんですね。
今日は7号館1階のオフィスで最後のブログを書いています。

 

最後にひとことだけ……

 

大学の一機関にICCという国際交流センターがあるなど、
比較的恵まれた環境にいる早大生ですが、卒業したとたんに
どれだけ無限の可能性が大学内に転がっていたのか、
はたと気づく瞬間がやってくるかもしれません。

 

そして、もしかしたらちょっと後悔するかもしれません。

 

「あぁ~。あの時にこうしておけばよかったぁぁぁぁ!」

 

そんな声をあげないためにも、いまというこの瞬間を大切に、
自己の可能性を広げ、そして早大生に与えられたチャンスを十分に生かして
短い学生時代を謳歌して、卒業して欲しいと思います。

 

最後になりますが、これからはいち卒業生として陰から(日向から?)
早稲田を応援していこうと思います。

 

ICCと早稲田大学にはたいへんお世話になりました。
ありがとうございました。

 

YT(ICC Staff)

何かせずにはいられないでしょう?

わたしは何となくボランティアが身近な環境で育ちました。
通っていた学校がそういった活動に熱心で、
フィリピンの子供の就学支援、日本の乳児・児童養護施設支援、物資・衣類支援・・・
いろいろな活動をしていました。

 

その流れで、小中高と宗教委員やボランティア委員をやり
他のクラスメイトよりはボランティアに深く関わっていました。
そのとき、いつも感じていたことがあります。

 

「あぁ、どんなにがんばっても私は向こう側の人にはなれない。」

 

訪問先の施設で、あるいは講演で出会った人たち。
自分のすべてを投げ打って、困っている人のために働く人たち。
そういう人にわたしはとても憧れたけれど、決してそうなることはできないと
鈍くて重い痛みとともに感じていました。
わたしは暖かい布団でごろごろするのが好きです。
友達とおしゃべりしながら呑むのが好きです。
好きな舞台を観に行くためなら、福沢諭吉とは縁を切ります。
全部どこかにほかすなんてとてもじゃないけど、できそうにありません。

 

自分自身の矛盾と向き合うなんてあまりにもしんどいし、
そんなしんどいことを好んでするほど誠実な人間では無いのです。

 

そんな経緯もあって、高校卒業とともにボランティアから足を洗ったのに
今回、 ICC×JICA 国際ボランティア連続セミナー「国際協力というシゴト」
第三回ゲスト:投資振興シニアボランティア(派遣先:チュニジア)
※2012年12月に開催されたイベントです。
に参加して、現状ある問題に正面から向き合うスピーカーの方のお話を聞きました。



早稲田大学第一政治経済学部をご卒業後、日本経済新聞社で海外各地に駐在され、
世界の問題を目の当たりにした彼は、70歳を目前にチュニジアで、
開発省所属の政府機関である外国投資振興庁で2年間尽力されました。

 

きっかけのひとつとして「笛を吹いても踊らない学生」があったそうです。
名古屋の大学で教えておられた吉田さんは
どんなに発破をかけても、世界に出て行かない学生にしびれを切らしたそうです。
早稲田にはむしろ進んで踊る学生がたくさんいると感じていますが
自分自身を振り返るとなんとも耳の痛い話でした。

 

これから自分がどうやって生きていくかは分かりませんが、
問題から課題を見つけて、こつこつと前に進める人でありたいなぁと。
ちょっと意識を変えてくれたイベントでした。

 

「だって世界にこんな現状があると知ったら、何かせずにはいられないでしょう?」

 

そう言える人にわたしもなりたいと思います。

 

HS(学生スタッフリーダー)

ルワンダカフェができるまで

みなさん、ルワンダという国を知っていますか?
タンザニア、ウガンダ、コンゴ共和国に囲まれた東アフリカの小さな国です。

 

ICCでは12月21日(水)にルワンダ人学生5名を招いて、ルワンダ・カフェっていうイベントをします。
ルワンダコーヒーを飲みながら、ルワンダ人とおしゃべり。そんなイベントです。

 

このイベントを開催することになった経緯をお話ししたいと思います。

 

たまたま学外のイベントで知り合った男の子がいました。
彼はたまたま早大生でした。

 

私:「よく海外に行くの?」

 

そんな話をしていました。

 

彼:「あぁ、アフリカとか結構行くんだ。ルワンダとかね」

 

はぁ?!アフリカ?!ルワンダ?!
今年の夏にWAVOCのプロジェクトでケニアに行ったばっかりの私はすぐさま食いつきました。

 

彼はたまたま日本ルワンダ学生会議(在日ルワンダ大使館・WAVOC公認プロジェクト)の
代表だったのです。

 

偶然にも、私は1年生の時にルワンダに行ってみたいなーと思い、
実はその日本ルワンダ学生会議が行っている渡航説明会にも行ったことがあるんです。

 

そこで「あー!実はその団体に入りたかったんだー!」と初対面にも関わらず
話がめちゃくちゃ弾みました。

 

なんていう運命的な出会い・・・。
出会いというのは不思議なものですね。

 

世界の民族紛争や、ボランティアに関心のある人、またはWAVOCファミリーには
知識や関心のある人も多いだろうけど、これはぜひICCでも取り上げて、
ひとりでも多くの人に関心を持ってもらえる機会を作りたい!
それも、ICCならではの気軽なカフェ・スタイルのイベントで、ルワンダ人学生たちと
早大生がカジュアルに話せる場を創りたい!
・・・と思い、今回このイベントを企画しました。

 

そんな私がどうしてルワンダを知っているかというと、受験生の時にやった国語の
過去問に出てきたからです。
「虐殺があった後に、どのようにして2つの民族間での和解が進められたか」という
内容の現代文(懐かしい響き・・・)でした。
その過去問でなかなかいい点数が取れたし、恥ずかしながらも虐殺について知らなかったので、
その後自分でホテルルワンダという映画を借りて観て勉強しました。

 

94年に起きた大虐殺で知られるルワンダですが、その後のことはあまり語られていません。
今はなんとアフリカでもっとも人口密度が高い地域で、かつ、2010年の経済成長率は7.5%だそうです。
ルワンダは日本からすごく遠い国。ルワンダ人と知り合うこともめったにありません。

 

ルワンダの大学生ってどういう生活を送っているんだろう?
どういう夢を持っているんだろう?
そういう素朴な疑問を直接ルワンダ人に聞いてみませんか。

 

★当日はおいしいルワンダコーヒーも提供されます★
ICC今年最後のイベント「ルワンダ・カフェ」(12/21)でお待ちしています。

 

AS(学生スタッフリーダー)

‘Tis the Season

It’s that special time of year again.
The time when once every December a certain large and heavy someone
in colorful wear comes to provide goodies to girls and boys from
all over the world. Yes, I know you’ve been anticipating it all
year and it’s finally here again: the sumo wrestlers are coming to help make mochi at Waseda.

 

You might have eaten mochi before, you might have even made it the
old fashioned way before, but I guarantee you haven’t done it like
this before! (unless of course you came last year…).
Making mochi in the Japanese garden at Waseda University with sumo wrestlers,
does it get any more Japanese than that?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

You really have to hand it to these sumo.
They don’t just take a break from practice and eating to come
to make mochi with international students, they come and do it in full sumo wear!
That is to say, the sumo belt called mawashi. That’s it. Yes,
in the freezing weather, there they are, in front of a crowd of onlookers,
swinging a large wooden mallet around wearing nothing
but their wrestling bottoms. I’d say that takes a lot of courage but then again,
who’s going to mess with a sumo wrestler? It’s one of the best photo
ops you’ll have in Japan, be sure not to miss it.
Topping it off, you get free mochi and hot soup, and you can even join
the sumo wrestlers and try swinging the hammer yourself.
But please, leave your mawashi at home.

 

JM(ICC Staff)

マダガスカルといえば…

ガーナといえばチョコ、
キリマンジャロといえばコーヒー、
マダガスカルといえば、ナッツ、
あ、ちょっと違った、それはマカデミア。

 

でもマカデミアって何?

 

 -オーストラリア原産のヤマモガシ科の常緑高木マカデミアの実。

 

ですって。

 

あらため、

 

マダガスカルといえば、

 





バオバブ?

 



ワオキツネザル?

 



横っ飛びザル?

 



自然や動物の魅力もさることながら、
これまで旅したアフリカのどこよりも、「ザ・アフリカ!」的な光景が見れた島でした。

 



、、、TOKIOのYくん?

 



この笑顔!!

 

マダガスカルの小学校で教鞭をとっていたこの先輩も、
きっと数々の美しい風景、数えきれないキラキラ笑顔に出会ってこられたことでしょう。

 

そしてもちろん、旅行者では決して体験しない、トラブルや苦労に
その分濃密な人間関係、愛着、絆・・・。

 

明日土曜日(12/3)午後1時から、
ICC×JICA 国際ボランティア連続セミナー「国際協力というシゴト」
第二回開催。ゲスト・スピーカーは、早大教育学部出身の小学校教諭です

マダガスカルのお話、聴きに来てください。

 

YH (ICC staff)

The Child In Us

When did you stop being a child? Have you, or is there still a child in you?
If we call ourselves adults, does that mean that we are not children anymore?
Why can’t somebody think as an adult, but enjoy life as a child?

 

When I was a child, I looked at the grownups around me and they looked so cool,
they could make their own choices about when they could watch TV, eat ice-cream,
go to sleep, etc. Or so it looked? Back then, I so wanted to be a grown up and
join their group…

 

But years have passed, I’ve gotten to have more choices, but with them, more
responsibilities. Life was not getting easier; it was actually getting more
difficult. I could eat ice-cream any time I wanted as long as I could afford it,
but was it enough? I realized that being an adult meant giving up on things
you want to do for the ones you must do, the ones you like to do for the ones
you need to do. It was nowhere near the freedom I dreamed of.

 

But our life is what we make it. So I decided to always remember how it felt
like when I was a child and I always keep some things around me to give me the
same feelings. One of them is the board games I have and play with my friends
when we meet and are too tired of going out.

 

They always make me feel like a child, even if next day I have class and reports.
For a while, there is nothing else but the board and the other players, with whom
I compete, say jokes, laugh, etc.

 

Is there still a child inside you or do you like to be serious?
No need to think of an answer, just join us in our “English Game Cafe”
and you will know it.

 

The “English Game Cafe” will “open” in the afternoon of Saturday,
Dec. 10th
, and will give you the opportunity to learn how to play board games
in English, meet new friends, make new hobbies, and feel like a child.

 

 

CP (Student Stuff Leader)

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén