月別: 12月 2009

日本文化と触れ合う毎日 

あっという間に、日本に留学して四年目になりました。“四年目になったら、

もうだいぶ日本文化にも親しくなってきたでしょう!”とはよく言われますが、

実はまだまだ分からないことは山ほどあります。異文化と触れ合う毎日は、

今の私にとっても続いています。

 

この前、学校の近くにある和敬塾に体育祭を見にいきました。寮の範囲に入ると、

すれ違う人々にかならず「こんじわーす」と声を掛けられました。誘ってくれた友達に

聞くと、和敬塾では「人と会うときには必ず挨拶する」のルールがあるそうです。

挨拶の言葉は「こんにちは」と「失礼します」。すれ違う時に、時間はあまり短くて、

「こんじわーす」になったそうです。私にはそれをとっても不思議に思えました。

和敬塾は寮生何百人も持つ学生寮で、寮生の毎日はどれくらい「こんじわーす」を

繰り返しているだろうか? 困惑している私を見て、友達は笑いました。

 

続きを読む

「ちあわせ」な日常

ICCの学生スタッフには個性豊かな仲間が集まっている。そのメンバーの一人である

Mくんは、4ヶ国語を操る強者で、繊細かつ謎が多い。
みんなからは「ルービック・キューブの王様」と称されている(理由を知りたい方は

『イングリッシュ・アワー』へ)。

 

先日はそんなMくんの誕生日だった。
当日、あるスタッフがちょっとしたサプライズを用意した。

 

Mくんがお昼休みの時間にICCのオフィスに来ると、仕掛け人スタッフが「Mくん、

冷蔵庫が壊れているから、ちょっと見てもらえない?」と話しかける。

 

続きを読む

外交の担い手

「外交感覚のない国民は、必ず凋落する」

 

故吉田茂元首相が残した格言です。

 

彼が意とするところは詳しくは分かりませんが、皆さんは「外交感覚」「外交」について意識したことがありますか?

 

と問われても、こう思うかもしれません。

 
「『外交感覚』なんて曖昧なことを言われても、良く分からない」
「そもそも『外交』って政府の仕事だし、私たちにはあまり関係ないのでは?」

 
確かに、一面ではその通りで、「外交」とは外交官や政治家が担い手となって、
国家間の関係(国際関係)を調整していく営みであると言われています。

 

続きを読む

根なし草

「根なし草」
これは、「KP」という若い男性二人組ユニットの歌の一つです。
彼らは在日コリアン。
この歌に出会ったとき、私の頭のなかに中学2年生の頃の記憶がふと甦りました。

 

父の海外赴任を終え、3年ぶりに帰国して初めて通う“日本の中学校”。
初めての制服に、初めてのジャージに、初めての部活動…。
期待と不安で胸がいっぱいでした。

 

海外でも日本人学校に通っていました。
外国人の友人はたくさんいましたが、彼らの中にいれば私はまぎれもなく”Japanese”。
日本人としての自分に疑問を感じたことはなく、学習面でも文化面でも
問題はなかったはず…だったのに。

 

続きを読む

chorus「歌はいいねぇ…歌は心を潤してくれる。人類の生み出した文化の極みだよ」

 
一世を風靡した某アニメの某ナルシストキャラクターの台詞です。

 

彼に倣うわけではないですが、確かに「歌」ってすごい力を
持っていると思いませんか?
現代的に言えば、私たちはカラオケに行き、
大声で歌を歌ってストレスを発散したり、
気分が沈んだ時には悲しい歌を口ずさんでみたり、
はたまた敢えて陽気な歌を歌ってみたり、

 

祖父の葬式で弔いのため親族一同で歌を歌ったり
(これはうちだけかもしれません笑)しています。

 

続きを読む

4年に一度

2010FIFAワールドカップが南アフリカで開催!!
史上初のアフリカ大陸での開催、ということはみなさん
もうとっくに知っていることでしょう。

 

2016年にはブラジルのリオデジャネイロで南米初のオリンピックが
開催されるし、こういったスポーツの祭典が、世界のあらゆる場所で
行なわれるのはよろこばしいことだと思います。

 

そういう意味で、歴史的に見てもとても注目度の高い今回のワールドカップ、
南アフリカの人はどう思っているんだろう?

 

大会の運営に関して懸念事項が色々とりあげられているけど、
本当に大丈夫なんだろうか?

 

色々と気になりますよね!?

 

続きを読む

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén