‘日々思ふこと’ カテゴリーのアーカイブ

MAY
2
4

The Busiest Time of My Life

I can safely say that the past 6 months have been the busiest time of my entire life on this planet. More busy than the three days and nights that it took to finish my dissertation when I graduated from University. More busy than my first big move when I started at University in my hometown. More busy than when I moved to China. More busy than when I moved from China to Japan with only two suitcases to hold every possession I had. Busier than anything else I have ever done, and it’s still going on. I’m beginning to think that this isn’t a busy “period” but what the rest of my life may actually be like. To be honest it has been very tiring but it has also been a lot of fun. Every day seems to bring a new challenge and life is never boring.

 

I am still getting used to using Japanese every day at work. It can be difficult and stressful sometimes but it is great practice for me and I feel like I learn at least 3 to 4 new words every day through everyday events. I feel like this is the type of job I have really been looking for in my life, something that gives me a variety of challenges and teaches me something every day. The ICC staff members have been very good to me, and I feel like I’m slowly becoming part of the team here. I don’t want to let my colleagues down and I do feel pressure from that, however it is not a bad kind of pressure but a kind that gives me motivation, that makes me want to come to work because I feel like what I do matters.

 

Personal fulfilment is something that we are all searching for. We find it in different ways and at different times, but one thing that makes it even better is sharing it with others. Working together and living together I think brings human beings closer to understanding one another. This is one reason why I enjoy working at the ICC, because it is a place that brings people together, whatever their nationality, under this roof they are one. By celebrating and sharing their differences and experiences, people are brought closer together. Seeing the younger people smiling and talking together, working hard together on things, reading and broadening their minds. It brings me great hope for the future, and it makes me passionate about helping them achieve their goals.

 




C. W. (ICC staff)

MAY
2
4

カラフルな世界

皆さん、こんにちは。新入職員のATです。LGBTという言葉をご存知でしょうか?女性として女性を愛するLesbian(レズビアン)、男性として男性を愛するGay(ゲイ)、男性女性両方を愛するBisexual(バイセクシュアル)、心の性と体の性が一致していないTransgender(トランスジェンダー)、以上4つの頭文字をとった、セクシャルマイノリティーを指す言葉のひとつです。先日、ICC共催イベントの一環として、学生さんがLGBTに関する活動を行っているのを見て、私の学生時代を思い出しました。




(カラフルな風船を使いLGBTの活動をする様子)

 

 

私はセクシャルマイノリティーと呼ばれる人々に対して理解がある人間だと思っていました。しかし、そうではなかった。日本の大学でのジェンダーに関する授業で、ゲスト講演を聞いたときに衝撃を受けました。そのゲストの方は、ご自身を女性でもあり男性でもあると理解しているとおっしゃったのです。その時に初めて、「性別」というものは「男」と「女」と単純に切り分けられないと知りました。まだまだ、私は無知だったのだと痛感しました。
その後、アメリカのポートランドというところに留学しました。そこで、仲良くなった友人に、「友人を紹介するね」と言われ、紹介された人は2人の男性。二人は初対面の私に、「よろしくね。僕たち、恋人同士なんだよ。」と、言ったのです。私は、テレビ以外に堂々としている男性カップルを初めてみました。その後も、友人や町の人たちの様子を見ていても、セクシャルマイノリティーと呼ばれる人たちがオープンにしている光景をよく目にしました。実はポートランドは、LGBTフレンドリーな町なのです。
日本もポートランドみたいに、どんな人も堂々と生きていける社会にならないかな、そう思いながら職員となった今、ここ、国際コミュニティーセンター(ICC)でLGBTへの取り組みを知りました。それが、「LGBT ALLY WEEK」です。

 




(交流カフェで使用したポスター)

 

 

このイベントは5月22日までですが、ICCはこれからもLGBTのALLY(アライ=支援者・理解者)であり、キャンパスにおけるダイバーシティーを推進し続けていきます。LGBTについて理解できている人が増えれば、世界はもっと豊かになるかもしれない。もっと鮮やかな、カラフルな世界になるかもしれない。ICCの活動を見て、私も、「LGBT」についてもっと勉強したいなと思いました。

 

 

AT(Trainee Staff)

MAY
2
4

あなたの色は何色ですか?

突然ですが、あなたの色は何色ですか?
私は今、村上春樹さんの『色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年』という本を読みながら、
「色」について考えています。
自分の色は何色だろう、と。

 

自分の色というのは、自身の経験や周囲の人から影響を受けることが多いのではないでしょうか。
私自身、幼いころから引っ越しが多く、その度に新たな人に出会い、新たな人間関係を築いてきました。
小学生のころ、出会って三日のブラジル人に告白されたことも今となってはいい思い出です。
高校時代は国際科に所属し、シンガポールに修学旅行に行ったり、ディベート活動をしたりしていました。

 



 

早稲田大学に入学し、授業もサークルもアルバイトもそれなりにこなしていた私ですが、
何かが足りないとずっとモヤモヤしたものを抱えていました。
そんなとき目に留まったのが、ICCの学生スタッフリーダーの募集です。
「私にできるかな…」悩んだ末に応募を決意しました。

 

幸運なことに採用していただき、SSLとして活動し始めてすでに二か月が過ぎようとしています。
ICCの目的は留学生と日本人学生の交流の場を提供することですが、
複数の言語を操り、高い能力をもつ優秀な先輩、スタッフの方々に囲まれてがむしゃらに過ごす中で、
私自身が早くも将来像や価値観に少し変化を感じるようになりました。
ここでもまた、私の色は変化しているのです。

 

燃え盛るような赤や、クールな青といった単色ももちろん素敵ですが、
ほかの色と混ざり合って、さらに深みをもった、ほかにはない色を作ることができれば、それ以上のことはないと思います。
私は秀でた才能や特技があるわけではなく、その意味では、自分を「色彩を持たない」空っぽな人間だと嘆く、
主人公のつくると似ているかもしれません。
ですが、今、私はICCという、いわば「パレット」を手にしました。
カラフルな人たちが集まるこのICCで、刺激し、されながら、自分の色を作っていきたいと思っています。

 

私たちスタッフがたくさんのイベントを企画しているので、ぜひみなさんもICCを活用してみてくださいね。
きっとあなたの「色」を輝かせる出会いが待っています。

 

MY(Student Staff Leader)



MAY
2
4

Japanese Seasonal Inspiration-Autumn/三部曲-<三>

(* Chinese is below the English text)

 

Part 3

 

Lastly, let’s dive into the world of food! In Japan, as the season change into autumn,
you can find the slogan “Appetizing Autumn” in many supermarkets and restaurants.
This powerful slogan works wonders, and it’s no surprise coming from a country where
products sales are so competitive that shops have developed countless ways to hook the
interests of consumers. It is indeed rather persuasive. We know you like good food all
year round, but not it’s “Appetizing Autumn”, so why not indulge a little more?
Then the next thing you know, that extra box of persimmons and 1kg of ground beef which
you didn’t plan on buying became logical purchases. Since the ancient times, autumn
has always been the season of harvest and prosperity, and in an island country like Japan,
autumn is also the best season to enjoy a fine fatty meal of Pacific saury and oysters.
The word “seasonal” has a great impact on Japanese lifestyle. Everything has its’
seasons, and the people who follow the flow of seasons and reap the right fruits at the
right times are guaranteed to receive great results. So far in my opinion, this way of
life has indeed brought upon people all kinds of joy. Since this concept of seasonal
ingredients work so well, it is no wonder that from set menus in restaurants to the
snacks on promotion in convenience stores, one can always catch a glimpse of the realistic
forms of seasons everywhere in Japan. The persimmons in autumn are juicy, sweet and
delightful. Apart from the fresh persimmons, dried persimmons can also be seen selling
right next to its’ fresh buddies. Dried persimmons have a chewy texture that will surely
be an interesting snacking experience for those who have never tried it before. To me,
sweet dried persimmons also taste like childhood, it’s not really a fancy snack, and yet
it has the taste of nostalgia that just can’t be replaced. Meal-wise, crispy fried oysters
with a crunch and the grilled pacific saury with a taste of sea breeze are both basic
members in many restaurants. Speaking of the Pacific Saury, actually, apart from enjoying
it grilled, eating it sashimi-style is also quite the luxury. Grilled pacific saury
smells divine, with a hint of saltiness. The crispy fish skin and metallic glaze is
unique to the fish itself. The yummy combo of fatty fish oil and lean fish meat is
something I can never get enough of. On the other hand, the crunchy fried oyster that
just came out of the bubbling hot oil should be eaten right away. Some of the oysters
are too big to fit in your mouth in one bite, so you will just have to eat it patiently
(and reluctantly), bite by bite. That breadcrumb covered juiciness explodes in your
mouth with every crunch, and from that point onwards, your life has been completely changed.
Fried foods are just so straightforwardly awesome. Indulgence of autumn delicacies really
doesn’t get better than this.

 

In conclusion…It doesn’t matter if a person is now madly in love with autumn because
he/she just had a delicious meal, or if he/she is in agony because an excitable leaf
just flew into his/her mouth a couple of seconds ago, riding with the autumn breeze.
I think we can all agree that in a country like Japan, where autumn exudes such
diverse beauty, it would be a shame if one doesn’t stop and stare for a bit and
enjoy the cool night breeze once in a while. There are limited opportunities for us
to be enlightened and inspired by our natural surroundings, so seize the moment and
don’t let these great things in life pass you by. Ride with the seasons, you will
be just fine-

 

 

LL (Student Staff)

 

 

三部曲—<三>

 

最後來談談食物吧!在日本入秋時節在超市及餐廳可以看到這麼一段
文字「食慾之秋」。不愧是以行銷手法聞名的國家啊!聽起來真有說服力,
雖然人的食慾是天天有,但這句一出,人們在當下購買更多食物食材的動機
也一切都被合理化了。秋季自古以來便是豐收、收穫的季節,而在日本這樣的
島國秋天也是大啖秋刀魚及牡蠣的大好機會。「旬」一字在日式生活中有著
舉足輕重的地位,一切都有它的季節,而人們依循自然的道理在對的時間運用
最適合的材料必定能得到最美好的成果。目前為止這套生活準則在我眼裡也
的確無懈可擊。所以無論是定食餐廳所推出的期間限定定食還是便利商店裡的
促銷點心,「旬」的概念真的處處可見。秋日的柿子香甜多汁,除了新鮮的柿子
之外更有富有嚼勁的柿餅可以享用,那甜蜜蜜的滋味對我而言也有一種純樸感。
飯菜那方面,酥脆可口的炸牡蠣和鮮甜質樸的烤秋刀魚則幾乎成了平價餐廳的
秋季限定定番成員。說到那秋刀魚,其實除了火烤之外,以生魚片的方式食用
也是很不錯的選擇。稍微烤過的秋刀魚裹著一身香脆的魚皮,表面彷彿泛著金屬般
的光澤,吃進嘴裡時那有彈性的魚肉及肥美油脂的組合真是讓人欲罷不能。
而另一方面讓人吃得喀擦咖擦作響的牡蠣則是在剛炸好的時候端到你眼前,
趁熱大口咬下,還因牡蠣有些大塊而要分成兩次吃。真是有點小困擾(笑)。
被麵包粉封鎖住的鮮甜剎那間在口中大解放,於是你的世界從此不一樣了。
炸物就是過癮。秋食真是一件令人享受的事。

 

結論是...其實不管一個人今天是因吃了好料而瘋狂地迷戀秋天,
還是因為有熱情如火的葉子乘著風兒奔進了他嘴裡而心生哀怨,我想我們都同意,
在日本這個秋季如此帶感的國度,不停下腳步好好兒欣賞一下,感受一下那清涼的
自然風,那還真是浪費了這燦爛的季節啊!人生能被那麼啟發到的機會就那麼幾次,
大家也千萬別讓它擦身而過了才好唷~

 

<全文完>

 

LL (Student Staff)

MAY
2
4

Japanese Seasonal Inspiration-Autumn/三部曲-<二>

(* Chinese is below the English text)

 

Part 2

 

However, the wholesome experience of autumn is definitely not all roses and no thorns.
Life must go on knowing that not every single aspect of autumn is filled with natural
grandeur. For example, it is perfectly normal for you to be blinded by the over-dazzling
glisten of the golden leaves as the autumn sun shines brightly high up in the sky.
If you ever dreamed about eating cute little sandwiches while bathing under the warm
sunlight and feeling that awesome breeze on a slope, be warned that the autumn wind
is no joke. Sometimes the wind is so strong that it’s difficult just to get food
into your mouth without them trying to go with the wind in the process. Look around
you and you shall find gorgeous groups of people in well-designed and tailored coats
running all over the place, trying to catch the small pieces of garbage and plastic
bags which have been blown away by the wind. Upon witnessing this hilarious sight,
do not laugh, please proceed to finding something heavy and put that weight on top
of your own personal belongings and plastic bags, or else I can assure you that you
will be joining those people shortly. Last but not least is that classic romantic
novel scenario, when a piece of falling leaf gently landed on the main characters’
head while the innocent main character remains completely oblivious to his/her
surroundings, giving the supporting character a chance to sweep the main character
off his/her feet by making the gesture of taking the leaf of the head in the most
dreamy way possible. I only have one piece of advice for this case. If falling leaves
really landed on your head, please don’t force yourself to wait until “the one”
appears and pick them off your hair. Hurry up and brush them off yourself and check
if there were any wormy passengers who had just taken the Falling-Leaf Airline on a
trip to your head. That is way more realistic. One last thing, from my personal experience,
although I’ve only been living in Tokyo for a couple of months, so far I’ve been
hit in the face by blown up leaves more times than I am willing to admit.
As I marvel at the wonders of autumn, they are also causing trauma at the same time.
So be safe around nature, okay?

 

To be continued…

 

LL (Student Staff)

 

 

三部曲—<二>

 

不過這世上完美的事太少,不是秋天的所有點滴都代表著華麗與美好。
當太陽光反射在亮眼的黃葉上又不經意地被你毫無防備的雙眼给瞧上時,
自己的眼睛瞬間彷彿瞎了幾秒也是正常的。若是你做著沐浴在陽光下吹著
徐徐微風吃著小巧三明治的夢的話,請記得秋天的風可不是省油的燈,
有時趕時間想坐在外頭吃碗麵都有困難,因為弱不禁風的麵條會隨風飄舞,
且堅決不飄進你嘴裡。周圍的人們也是穿著美麗擋風的大衣滿地追趕著被風兒
吹跑的淘氣小垃圾和塑膠袋,甚是狼狽。而看進眼裡你也千萬別笑,要趕緊壓好
自己的隨身物品和垃圾,不然等一下就換你上場練彎腰小跑步了。當然還有那經典的
言情小說情節,當落葉輕巧地降落在主角的頭上,而天然遲鈍的主角自己渾然不覺
,要等演對手戲的另一方來溫柔拿下葉子拉近兩人距離的橋段。我只能說,
如果真有落葉飄到頭上,請不要硬撐等人幫你拿,快撥掉並確認沒有蟲蟲旅客
搭乘剛才那班落葉航空安全抵達頭部機場,這比較實際。還有還有,
我個人光是過去這幾個月就已經被強風吹起的葉子打到臉了好幾次,在自己
讚嘆自然之美的同時也快要產生內心陰影了,請大家務必多加留意。

 

LL (Student Staff)

MAY
2
4

Japanese Seasonal Inspiration-Autumn/三部曲-<一>

(* Chinese is below the English text)

 

Part 1

 

Japan is a country where each of the four seasons never fails to present its’
distinct colors. For each season, the residents of Japan have their own ways
of celebrating its’ beauty. From gazing at the fluffy pink cherry blossoms
to the magnificent falling colors of autumn, from the refreshing taste of
chilled watermelons to the heart-warming hotpot dishes of winter, Japanese
society and natural environment have created, in my opinion, an incredible,
time-realizing atmosphere all year round for the people to enjoy.

 

Since I was a child, due to my father’s occupation, I’ve moved around
the globe and lived under the influence of all kinds of cultural backgrounds.
However, none of them have given me the feeling of joyous holiday spirit
in such a strong manner the way Japan has. Having just moved to Tokyo in
September of 2015, I find myself ohing and wowing in amazement all the time,
for the lifestyle is just unbelievably active holiday-wise. In this particular
ICC blog post, I would like to share with you the kind of unique autumn beauty
in Japan which I’ve found to be especially mesmerizing.

 

Speaking of autumn, what comes to mind may very well be the falling and changing
colors of leaves. Compare to the somewhat lacking greenery urban scenes of Taipei,
the natural environment in the bustling city of Tokyo seemed much better preserved.
Relatively large in area, there are many places and parks in Japan where one can
visit in order to grasp the essence of autumn. However, if I were to just go over
the famous tourist spots for leaf-viewing that would be too commercialized.
The kind of beauty that I am interested in introducing is the type where you
imagine yourself strolling casually on the way back to the dorm when suddenly,
a couple of leaves gently brush by the top of your head as they subtly, softly
fell on the ground. To me, that sort of experience is much more emotional and
inspirational, making it worthwhile to talk about here. As a freshman who needs
to commute from dorm to campus on a regular basis, the path to school is basically
the same every single day. By the time the fall semester had started, around the
end of September and the beginning of October, the feeling of autumn is not that
strong yet, and the leaves on the sides of sidewalks still remain beaming with
life and different shades of green. Then, as the pace of sunset quickens,
roughly around the end of October, one can almost smell the crisp cool air
which signals the coming of autumn. Now by this point some of you may be
wondering by being able to smell the approaching of autumn, do I mean smelling
autumn delicacies like grilled fish? Of course, I also smell the fish,
but at this point I am still focusing on the leaves. To be more precise,
by the smell of autumn I mean the smell of cool air mixed with the piled up
leaves on the floor with a hint of earth. If you happen to be inside Waseda
Campus by this time, then you would probably be familiar with the…uh….
distinct smell of Ginko. So you abruptly look up, and realized that everything
has changed! That’s right, as you briskly walk by every day to catch the
next lecture, the leaves had gradually been dyed by the colors of season,
and now they are the vibrant, eye-catching colors of bright yellow,
fiery orange, and passionate red. Then you look to the side, and was surprised
to see that even the short bushes on the side, the ones that you had always
thought to be evergreens, even they had caught up with the trend and put on a
blazing red outfit.

 

To be continued…

 

LL (Student Staff)

 

 

三部曲—<一>

 

日本是一個基本上四季分明的國度。而每個季節日本的居民們則都有
自己的一套慶祝方式。不論是從觀賞生意盎然春天的粉嫩櫻花到微冷秋天的
華美落葉,還是品嘗酷夏時節沁涼的西瓜至寒冷冬季暖人身心的鍋物,日本的
社會及自然環境都為當地的居民們創造了在我眼裡,那一種最動人的、
能把一點一滴流逝中的時間給實體化的強大氛圍。

 

從小因為父親工作的關係時常在不同國家及城市之間來回游走,住過了
那麼多地方,但還真是從未如此強烈地感受過日本(東京)等級的佳節氣氛。
從2015年9月才剛開始了日本式生活的我,真的震撼了。截至目前為止也不過
才短短幾個月, 只受過了入秋及入冬的洗禮,但日本人對節日節氣的重視已在
我腦海中留下了深刻的印象。在本篇ICC的部落格,我想和大家分享一些我所
觀察到的、日本秋季所獨有的那種美。

 

到秋天,就一定會想到落葉。和在我眼裡台北那稍嫌稀少的綠葉環境不同,
東京雖然是世界有名的大城市,卻也因為佔地廣大(相較來說)且交通便利
而有不少賞楓的景點。但單單是介紹有名景點的楓葉就太商業化了,
我所重視並想描述的是那種稀鬆平常走在回宿舍的路上突然頭上被幾片
落葉給點過的那種浪漫。身為一位有通勤必要的大學新鮮人,從宿舍到校園
的那條路線基本上就是固定的,說不準就是蒙上眼睛用摸的可能也到得了的
那種熟悉。開學時的9月底10月初那時節還不太有秋天的感覺,街道兩旁的
綠葉也依舊青翠。但隨著太陽下山步伐的快轉,漸漸地在10月底左右,空氣中
便嗅得出那麼點秋天的味道。可能話說至此大部分的人會想說是不是在講烤魚,
烤魚那我當然也聞到了,但更明確一點是指微冷的空氣混和著地上那逐漸堆積腐朽
的落葉的那種氣味。在早大校園則是那銀杏白果的...呃...獨特的香味。
於是你猛一抬頭,竟發現變了!沒錯,樹葉在你趕著課那倉促的腳步聲後一點一點
地染上了搶眼招搖的黃色、橘色、紅色。再低頭一看,赫然驚覺怎麼連那感覺是
萬年長青的小矮叢也跟著潮流換上了火紅的衣裳。再愣個幾秒,突然一陣風吹過,
你下意識地打了個哆嗦,覺得自己的短袖上衣和夏威夷短褲好想不夠保暖了。
於是在心中,你被大自然點醒了...秋天到了。

 

LL (Student Staff)

MAY
2
4

이별과 만남 / 別れと出会い

(※日本語はハングルの下にあります)

 

와세다 대학교에 입학한지 어느덧 1년이 지났다.

 

1학년의 마침점과 2학년의 출발점인 2학년 1학기.
누군가에게는 선배로서의 첫 시작점이자 지난 1년동안 해 보지 못할 것을 새로 채울 수 있는 기회일지도 모르는 시기이다. 하지만 나는 요즘 그 누구보다 고민이 많고, 슬프며, 기운이 없다.

 

이유는 분명하다. 내 삶의 일부라고 해도, 나보다 나를 더 잘 안다고 해도 과언이 아닌 친구들과의 이별이 얼마 남지 않았다는 사실이 나를 우울하게 만들고 있다. 두 명의 친구는 다음학기부터 1년동안 한국으로 유학을 가고 다른 한 명은 지금 사는 기숙사를 떠나 자취를 시작한다.

 



 

물론, 나에게 이 3명의 친구만 존재하는 것은 아니다. 주위에 같이 웃고 떠들고, 즐기고 추억을 쌓을 수 있는 친구들은 많다. 하지만 이 3명의 존재의미는 말로 형용 불가능 할 정도로 크다. 나는 지금 심리적으로 그들에게 많이 의지하고 있기에, 그들이 없는 나의 대학생활을 상상하기 힘들다. 그래서 그들이 실제로 없을 다음학기보다 그들이 없어진다는 두려움을 안고 있는 지금이 오히려 힘든 것인지 모른다.

 

나는 최근에 ICC의 스태프가 되었다.
앞서 나는 요즘 기운이 없고 불안하다고 했지만 그렇다고 내 자신에게서 희망을 찾을 수 없는 것은 아니다. 아직 스태프로서 일한지 한 달도 되지 않았지만 이미 ICC에서의 생활은 나에게 큰 영향을 주고 있고 앞으로 더 큰 변화를 일으킬 것 같다.

 

먼저 나는 ICC에서 스태프로 일하면서 홀로서는 법을 배우는 중이다. 나에게 주어진 임무, 그것에 대한 책임, 그리고 학생들의 리더. 이 세가지는 나를 강하게 만들고 있다. 스스로 생각하는 시간이 많아지고 예비 사회인으로서 갖춰야할 점들을 조금씩 배워가고 있다.

 

또한 이곳에서 경험하는 다양한 이벤트는 나를 온전히 내 삶에 집중하게 한다. 이벤트를 하며 만나게되는 사람들이 자신의 삶에 열중하고 있는 모습을 보면 내 자신을 반성하게 된다.

 

“내가 나를, 사회를 위해 할 수 있는 것은 무엇인가.”
“나를 발전시키기 위해 나는 무엇을 해야하는가.” 라고.

 

마지막으로 ICC의 다른 학생 스태프들과의 교류는 앞으로 더욱 기대되는 부분 중 하나이다. ‘혼네캠프’에서 우리를 이끌어주셨던 학생 스태프들과 이제는 동료가 되어있다. 그 어떤 선배분들도 친절하고, 모두가 너무 좋다. 또한 일본의 ‘동기’ 라는 특별한 문화에도 새롭게 접해보았다. ICC에서 일하며 다른 스태프들과 이런저런 이야기를 하고 웃으면 어느덧 내 마음은 가벼워지고 걱정은 사라진다.

 

사람은 역시 사람과 함께 할 때 더욱 사람다워지는 법.
ICC의 사람들과 더 친해지고 그들과 더 많이 웃고 더 많은 변화를 일으키고 싶다. 비록 다음학기에 나를 지지하던 3명의 친구들과는 멀어지지만 새로운 가족이 생겼기에 나는 마음이 든든하다. 내가3명의 외국인 친구들에게 큰 정을 주게 되고 많이 의지하게 된 것 처럼, 이번에도 ICC의 모두와 깊은 정을 느낄 수 있는 사이가 되고 싶다.

 

YJ (Student Staff Leader)

 

 

早稲田に入ってもう一年が経った。

 

1年の終わりと2年目の初めを意味する2年生の1学期目。
先輩としての大学生活の始まりであり、過ぎ去った1年でできなかったことに挑戦する機会と捉える人がいるかもしれない時期である。しかし、今の私は最近誰よりも悩んでいて悲しくて元気がない。

 

理由は明らかだ。私の一部、私よりも私をよく知っている、と言っても過言ではない友達との別れが間もなくであることが私をがっかりさせる。2人の友達は来学期から韓国に留学し、1人は今一緒に住んでいる寮を出て1人暮らしを始める。

 

もちろん、他の友達も随分いる。周りに一緒に笑って楽しんで思い出が作れる友達は多い。しかし、その3人の存在は言葉にできないくらい大きい。今の私は心理的に彼らに依存していて、彼らのいない私の大学生活は考えにくい。だからこそ実際に彼らがいない来学期よりも、彼らがいなくなる寂しさにかられている今のほうが、むしろつらいかもしれない。

 

そんななか、私は最近ICCの学生スタッフになった。
「誰よりも悩んでいて悲しくて元気がない」と書いたものの、だからといって私に希望が何もないわけではない。まだここで働いて数か月しか経っていないが、すでにここでの経験は私に大きな影響を与えて、これからもっと大きな変化を起こすだろうと思っている。

 

何よりも私はICCの学生スタッフとして働きながら、一人になる練習をしている。私が担当するタスク、それに対する責任感、そして学生たちのリーダーである事実。この3つは私を強くさせている。

 

また、ここで経験する様々なイベントは私を完全に私の人生へ集中させる。イベントをしながら会う人たちが自分の人生に夢中になって、頑張って生きている姿を見ると自分自身について振り返るようになる。

 

「私は私、そして社会のためにできることは何があるか」と。
「私を成長させるため、私は何をするべきであるのか」と。

 

最後にICCの他の学生スタッフたちとの交流は、これからもっと期待できる部分である。「本音キャップ」で私たちを導いていた学生スタッフさんと今は同僚になっている。どの先輩も親切で皆大好きだ。そして日本の「同期」という文化にも初めて接することができた。ICCで働きながら他の学生スタッフたちと話して笑っていたら、いつの間にか悩みは済んで気持ちが軽くなる。

 



 

人は人と関わるとき、もっと人らしくなる。
ICCの皆ともっと親しくなり、もっと一緒に笑い、もっと様々な変化を起こしたい。来学期、私を支えて来た3人の友達は遠くなるが、新しい仲間ができて心強い。これまで友達に本音でぶつかってたくさん頼れたように、今度はICCの皆とそうなりたい。ICCでの業務を通して、絆を深めたい…。そんな風に思っている。

 

YJ (Student Staff Leader)

MAY
2
4

留学の意義ってなんだった?

留学の意義ってなんだった?
帰ってきてからちょうど一年たつ今、簡単に振り返ってみることにしました。
(早いもので、もう卒業がすぐそこに…!泣)

 

「留学の意義」と聞くと、一般的に「英語力向上」とか
「異文化理解」あたりが出てくるのでしょうか。
僕自身も常夏の国へ足を踏み入れる前は、こんな感じのことを考えていました。
しかし、今振り返ってみると、もちろん色々ありますが、
この留学を通して培った最大のものは「考える力」でした。
こんなの留学じゃなくても身につけられる、と言われるかもしれませんが、
僕にとっては、紛れもなく“留学だからこそ”身につけられた力でした。

 

理由は2つあると思います。

 

まず1つ目は、多くの気付きが色んなところに散りばめられた環境です。
時間のルーズさから、恋愛の価値観、国内の貧困問題まで、
生活しているだけで気になることだらけでした。
しかし、「そうなんだな、違うんだな」と思うだけでは不十分です。
“何故”と問う必要が出てきます。

 

ここで2つ目の理由、それは他国の留学生も含めてみんな同じ建物に住んでいたので、
その気付きをすぐに話すことが出来たことです。
時間も気にせず、「ああいうことじゃないのかな?」「いや、こうでしょう!」
と語り明かしていました。
この習慣が結果的に、その背景を知り、様々なことを理解することに繋がったのだと思います。

 

留学の意義は多様であっていいはずです。
院進か就職かを悩んでいた僕にとって、この習慣はとても重要なものでした。

 

今思い返せばこのおかげで、自分は何が好きなのかを見つめなおすことができました。
きっと、時間の流れがゆっくりな国への留学だからこそできたことかもしれません。

 

語学力やより良い専門教育のために留学を目指すこともいいと思います。
しかし、大学を卒業して社会に出る前に、
自分がこのまま突き進んでいいのかな?
もっと違う生き方、人生の楽しみ方ってないかな?
少し立ち止まって、腰を据えて考える。こんな留学もありだと思います。

 

少なくとも僕は、この意味で留学に行って良かったと確信できます。
留学に行きたいと思っている人は、ぜひもう少し広く留学の意義を考えてみてはどうでしょうか。

 

以上、結局そのまま就職することにしましたSSLからの、卒業前最後のボヤキでした。

 



 

留学していた国の世界遺産(ボロブドゥール遺跡)からの日の出
偉大で荘厳な雰囲気に囲まれて、心がまるで澄んだようでした。

 

YO (Student Staff)

MAY
2
4

ブリティッシュコロンビア大学研究室訪問体験記

こんにちは。

 

今年11月からICCの一員となったHOです。
ブログの経験がないため、何を書くべきか悩みました。
ICCブログという事で海外の異文化体験に関するテーマで書こうと思います。

 

私の中で異文化体験というとインドネシア、アメリカ、カナダに訪問した時のエピソードになりますが、
中でも理工学部ならではのエピソードを話したいと思います。(自分が理工学部だから笑)

 

今年の夏にブリティッシュコロンビア大学の研究室に見学に行きました。
ブリティッシュコロンビア大学の学生数は学部生約4万人、大学院1万人、
のべ5万人が学ぶカナダ西部最大の研究総合大学です。(入学基準がカナダ国内で最も厳しいです)

 




ブリティッシュコロンビア大学のキャンパス内

 

カナダの名門大学ということで、世界中から優秀な学生が集まって来ているため訪問前は、
私の学力には到底届かないレベルかと思っていましたが、
研究発表を聴いてみると日本の大学の研究とそこまで差がないような気がしてきました。

 




研究発表の雰囲気

 

しかし、世界の大学ランキングQS World University Rankingsによると
早稲田 220位ブリティッシュコロンビア大学 43位と大きく離れています。
どこに差があるのかと思いつつ、ブリティッシュコロンビアの学生と
話しをしてみると、色々な点で日本の研究室との違いを感じ取ることが出来ました。

 

特に印象的だったのは、研究室に所属している大学院生の半数以上が、
他大学から集まっているという事実でした。
米国もそうみたいですが、カナダでは学部、修士、
博士で異なる大学に進学する事は頻繁にあるケースのようで、
目的としては様々な大学または専攻を通して自分の視野を広げることにあるようです。
私が話をした方も学部までは他の国の大学で生命工学を学び、
修士課程からはブリティッシュコロンビア大学で資源工学を学んでいて、
それによって2つの観点(生命工学・資源工学)から物事を見る事が出来ると話していました。
この方以外にも様々な学問または国のバックグラウンドを持った学生が研究室に集まっており、
色々な観点の人達と意見・考え方を共有することでさらに視野を広げることに繋がっているとも言っていました。

 

そして、ブリティッシュコロンビア大学の研究室の訪問で、
自分の世界を広げようとする挑戦心を持つことの大切さを学び、
日本に戻って来てから何が出来るかを考えた結果、
早稲田という最も身近な場所のICCに辿り着きました。
ICCの学生スタッフは出身が海外であったり、所属している学部も色々で、
多様なバックグラウンド・価値観を持った学生が集まっています。

 

そういった学生が異文化交流を促進するという目的の下、意見や考え方を共有し合って活動しています。
その中に身を置くことで、自分では思い付きも考えもしないような意見やアイディアに刺激を受けて、
日々、自分の世界が広がっているような感覚です。
新学期には、自分のアイディアを積極的に提案していって、イベントを企画し、
参加して頂く方々に世界が広がるような体験を提供出来たらいいなと考えています。

 

まだまだ未熟ものですが、精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。
それでは!

 

 

H.O. (Student Staff Leader)

MAY
2
4

私は国際交流が苦手です

実は、わたし交流をすることが苦手なんです。

 

中学生の頃やんちゃをしていた反動で、高校はダブルスクールで勉強にまっしぐらだった私は気が付いたら
一人で生きていける、いやむしろ一人の方が楽だ!と、いわゆる「おひとりさま」に10代という若さで仕上がっていました(笑)

 

皆さんの中にも、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね…!

 

そんな私が早稲田大学に入学し、たまたま入学式で隣に座っていた友人に連れられて
ICCのウェルカムカフェに参加し、学生スタッフに応募してからもう3年半という月日が経とうとしています。
そうなんです、私。ICCと学生生活を共にしたんです。

 

冒頭でも書きましたが、私は交流することが苦手なのです。(苦笑)
ICCの職員の方にも何度も「どうしてICCに?!」と聞かれましたが、
自分でも正直なところ分かりません。でも1つだけ言えることは、
一年生ながらも「これだ!」とピンときたのは確かなのです。
そして気づいたら、もうあと二か月で卒業というところまで来てしまいました(笑)

 

ICCと関わる中で、新しい自分にも気づけたような気がします。
話しかけるのは苦手なのですが、一度話しかけてもらうとガンガン喋ってしまうことや、
司会は苦手でも、誰かにICCについて紹介するプレゼンはちょっと好きだったり、
何より自分のアイディアをイベントにしていく過程、企画することが本当に好きなんだなと感じました。

 

反対に四年生になって、「国際交流とは一体何か」が分からなくなりました。

 

留学生と共通言語がない場合、絵やボディーランゲージだけで会話するのは?
グローバルに活躍する方のお話を聞くことは?
日本語を教えることも国際交流なの…?

 

そして四年生としての結論は、私は全て国際交流だと思います。

 

国際交流=言語ではありません。スポーツが良い例だと思いますが、
日本語で行うものなど、ICCでは言語力を問わない国際交流イベントがたくさんあります。

 

なにより、自称:交流が苦手な私が3年間何気なく取り組んできたことはまぎれもなく国際交流だったのだなあと、
今さらじんわり感じています。留学生だけでなく地域のおじさま方とお話したりしたのも一種の異文化体験でしたし(笑)、
交流のハードルってこんなに低かったっけ、と振り返って思います。
苦手だと思うあまり、体が自然と避けてきたのかもしれません。人とおしゃべりして、
いろんなお話を聞くことが楽しいと思える日が来るなんて、高校生の頃の私は思ってもみませんでした。

 

国際交流の定義はきっと、1つじゃないんです。思っている以上に複雑で、ずっと簡単なんです。

 

それが私の答えです。
なので、もう一つ言えることは、「交流が苦手だ」と思っている方にこそICCを利用してほしいということです。
ICCで自然といろいろな人と関わる中で、自分の性格も一年生の時には想像もつかないくらい変わったと思います。(ICC職員が証人)

 

これから何か新しいことを始めようかな…、就活に向けて何か始めないとマズイかな…?と思っている方、
「国際交流」のハードル、ちょっと高く設定しすぎてませんか?
学生スタッフとしてではなく、一学生として、自信を持ってICCをおすすめさせてください。
3号館1FのICCラウンジでお待ちしていますので、いつでも「話しかけて」くださいね!(笑)

 



 

ST(Student Staff Leader)

3 / 2412345...1020...最後 »