カテゴリー: ARTICLES (2ページ / 51ページ)

How`s Your Diet Going?

   How’s Your Diet Going?

                                                 E.K. (Student Staff Leader)

“When you starve yourself, you feed your demons”, as this quote demonstrates, eating occupies a big proportion of our lives. These days, beauty starts in mirror. People believe that if they eat what they’ve always eaten, they will weigh what they’ve always weighed. So, they take extra steps to withstand the greed of eating foods. Eating disorder is a disease which is caused by this inappropriate thoughts and minds which come from stress related to foods. Anorexia and Bulimia are two main diseases which current people suffer from.

Bulimia and anorexia sound similar but share differences. Anorexia is a sickness which people get when they have a fear of weight gain and a distorted view of their body size and shape. According to a research of MHN (Mental Help Net), people who suffer from anorexia eat very little and can become dangerously underweight. Many teens with anorexia restrict themselves not to intake foods by diet or excessive exercise. When they eat foods, the small amount of food becomes an obsession in terms of ‘calorie’. In addition, others with anorexia start binge eating. After intake foods, they try to get rid of the calories by vomiting.

Bulimia is another type of eating disorder. People with bulimia eat a large amount of food at once. Sometimes, they eat food that is not cooked or still frozen. Some people even retrieve food from trash. According to a research people with bulimia typically feel powerless to stop eating and can only stop when they are too full to intake foods anymore. They also vomit foods to justify their over-eating. If people with anorexia and bulimia keep the eating disorder, they will not be able to have balanced lives both physically and mentally.

Eating Disorder Referral and Information Center mentioned that “Eating disorders profoundly impact an individual’s quality of life: self-image, relationships and physical well-being. The process of starvation can affect most organ systems. Physical signs will be occurred including low heart rate, lack of menstrual periods, and hypotension. Complication such as tearing the esophagus, rupturing stomach, and developing life-threatening irregularities of the heart rhythm may also result.

To cure the disorders, first step in eating disorder recovery is admitting that relentless pursuit of thinness is out of our control. Next step is talking to someone to get support and understand the problems. Final step is seeking professional help. The advice and support of trained eating disorder professionals can help to regain health and learn to eat normally again.

With those solutions, people with eating disorder will be able to obtain opportunities to stay healthy with normal eating routines. As eating is one of crucial aspects of our lives, all of us should have proper eating behaviors. We cannot deny that having slim body brings happiness. However, happiness always brings beauty and confidence breeds beauty as well. We should be confidential about our own and be our own kinds of beautiful.

 

Reference
“TOP RATED for Finding Help for Eating Disorders Such as Anorexia, Bulimia and Binge Eating Disorder.” EDReferral.com, www.edreferral.com/consequences.

 

ICC企画者レポート:「本場インドに日本のカレーを!~KUURAKU GROUPの試みと成功の秘密~」

M.W.(学生スタッフリーダー)

みなさん、こんにちは!

11月9日に開催しましたトークセッション、『本場インドに日本のカレーを!~KUURAKU GROUPの試みと成功の秘密~』の企画者です。このイベントは私がICCの学生スタッフになって初めて企画、実施したイベントなのでとても思い入れが深いイベントとなりました。イベントに参加された方も、参加できなかった方も、読んでいただけたら幸いです!

‐企画者としての自覚‐

まず、ICCイベントは通常90分の実施時間で行っています。その90分の裏には膨大な時間と考慮が必要であることを「企画者」を体験して初めて気づきました。90分という限られた時間で参加者の心に残る内容を考え、準備するのは容易なことではありませんでした。他のスタッフの意見や助けを借り、多くの人を自分の企画に巻き込む必要が出てきます。このようなことから、ゲストスピーカーの方も含め、他の人の時間を取るからには自分の企画に自信と責任を持たなければならないことを強く思いました。

‐企画の経緯‐

シンガポールで2年間生活していた私は海外での日本食ブームを肌で感じていました。私が住んでいた近くのショッピングモールでは日本食のレストランが非常に多く、日本食に困ることがなかったほどでした。また、さらに驚いたのは味の再現だけではないということです。「いらっしゃいませ!」と迎えてくれる店員や清潔感のあるお店の雰囲気など、日本式のおもてなしも再現されていることに気づきました。「日本食の海外進出」は奥が深いテーマではないかと思ったきっかけです。

本トークセッションでは日本食を最前線で海外に広めていらっしゃるKUURAKU GROUPの廣濱様をゲストにお招きしました。カレーの本場インドで日本のカレーを販売する事業に現場で携わっていらっしゃるご経験をお話しいただくことで、ただネットで記事を読んだだけでは知ることのできない、スピーカーの思いや企業の理念というものを感じることができ、本当に良かったです。ご講演の中では、現地インドで実際店舗の運営をされていく中で経験された興味深いエピソードを沢山伺うことができました。参加者の多くが熱心にお話を聞いていたのが印象に残っています。

‐最後に‐

私は企画者でありながら、企画から当日までこのイベントを楽しむことができました。その一番の理由は、私自身の本当に興味がある話題を取り上げ、実現できたからだと思います。当日はゲストスピーカーの廣濱様のご提案で参加者の皆様にインドで実際に出されている日本のカレーをご協賛いただき、参加者の方に味わっていただきました。企画から当日まで、本当に多くの方にご協力をいただけたことは本当に幸せなことだと思いました。ありがとうございました!

ICC企画者レポート:「職業は『国創り』 ~イラクと日本の架け橋を目指して~」

K.M. (Student Staff Leader)

みなさん、こんにちは。
先日、11月28日に開催した、ICCトークセッション「職業は『国創り』 ~イラクと日本の架け橋を目指して~」を企画した学生スタッフです。
イベントにお越しくださった皆様、ありがとうございました!

実はこのトークセッションは、私にとって昨年の秋にICCのSSL(学生スタッフリーダ―)になってから初めて企画に取り組んだイベントでした。他のイベントの企画・運営をする一方で、最初に企画した本イベントがなかなか開催できず、紆余曲折の10か月を経てやっと先日開催することができました。ここでは、簡単に本企画の背景や裏側をご紹介できればと思います。

イベント企画のきっかけ

私が国際協力分野に興味をもつきっかけとなったのは、小学校低学年時に JICA 主催の国際協力イベントに参加したことでした。日本の農業技術が地球環境を改善し、開発途上国の人々の暮らしを支えることができることを学び、幼いながらも感銘を受けたことを覚えています。その後、高校では3年間、開発途上国の農業に貢献するために土壌改良の研究にも打ち込んできました。
大学に入学後も国際協力に対する思いは冷めることなく、積極的にキャリアセミナーやワークショップの参加をしていました。そこで出会ったのが私の高校・大学の先輩であり、JICA職員である伊藤綱貴氏でした。身近な先輩が世界で活躍される姿を知り、憧れと尊敬の念を抱いたのはもちろんのことでしたが、それと同時に、より多くの学生に同様の体験ができる機会を提供したい、さらには、世界を舞台に活躍していこうという意識を持った学生に、国際協力の仕事には実際どのような活動があり、その活動を通じてどのような社会貢献が可能なのか、より深く考えるきっかけ作りを提供できればと強く思いました。そこで、今回のトークセッション「職業は『国創り』 ~イラクと日本の架け橋を目指して~」の企画に至ったのです。

紆余曲折の10か月

イベント開催までを振り返ってみると長い道のりでした。
通常ICCのイベント企画は、内部企画書・外部企画書を作成し、依頼・外部打ち合わせやメールのやりとりを行います。そしてイベント実施が決定したら、イベントPRのための広報文やポスターの作成の順に取り掛かります。
今でも外部打ち合わせで麹町にあるJICA本部で人事の方と会議室で緊張しながら名刺交換をしたことを覚えています。その際、人事の方からいただいた思いもよらない課題を試行錯誤して考えたこと、さらには、その後急遽ゲストのイラクへの長期赴任が決定し開催日程や内容の再検討の対応を行ったことは、振り返ってみればよい経験となりました。

特にポスター作成とトークセッションの内容構成には時間と力を注ぎました。ポスター作成では、周囲のスタッフの意見を聞き、フォントのサイズやスタイルからゲストプロフィール写真加工、全体の色合いやデザインまで幾度となく作り直し・修正を行いました。私自身、もともとこだわりが強い性格もあり、ここで、多くの時間を費やしてしまいました。

完成したポスター

内容構成面では、いかに参加者の興味を引き付けることができるか、気軽に意見交換をできる環境を設定できるかゲストと共に何度も検討しました。
内容だけは少しの妥協もしたくない。
そんな思いが私を突き動かしていました。時差を考慮しながらバグダッドと東京間での国際電話、一時帰国の際にはJICAの事務所で打ち合わせをしたり…
さらに、事前に自分の周りの学生に聞きたい内容や質問のアンケートをとり、トークセッション中どのタイミングでお菓子を出すか等、細部までこだわりました。

イベント当日には、匿名の「なんでも質問カード」を作成し、参加者とゲストができるだけ近い距離で双方のコミュニケーションをとれるような工夫をも行いました。

  トークセッションの様子

講演会当日は司会進行役を務めながら、一参加者としてもゲストのお話に聴き入りました。伊藤氏のお話は、企画者の私自身はもちろんのこと、来場の方々にとっても、非常に分かりやすく説得力があり、異文化交流やキャリアを考える上で参考になるお話で、大変学びの多い時間となりました。

講演のなかで心に深く刻まれた言葉があります。
「好きをためらうな、だって好きなんだもんを大切にしよう」。
学生生活の中では、レポートや就職活動など合理的に説明することが求められる場面も多く、時には自分の意志に反して説明を行わなければいけない場面もあります。ただ、単なる「好き」は個性となりそれが最終的には自分の強みになると思います。
学生であるからこそ自由な時間と環境を活かし自分の「好き」に打ち込む、一見見失いがちなことの重要性を再認識することができました。

  イベント終了後の様子
参加者がゲストを囲みグループトークが行われていた。

イベント終了後も10人以上の参加者が残り、ゲストとのグループトークが終わらなかったため場所を移し、急遽大学の近くのお店で懇談会も企画させていただきました。
その後も、懇談会参加メンバーの参加者とゲスト、企画者を含む10数人のライングループもつくられ今でも交流が続いています。

最後に

アンケート集計の結果からも参加者の満足度が非常に高いイベントとなり、自分の思いがカタチになったことは非常にうれしかったです。ただ効率や広報の面で課題があり、まだまだ改善の余地があります。自分の強みは積極的に発揮すると同時に、弱みや改善点は意識してコツコツと直す努力をする、そんな基本姿勢の大切さも再確認する機会となりました。今回の経験を活かし、ICCでのイベントの企画・運営を通じて皆さんが国際協力をより身近に感じ、自分なりの異文化理解への考えを深める機会をどんどん打ち出そうと思います!

イベントを通して、参加者の皆さんがどんなに些細なことでも、何か一つでも行動に移そうと思うようなモチベーションに繋がれば企画者として嬉しいです。

これからも、皆さんが自分の興味・関心に正直となり、世界観を広げるような異文化への「入口」となる体験を提供出来たらいいなと考えています。

それでは!

  左から企画者、ゲストの伊藤綱貴氏、当日の運営スタッフ

 

 

私の伝えたいモンゴル

新SSLのS.Rです。Sain baina uu! この挨拶、聞いたことはありますか?実は、日本と同じ東アジアに位置するモンゴル国の挨拶です。地理的にはとても近いですが、小学校の教科書に載っているスーホーの白い馬のイメージしかないという方が多いのではないでしょうか。このブログでは私が初めて行った外国である、モンゴル国について執筆しようと思います。写真もたくさん載せたため、モンゴルの爽快感を感じていただきたいです。

なぜモンゴルへ行く機会があったのかというと、モンゴルのドルノゴビ県(ドルノ=東、ゴビ=砂漠)と私の県が姉妹都市であり、高校生交流団が毎年双方から派遣されているためです。そして、モンゴルへ行こうと思ったきっかけは、日本から出てみたいという思いが強かったからです。

また、私のランゲージ&カルチャー・エクスチェンジのパートナーはモンゴル人留学生であり、交流の中でモンゴル語の勉強をしています。そのため、私に対してモンゴルのイメージを持つ人が周りには多いです。

モンゴルは飛行機で5時間程、時差は1時間、サマータイム中は時差なしということで繰り返し述べますが、非常に近い国です。また、モンゴルの中高生は日本語の勉強をしており、親日です。

 

以下、モンゴルのイメージを構成するものを私なりに挙げてみました。

 

写真1:ゲル

遊牧民の住であるゲルです。様々な形がありますが、モンゴルのものは横に幅が広く、平たいです。カザフスタンなどは縦に長いです。

この写真のゲルに2泊3日しました。1時間程で組み立てることができ、乾いた風が吹き込んで中はとても快適です。

日本にもゲルに泊まれる場所はいくつかあります。次のキャンプにゲルはどうでしょうか?

 

写真2,3:羊肉

モンゴル人の遊牧のメインは羊です。そのため、毎食羊肉が出されました。色々な料理がありますが、ここには例で2つあげました。2枚目は餃子のようなもので、中に羊肉が含まれています。羊肉に似たにおいをかぐと、いつもモンゴルでの思い出が蘇ってきます。

 

写真4,5,6:ナーダム(舞踊、ブフ、競馬)

ナーダムとは、毎年7月に行われるモンゴルの国民行事です。ブフ(格闘技でモンゴル相撲とも呼ばれる)・競馬・弓射が行われます。

写真4はブフ前の舞踊です。モンゴルの伝統衣装を身にまとい、遊牧民らしく馬の真似や戦いなど、力強い踊りを披露してくれました。

私は写真6の競馬がとても印象的でした。競馬に参加するのは子供のみであり、5~10歳くらいがメインです。モンゴルの子供は3、4歳から馬に乗り始めます。6歳以上のレースでは約30kmも走らなくてはなりません。モンゴルの子供たちはとても勇敢です。

 

写真7,8,9,10:大草原、砂漠1、砂漠2、星空

北側は見渡す限りの大草原です。そして、南側は一面の砂漠です。360度地平線に囲まれたのはモンゴルへ行った時が初めてでした。とても爽快です。三枚目は砂漠で遊んだ写真であり、とてもおしゃれなものが撮れました。私たちの泊まったエリアには街灯などは全くないため、上の写真のように満天の星空でした。この自然を体験するために、モンゴルへ行ってみるのもいいかもしれません。

 

写真とコメントは以上です。

この間、日本の企業がクリーンエネルギーのビジネスでモンゴルへ進出しているというニュースを目にしました。太陽光発電や風力発電など、モンゴルは日本にとって欠かせないパートナーとなっていくでしょう。

このブログを読んで、モンゴルに興味を持っていただけたら幸いです。

また、このブログを読んだモンゴル人学生がいたら、ぜひ声をかけてもらいたいです。

S.R(学生スタッフ)

A Message, From One English Speaker to Another, on Japanese

My Story

Before coming to Japan, most foreigners start learning Japanese beforehand. Japan is known to be a monolingual country with a small population that actually truly knows how to speak English (even worse, other languages). For a country that requires English as a language classes for years in their education, most would expect a bilingual population. However, that is absolutely not the case.

To make matters worse for me, I was not one of those foreigners who prepared beforehand. I did not take any Japanese classes. I did not listen to J-Pop or watch anime. I did not even try Duolingo or any of those basic Japanese language apps one can easily download on the phone.

Yet, I chose Waseda University.

Waseda University originally wasn’t my first choice, but the day I decided to visit Waseda University, and see it from beyond the Internet pictures and blogs, changed my college path drastically. When I entered the South Gates of Waseda, I was in complete awe. As I walked down the paved path, tall trees towered and welcomed me, then led me to the heart of Waseda campus. There, the Okuma Statue stood in all his glory, gazing at the Okuma Auditorium straight ahead, where the symbolic clock tower, the representation of the beginning of Waseda University, perched. From then on, I wanted nothing more than to be a Waseda University student.

As one can tell, Japan was a last-minute decision for me. Even though I had a summer to prepare, I did not bother to learn Japanese beforehand, thinking to myself that I was going to learn it anyway: why pay for additional Japanese classes? But when I came to my Japanese level 1 class and my first Japanese class ever, my teacher held a diagnostic test on katakana and hiragana. Needless to say, I knew nothing. I stared at the sheet of paper and asked myself, “What even is hiragana and katakana?” After, my teacher took and glanced at my blank piece of paper – by the look of her face, I knew she was not happy. She quickly announced at the front of the class “If you don’t know any hiragana and katakana, I highly recommend you drop this class and take level 0.” How much lower of a Japanese level could I get, I thought. “Next week’s class, the same hiragana and katakana test will be given to you to see if you can stay in this class or not,” my teacher added. Then, she dumped a thick package with all practice sheets on how to write and pronounce the hiragana and katakana. My heart dropped at the sight.

Figure 1: My First Japanese Class (Comprehensive Japanese Level 1)

That same day, I studied at the lobby of my dorm, trying my best with the first few characters. But nothing would stay in my head because I have never been exposed to learning characters, except maybe learning the alphabet when I was 2 years old, but obviously, I barely remembered that. I had no idea how to study for 46 characters – how to write and read them – in one week. I remember feeling the tears quickly build up, my heart sinking to my stomach, and the general feeling of being so stressed as I stared and counted the seemingly endless pages of the workbook. But I was more motivated than discouraged so, every day for hours, I practiced my ‘a, i, u, e, o… ka, ki, ku, ke, ko…”

And in just one week, I learned my hiragana and katakana.

Now, it has been a year since, and looking back at that instance, my Japanese has grown immensely: from knowing nothing to being able to read, speak, and write Japanese (including kanji) – not perfectly or fluently, but definitely better than Day 1. I will admit that my experiences with the Japanese language were definitely not easy. Learning in such an intensive pace brought so much pressure that some instances I would get so frustrated and cry. Plus, being unable to understand anything, such as being around friends who spoke to some extent, added to my frustrations. In fact, even now, I still get frustrated with learning Japanese.

Yet, throughout all the hardships, I would not take a single moment back because these experiences made me stronger and all-in-all benefitted me greatly. I can look back and be proud that I made it. I can remind myself while I face other obstacles that if I can make it through my first year in Japan, then I can make it through anything.

Ultimately, I don’t regret my decision of Japan. It was my decision to choose a completely unfamiliar environment and challenge myself immensely. I am glad I chose Japan and I am glad I chose Waseda University.

My Message

Honestly, learning Japanese is going to be one of the hardest and longest skills to achieve. This is not meant to discourage you because although it seems much for just one skill to be added to a resume, it is the journey that matters the most. I am still in the path to fluency and I can confidently say, in one year, learning Japanese has also changed me as a person, and for the better. I have learned:

  1. Patience – learning Japanese, or any language for a matter, will take time. It is completely okay to pace yourself so you don’t lose your love for the language.
  2. Hard Work – along with patience is hard work; you cannot learn without effort.
  3. Open-mindedness – learning a language is not just learning grammar, speaking, etc.; it is learning a country’s culture.

I have to commend any English speaker who exits their own comfort zone to learn a language like Japanese. You are learning a whole new way of writing, speaking: all in all, communicating. The grammar of Japanese and English are complete opposites. It is okay to admit you are having a hard times; not to admit defeat but to keep trying.

There is no other path but improvement. がんばれ!

Figure 2: After One Year in Japan

B.P (Student Staff Leader)

Hello, Hijab!

Last October, ICC held an event called “Hello, Hijab!” at Okuma Garden House. I was actually not the one who proposed this event. The one who did it was Ade, an Indonesian student of GSAPS. However, even though I was not the one who proposed this event to ICC, I have always wanted to introduce hijab to non-Muslims through fun and interactive event. For that reason, I was so happy when I got assigned as the SSL in charge of this event. This event means a lot to me not just because it is actually the first event that I organized in ICC, but also because through this event, I can fulfill my duty as a Muslim to introduce our religion’s custom.
The purpose of this event was not merely to introduce hijab, but to let the public, specifically students of Waseda University know that Islam is not a religion filled by pathetic extremist like what the media says, and hijab is not limited to black and white. As we all know, there were many attacks allegedly done by ISIS, a group of Islamic extremist. Along with that, there has been a lot of discrimination targeting Muslims all over the world. That is why I wanted to give Waseda students the opportunity to interact with Muslims from different countries and give other Muslims the opportunity to show that Islam is actually a really peaceful religion.

One of the hardest parts of organizing this event was gathering Muslim supporters. At first, we tried to recruit Waseda students through ICC’s mailing news. Little did we know that there are not that many Muslim women who are wearing hijab in Waseda. We received few replies from male Muslims who helped us spread the news about this event outside of Waseda to find supporters.

To make their task easier, I decided to create a poster for recruitment and asked them to put it in mosques and other places. It took some time and a lot of patience, but long story short, we managed to gather 13 supporters. Since most of our supporters are not from Waseda, it was difficult to hold a meeting where everyone could participate. Consequently, the meeting was held pretty late. But, thankfully, all of our lovely supporters were so enthusiastic and cooperative.

On the day of the event, I was pretty nervous. However, looking at my supportive teammates and cheerful supporters, I felt a bit relieved and grateful that I had the chance to do this event with these people. The event went pretty smoothly without any major problem. During the first session of the event, which was presentation about hijab, Ade-san introduced about hijab a little. Since the purpose of this event was not to give formal education about hijab, she tried to make it as enjoyable to listen to as possible so the participants could comprehend the content easily.

The next session was the tutorial session. During the tutorial and tryout session, the participants all seemed very enthusiastic. They walked around looking at different scarfs that was exhibited and picked their favorites to try on. The supporters were also very kind and friendly to the participants. They all patiently helped the participants to put on hijab while making conversations. Some people even took pictures with each other, filling the room with smiles and laughter.

After the tutorial, the next agenda was the fashion show. We had a lot of difficulties convincing people to join the fashion show because most people were too shy and they thought it would be like one of those fashion shows in fashion events. After failing a few times, 7 lovely girls were willing to be the model for the fashion show. Each of them wore clothes in different theme that show how do Muslim women mix and match their outfits. From the ICC, Kawaguchi-san, which is another person that was in charge of helping the event, and I also did the fashion show. When the models walked the mini runway, the participants seemed very interested; some of them even took pictures and videos.

The last session of the event was café time. During this session, we gave the participants and the supporters more time to interact with each other while drinking and eating snacks provided. We also received snacks for café time from a company called “Osama Rice Cracker” that kindly supported ICC’s event for the second time. Looking at these people who did not know each other interacting enthusiastically somehow made my heart felt warm and my chest was bursting with happiness.

N.M (Student Staff Leader)

Have a Glimpse of Thai in Tokyo

I was born and raised in Indonesia. However, ever since coming to Japan, instead of going to Indonesian restaurant, Thai restaurant is actually the place that I’ve visited the most and will keep on visiting.
When I was in Indonesia, the only Thai food that I know was Tom Yam Kung. For those of you who do not know, Tom Yam Kung is a spicy seafood soup. Please note that what I mean by spicy is like, really spicy, especially for people who is not used to spicy foods. Apart from Tom Yam Kung, I know nothing about Thai food. I was not even interested to try.
However, everything changed after I got close with a Thai girl. She shares the same hobby with me; eating. Whenever we’re bored, we’d open Instagram and watch food porn. Who else does the same thing? Don’t be ashamed and raise your hand high!
One day, we were too hungry and couldn’t stand watching videos of foods anymore. An impromptu visit to a nearby Thai restaurant was the result, which then became our favorite Thai restaurant and our go-to place whenever we miss each other.
The restaurant is called “Baitong”. This restaurant is not one of those famous restaurants that gets high ranking on TripAdvisor, Taberogu, etc. But, I can promise you this restaurant won’t let you down. The owner of the restaurant is a really nice and honest old lady from Thai who has been living in Japan for so many years.
This place opens from Monday to Saturday. I prefer to go to this place during dinner time because the restaurant offers more interesting Thai foods. However, during lunch time, they also offer set menus that are worth to try.

Since it is really hard to pick just one favorite menu from this place, I’ll share my top 7 picks.

  1. Pad Thai
    The first one is their Pad Thai;   a really famous Thai street food. It is a stir-fried rice noodle mixed with eggs, vegetables, and seafood. The Pad Thai in this place is out of this world. Even my Thai friend said that although she lived in Thai for so many years, the best Pad Thai she’d ever had was the one from Baitong. One extra tip: Add chili oil for more intense kick and thank me later!
  2. Tom Yam Kung
    What do you call a Thai restaurant without a delicious Tom Yam Kung?
    See why it is in one of my top picks? Just looking at it makes my mouth water. This is the best food to have for when the weather is cold or anytime you’re craving for spicy soup. This place serves their Tom Yam Kung in a little clay pot. Cute, isn’t it?
  3. Nua Rad Sauce Dang
    This dish tastes quite different from other Thai foods because it is neither spicy nor tangy. However, let me warn you; the sauce is addicting. Like, really. It is a red wine sauce that compliments the beef so well. The texture of the beef is also juicy and very easy to munch on.
  4. Som Tam (Green Papaya Salad)
    For those of you who are concerned with health and have little to no tolerance for oily foods, Som Tum is for you. It is a green papaya salad with a lot of flavor; tangy, spicy, salty, even a bit sweet if your tongue is sensitive enough to notice.
  5. Pla Rad Prick
    Don’t get fooled by the pics. This dish may look small, but it is actually big enough to feed two hungry people. It is a deep fried fish topped with sweet and sour sauce with a generous amount of pineapples! Sounds legit, right?
  6. Kanom Mo Gang   
    Baitong only serves few desserts and this one is my favorite. It is not something that you can easily find. It tastes like pumpkin cake. What is unique is they put fried onions on top of it. However, trust me, you won’t smell the onion. It just tastes all wonderful and sweet.
  7. Thai Milk Tea
    Last but not least: Thai milk tea!
    Fun fact: This drink is actually not in the menu, so try asking the owner for it and taste it yourself!

Here is the address of the restaurant if you’re interested:
【日本語】〒150-0002東京都渋谷区代々木3-39-15
【English】3-39-15 Yoyogi, Shibuya-ku, Tokyo-to 〒150-0002

Give it a try and join the addicted-to-Thai-foods club with me!

N.M (Student Staff Leader)

 

 

 

はじめて災害ボランティアに参加してみて・・・

こんにちは、ICC学生スタッフのT.Sです。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。今年の日本は猛暑、台風、地震、豪雨とあらゆる異常気象が度重なり、本当にchaoticでcrazyな一年でした。

さて、7月の初旬頃、広島県や岡山県など西日本を中心とした大豪雨災害があったのを覚えてますでしょうか。正式名称は「平成30年7月豪雨」です。私は、この度岡山県真備町に災害ボランティアとして赴きました。たったの3日間でしたが、このボランティアで多くのことを学び、素晴らしい人に出会い、ボランティアに対する価値観ががらりと変わってしまうような経験をしました。その体験をこのブログに記したいと思います。このブログを読んだ後、「私も一回ボランティアに行ってみたい!」、そう思っていただければ嬉しいです。

私は、WAVOC(早稲田大学ボランティアセンター)が実施する「西日本豪雨倉敷災害ボランティア」というプログラムに参加しました。このプログラムではWAVOCより交通費と宿泊費が支給されます。私は、交通費と宿泊費の支給があるということで、ボランティアってどんなだろう?というような気軽な気持ちで参加しました。

一日目、二日目ともに作業内容は主に一般住宅の土壁はがしや土砂のかき出しでした。災害から二カ月近く経過していたため、町中のがれきや土砂は撤去されていましたが、まだまだ、一般住宅内の土砂などは残っているというような現状でした。作業自体は複雑なものではありませんでした。しかし、まだ夏の暑さが残る中、粉塵舞う住宅内での作業は容赦なく私たちの体力を奪っていきます。このような状況下の中、徹底していたのはしっかり休憩を取ることです。10分作業をしたら、必ず10分の休憩を取っていました。「10分休憩なんかいらない。時間がもったいないし、まだまだできる!」というのが正直な実感でしたが、特にベテランのボランティアの方であるほど、このルールを徹底して守っていました。決して、自分の体力を過信しないこと。このことが災害地での作業において最も大事であるということに気づきました。またもう一つ、休憩を取って良かったことがありました。休憩の時間はチーム全員軒先に座り、水を飲みながら、みんなの趣味や仕事など本当にたわいのない話をして過ごしていました。こうすることで、最初は知らない人同士でしたが、徐々に打ち解けていき、午後の作業になると、休憩の時間が少しずつ楽しみになってきました。私は、大阪出身ということもあってか(?)、同じく大阪府堺市出身、前日に車を飛ばして現地入りしてきた40代男性Mさんに、ひたすらいじり続けられました。大阪恐るべし!そんな、何とも大阪っぽい穏やかな空気感の中、一日の作業が終わり再びボランティアセンター本部に着いたころには気持ちの良い充実感と作業を通して生まれた友情が私たちを包んでいました。さらに、Mさんとは、再びどこかのボランティア先で「偶然」会ったら、焼肉をごちそうしていただく、という約束を交わしました。また、会えることを楽しみにしています!

さて、実は2日目の作業に向かっている最中、Mさんに「作業はしんどいかもしれへんけど、せっかく来てるんやし、ボランティア楽しむんやで~」とこっそり声をかけていただきました。私は、それまでボランティアは肉体的にも、精神的にも辛いものでなければならないと考えていました。災害地には多くの被害者がいて、大切なものを失った方たちがいます。そういった方々のお気持ちを考えれば「楽しい」と言うことは、はばかられるような気がしていました。しかし、Mさんの一言で参加者が楽しむという姿勢も良いのではないかと思うようになりました。ボランティアが楽しければ「また行ってみよう」という気持ちにもなるから、自分のためになる。しかも、それが結果として現地の人のためにもなるのであれば、お互いにとって有意義なボランティアとなるのではないでしょうか。また、何より、現地のボランティアセンターの方々からとびきりのホスピタリテイーをいただきました。被災者であるはずのおじちゃんやおばちゃんがドリンクを笑顔で渡してくれたり、また来てなぁと声をかけてくれたりしました。私自身、こんなに、気持ちのいいボランティア先で作業させていただけるのであれば、また行きたいと思わずにはいられませんでした。皆さんはどう考えますか。「楽しいボランティア」、ありでしょうか。

そして、もう一つこのボランティアで大事なことを学びました。それは、リーダーシップを発揮することの難しさと大切さです。今回、私は自ら志願して10人チーム(お互い寄せ集めの知らない人同士のチーム)のリーダーをさせていただきました。そもそもボランティア初体験でしたので、右も左も分からず、つい自分のことで精一杯になっていました。それでも、チーム全員が道具集め、作業の確認、事後報告など、本来リーダーの仕事を僕に丁寧に説明しながら手伝ってくれました。特に、このような災害地域では一人一人が危機意識を持ち、全員が自分のすべきことを考えながら動くことが大事です。誰がリーダーであるということは関係ありません。受け身の姿勢でいるのではなく、一人ひとりが主体性を持って行動することが大事です。このことは私たちの日常生活にも言えることではないでしょうか。皆さんは、少なくとも何らかのスポーツやサークル、ゼミなどの組織に所属していると思います。あなたはリーダーの指示待ちの状態にはなっていないでしょうか?誰かがしてくれるかな、と人任せになってはいないでしょうか? 私は、一人一人が主体的に行動する重要さを、身を持って体感しました。簡単なことではないですが、そのような人が多いほどその組織は強力なものになると思います。

以上、私のボランテイア体験記でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

T.S(学生スタッフ)

5 Autumn Leaves Viewing Spots in Tokyo and Around Tokyo

Hello everyone! This is A.B. reporting, ICC student staff who loves traveling and taking photos! Autumn is my favorite season because of the following three reasons: I was born during October, it is neither too cold nor too hot and I love autumn leaves. Autumn is very beautiful in my home country as well but what we don’t have compared to the Japanese autumn are maple leaves or temples and shrines. Japanese shrines with their red torii match so well with the red maple leaves, don’t you think so?

I am writing this post to introduce 5 places where you can admire the beautiful autumn leaves in Tokyo and not so far from Tokyo. Taking long walks in the nature and admiring the colorful leaves, from yellow to orange and red leaves, is one of my favorite activities these days. I hope I can convince you to visit at least one of the places below, if you haven’t already.

 

 

1. Shinjuku Gyoen National Garden 新宿御苑

One of my favorite places in Shinjuku and maybe in Tokyo in general. It is truly an oasis of serenity in the middle of the busy Shinjuku area. And besides the beautiful red maple leaves, around this time you can also find a special kind of cherry blossom tree there, the fuyuzakura 冬桜(winter cherry blossom) that blooms when it’s cold (hence the name).

Shinjuku Gyoen is also beautifully illustrated in the animation movie Kotonoha no Niwa 言の葉の庭 by director Makoto Shinkai, who also directed the famous movie Kimi no na wa 君の名は. I recommend them both for the beautiful animation style and interesting plots.

2. Rikugien Garden 六義園

Another wonderful garden in central Tokyo, where you can enjoy a few moments of peace and escape the busy city life, at least for a little bit. It might be not so well known so when I visited it, it was less crowded than other similar places, which is great if you don’t like super crowded places and are looking for a place to relax. And during the kouyou 紅葉(autumn leaves) season, they also have a special light up (illumination) session, that will last from November 17th to December 9th this year so don’t miss it!

3. Showa Kinen Park 国営昭和記念公園

A bit further away from central Tokyo, located in Tachikawa, Showa Kinen Park is a huge park where you can easily spend a whole day doing outdoor activities, having a picnic or just taking a stroll around. I visited it during all seasons because there is always something to see there (for example poppies and hydrangeas in summer, tulips and cherry blossoms in spring and so on). During autumn, there is a beautiful alley of ichou イチョウ trees (that you might have already seen inside the Waseda campus), and a vibrant yellow tunnel is formed. You can really feel autumn by walking under this tunnel. And not far from this park, there is an Ikea store with a great restaurant inside, so you might as well consider going there for a yummy lunch.

4. Okutama 奥多摩

Although Okutama is still considered part of Tokyo, it actually takes about 2 hours by train from central Tokyo and it feels so different. It is a mountainous district with rich nature, a perfect place for hiking. The hiking trail called Okutama Mukashimichi 奥多摩むかし道or Old Road of Okutama offers spectacular views of the valley framed by the beautiful autumn leaves. At the end of this hiking trail, you can find Okutama Lake. From there, it is a good idea to take the bus back to Okutama station and end the day with a dip in Moeginoyu Onsen もえぎの湯, hot spring which is believed to have a soothing effect. Onsen after a long and a bit chilly hike in the mountains is a great way to end the day.

5. Arakurayama Sengen Park 新倉山浅間公園

You might have seen the iconic postcard-like image of Japan with a red pagoda and Mt. Fuji behind. That is Chureito Pagoda and can be found in Arakurayama Sengen Park in Fujiyoshida, Yamanashi Prefecture. It takes 2 hours by bus from Shinjuku but it is definitely worth the long trip.

You can get this amazing view if you are lucky to go when it’s clear and Mt. Fuji is not hidden behind the clouds. Unfortunately, I visited during a rainy day so there was no sign of Mt. Fuji. However, the landscape was still beautiful and the autumn leaves there were gorgeous. I really recommend going there during autumn or spring.

 

 

So this is it, my 5 places to go for autumn leaves viewing in Tokyo and around Tokyo. I hope you liked this article and let us know if you have any recommendations as well by dropping by the ICC lounge whenever you want 🙂 Thank you for reading!

A.B (Student Staff)

 

 

 

ネパールで見た景色

みなさんこんにちは!学生スタッフのM.W.です。私は高校3年生の卒業直前のフィールドトリップでの体験をシェアしたいと思います。

タイトルからもお分かりかと思いますが、ネパールに行きました。計2週間ネパールで滞在し、最初の1週間はマーディヒマール登山、後半はネパール文化体験、というスケジュールの任意参加の修学旅行でした。卒業直前だったため、旅行するのだったらネパールに行くよりもっとおしゃれなプーケットやバリのビーチに行きたいという同級生がたくさんいたのですが、私は一生に一回の経験をしてみたいと強く思い、迷うことなく参加を決意しました。ネパールでの体験を登山編と文化編に分けてお伝えします!

― 登山 ―

私が登ったマーディヒマールというコースは一週間かけて標高3700mのハイキャンプをめざし、ネパールで神秘的とされている有名な山マチャプチャレを眺めることができるというコースでした。マチャプチャレというのは写真でもお分かりいただける通り、魚の尾という意味だそうです。世界で13番目に美しい山らしいです。← 後から知りました!

きれいな景色、おいしそうな食べ物、そしてなにより人生初のネパールに行けるということからあまり深く考えず、期待を膨らませていた私ですが、いざ着いてみると心情は一転。早く帰りたい!と1日目から思ってしまったのです。最もいやだったのが6日間シャワーできないという状況。一週間の登山中、通り過ぎる村や小屋で宿泊していたのですが、シャワーが設置されているところもありましたが、シャワーを利用しないほうがきれいでいられるような様子(想像にお任せします)だったので、ダイソーで事前に買っておいたベビーシートで乗り切りました。

― ネパール文化 ―

山から地上へ帰還してシャワーという文明に感動しながらカトマンズを中心にたくさんの観光地に行きました。中でも印象的だったのはボダナート・ストゥーパというとても大きなチベット仏教を象徴する塔です。この周りでのお土産屋さんでは値段交渉が頻繁に行われており、友達と誰が一番安くお土産を買えたのかという話で盛り上がりました。

カトマンズから少し離れたところにバクタプルという古代都市があります。立派な観光地だったのですが、私は少し悲しい気持ちになってしまいました。まず、歩き回っていると、子供たちが「お金がほしい」とか「おなかすいたよ」と物乞いしてきました。

また、野良犬たちもたくさんいました。私は犬が大好きなのですが、狂犬病が怖くて触れることができませんでした。さらに、2015年に起きた巨大地震によって多くの建物が壊れていました。ガイドの人がおっしゃっていましたが、修理するお金がないそうで、地震から2年たってもあたりは瓦礫だらけでした。世界中の国の支援を受けてもなお重要な遺産の修理が行われていないことが残念でなりませんでした。

少し長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます!皆さんもネパールに行ってみてはいかがでしょうか?日本とネパールには60年続く友好関係があるそうです。トリップに付き添ってもらったネパール人ガイドの方は2人とも日本語がペラペラでしたよ!ネパールでの体験は大変なこともたくさんありましたが、今では私にとって忘れられない宝物です。
ではではナマステ!

M.W(学生スタッフ)

2 / 51ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén