2010年7月 のアーカイブ

MAY
2
4

A Challenge For Your Summer Break

 With the relentless heat suffocating me from all sides, I have walked to and
from Waseda for the past three months. Since my middle school and high school
 weren’t equipped with air-conditioning, it’s nice to actually be able to find solace in
the oasis I call Building 11 (unless you’re into saunas, in which case you would
probably prefer to be outside). Perhaps my resolution for the summer should be to fry
an egg on the sidewalk- a dream all children dream of in their summers of frivolity
and chasing after ice-cream trucks but never quite accomplish… or even better, I
should probably learn how to stop procrastinating.

 

 But back to the topic of summer. I’ve discovered a rather interesting way to
escape from the morbid heat- for a few minutes, at least.

 

  One excruciatingly hot day, I went to eat ramen for lunch with a friend.
Ramen on a hot day, you ask? I admit, the heat waves may have slightly dulled our
thinking processes. Nevertheless, we walked in, took our seats, and were instantly
filled with regret. The room was boiling hot, and the steam from the kitchen seemed
to wrap around us like a mischievously coiling snake. We were both dripping with
sweat, from head to toe.

 

 It didn’t even feel like sweat. I felt as if I had jumped into a warm pool of
water and jumped back out, only to find that the water would simply stick to my skin
like saran wrap and not dry. Wonderful.

 

 After devouring a bowl of ramen and finishing several cups of water, we
walked back out into the baking sun- except there was no heat. The wind, irritatingly
humid and dense only twenty minutes earlier, felt like the cool touch of the wind that
hints the emergence of spring. While everybody around us was grumbling about the
heat, we were excitedly talking about how cool it was outside. Being outside actually
made us feel refreshed. That must have been a curiously strange sight to see.

 

 Maybe you love ramen. Maybe you, like me, are looking for a way to run
away from the deathly Japanese summers but to no avail. Whatever the reason, I hope
eating ramen somehow finds its way on your checklist of things to do over the
summer. To me, people lining up to eat ramen during the peak of summer was one of
the strangest sights in Japan- but after trying it myself, it doesn’t seem all that insane.
Although, I do not plan on doing it a second time…  

 
SM (Student Staff Leader)

MAY
2
4

富士登山

みなさん猛暑日の続く中いかがお過ごしでしょうか?

もうテストも終わって夏休みという方も多いはず。

日本に来ていた交換留学生も続々と帰国していく中、

僕は留学生の友達の日本最後の思い出にと、

今がシーズンの富士山登山を先週末決行しました。

 

山を甘く見てはいけないと登山が趣味の父から言われていたものの、

心のどこかで甘く見ていた自分。まぁなんとかなるだろう、と…。

 

MAY
2
4

ぼくのなつやすみ

最近暑い。

気が狂いそうなくらい暑い。

汗が止まらない。

団扇であおいでも、タオルで拭いても、汗はいっこうに止まらない。

できるならば裸になってしまいたい。

裸になって、どこかのプールでも海でもなんでもいいから、水に飛び込みたい。

そんな衝動に駆られる。

 

そんな中、大学生よりも数百倍暑苦しい布にくるまれている人たちがいる。

サラリーマンだ。

クールビズって何ですか?とでも言うかのように、

このくそ暑い中、営業担当なのだろう、彼らはネクタイを締め、背広を着る。

見てるだけで暑苦しい。暑くて苦しい。

一枚一枚強引に服を剥いでやりたくなる。

朝は暑苦しいだけの彼らは、夜になると進化する。

臭いを発生するのだ。

暑い暑い暑い暑い暑い、臭い臭い臭い臭い臭い・・・・

 

MAY
2
4

今年もアツい夏がやってきた!

第92回全国高校野球選手権・神奈川大会。

日曜日に、私の地元で開幕しました。

 

「意外~!」といわれるけど、私は高校野球が大好きです。

家族全員が野球ファンで、初めて甲子園に連れていかれたのは5才のとき。

熱射病にならないようにと、私の背中(Tシャツの中!)に

母がしきりに入れていた氷が本当に冷たかった

・・・ことくらいしか覚えていませんが(>_<)

 

私自身が高校生の頃は、入学して「野球部のマネージャーをしたい!」

と言ったら野球部がなくて(笑)、

たまに弟の少年野球チームの応援やお手伝いに行っていました。

甲子園の季節になると、好きなチームの試合はビデオに録画して、

毎晩放送される「熱闘甲子園」を生きがいに一日一日を過ごし、

「輝け甲子園の星」という超マニアックな雑誌も買っていました。

(結構勇気がいるんですよ、これが。笑)

 

MAY
2
4

ホンモノ、いただきました!

先週金曜に香川県讃岐地方を代表するうどん職人(三好修さん:日の出製麺所)をお呼びし、「ホンモノの讃岐うどん体験~香川県民による熱いうどんトークと打ちたて讃岐うどん実食」を開催しました。旅費ゼロ円で本場の讃岐うどんを食べられるとあって、100名を超える参加者が集まり、世界一熱いうどんトークに耳を傾け、職人の技に見惚れ、コシの強いホンモノの讃岐うどんに舌鼓を打ちました。

 

当日の模様は四国新聞香川ニュースに掲載されましたよ。

早大生、うどんの奥深さ体感/東京でイベント

 

さて、そんな早稲田のうどん好きが大集合した会場ではアンケートをとらせてもらいました。

素直な感想からぷっと吹き出すものまで心温まるコメントが多く寄せらたので、ここで一部

紹介したいと思います。

 

MAY
2
4

パンツが見えてますが…

最近気になる光景を連続して目撃した。

老婆心といわれそうだが、ブログに書いてまでも

女性陣に警鐘を鳴らしたいと思うので聞いて欲しい。

 

「あなたのパンツ、見えてますが・・・」