2010年8月 のアーカイブ

MAY
2
4

家族

 

このお盆休みに実家へ帰省できることになり、

地元大阪へと向かう新幹線の中から懐かしい風景を眺めながら私は

「今回の帰省では何をしよう・・・」と考えていました。

 

実家へ帰ると、やっぱり家が一番落ち着くなぁといつも思います。

なので今回も、母の作る手料理を食べたり、

家族みんなで出掛けたり、祖父母に会いに行ったりしながら

束の間の休暇を楽しみました。

つい最近まで当たり前にできたことがそうではなくなったことで、

家族と過ごす時間をもっと大切に感じるようになったとあらためて思います。

 

そんな帰省中に、家族みんなでかなり久しぶりに小さい頃のホームビデオを見る機会がありました。

そのビデオには家族で色んな所へ出掛けたときのたくさんの思い出が詰まっていて、

弟妹と3人でずっと飽きずに遊んでいる姿や両親にべったり甘えている姿は

自分でも微笑ましくも思え、またそれと同時に感慨深い気持ちにもなりました。

当時は幼かったので何とも思わないで毎日を過ごしていたのも当然ですが、

今この年齢になって振り返ってみると、両親の深い愛情に包まれて育ってきたんだなと

あらためて感じ、胸がいっぱいになりました。

 

「次の帰省はいつになるだろう・・・」と帰りの新幹線の中で考えました。

今は家族のもとを離れ一人東京で暮らしているけれど、

心の中に父と母のあたたかい愛情を胸に感じながら、

早稲田での学生生活を楽しんでもっと充実させていきたいです。

そんなこともありながらこの夏の帰省はいつもと何か一味違った帰省になった気がしました。

 

KK(学生スタッフリーダー)

MAY
2
4

田無

 大学1年生の頃、初めて出会った友達とよくこんな会話のやりとりをしていました。

 

友達:「地元はどこですか?」

僕:「田無ってところですよ。」

友達:「田無?(笑)」

 

アイ・アム・フロム・タナシ。

“田無”と書いて”タナシ”です。

“タム”とは読みません。”デンム”でもありません。

れっきとした東京都内です。惜しくも23区ではないけれど。

 

僕は生まれてこの方19年、ずっと田無に住んでいる生粋の田無っ子。

駅周辺は(やたら)都会化しているのに、駅から一歩抜ければそこは(やや)田舎の風景。

そんな都会と田舎の中間的な雰囲気の田無が好きです。

 

でも、現在厳密には「田無市」は存在しません。

それは2001年に隣接する保谷市と合併し、「西東京市」と呼び方が変わってしまったからです。

 

だから正しくは

 

「地元は西東京市」

 

と言うべきなのに、田無市民は胸を張って

 

「地元は田無」

 

と言う。

これはちょっとした地元愛?

 

まぁ西東京市って名前はあまりパッとしないですし、

東京の西というほど西に位置していているわけでもない。

 

そして僕ももちろん「地元は田無と言い張る」派です。

初対面の人に田無という地名を出すと、その地名のインパクトで

顔と名前を覚えてもらえるから。

 

でも何故か「田無?(笑)」と、語尾が上がり気味に聞き返されたりするんですけどね。

 

 

みなさんには地元愛がありますか?

 

地元愛のある人もない人も、この夏休みに帰省して、故郷の魅力を再確認してみては?

 

 

KT(学生スタッフリーダー)

MAY
2
4

My new look

If any girl says that she doesn’t care about how she looks, either she’s either lying

or is some kind of saint. In a society where too much importance has been attached

to outward appearance, girls just can’t be too careful about their looks.

 

Girls can hardly enjoy a delicious dessert or marvelous meal without any guilt. 

In order to keep fit, they drip with sweat in the gym and force themselves to go on

tasteless diets. They go through complicated skin-care rituals since they hope that

those efforts could magically keep them young.

 

To dress for an important date, girls search through fashion magazines and spend

a fortune on any items that will boost our appearance. The only question is how far

they would like to go to look good?

 

Shallow or not shallow, I also try hard to look good.

 

Summer vocation is coming, and it is time for some changes.

My hair looked healthy but it didn’t have any body, so last week I went to a hair salon

and had my hair cut. To be honest, I don’t have much of a fashion sense and have no

idea what’s in or what’s out. Therefore, I put it entirely in the hands of a

professional-> my hair stylist. I told him that all I wanted is manageable hair with

a natural look.

 

Four long, tired, hours later, I opened my eyes and stared at my reflection in a mirror.

My dull, moussed hair was a big surprised. This was far from something I would call

natural, my hair was so curly I looked like a baby lion. And I really worried about

whether or not it could be easily maintained. My hair feels so much heavier, and I

can’t stop touching my ends which were no longer straight. All it would take is maybe

a slight change of the weather and to give me serious frizz problems!

 

Then, my hair stylist proudly asked me, “Do you like it?”.

For a moment, I was very nearly shocked in the seat as there was so much hair on the

floor that it looked like there was a dead animal there.

 

However I took a realistic attitude, it was almost 9:00pm and my stylist really worked

overtime for this. All I could manage to say was “Thank you.”

 

Perhaps I looked so crestfallen that even my friends didn’t tease me about my new hair.

“It’s not that bad, it gave you a fresh look!,” one of them said.  

 

It may take some time.

I’m still not used to the new look especially the look from the front.

Oh, god, I wish I could turn back the clock…

 

FJ (Student Staff Leader)