MAY
2
4

Not Confident with Speaking Japanese? -Meet Japanese at the ICC that are willing to talk to foreigners like you-

Having lived in both Korea and the USA for a long time, I’m used to meeting people who come from various backgrounds. It’s my first time living by myself in Japan, and having stayed here for a little over two years, I`ve felt that advertising and exposing yourself to many experiences is truly important.

 

 

When I first came to Japan, everything was difficult because expressions were limited to 2-3 words in a sentence, and problems were solved mainly with body language.
If I came as a tourist, it would totally not have been a problem, but considering that I would have to live here for 4 years I knew it would be very difficult to live with thatlevel of Japanese.
However, I believed in myself that I could learn another language fluently, and I wanted to go to college in another country besides Korea and America since I already experienced the education system there.

 

 

Then, at quite an unexpected moment, the International Community Center appeared as a key for solving my difficulties in communication matters.
I had wanted to meet Japanese people to increase my speaking skills, but as a foreigner who cannot speak any Japanese, I guess it was hard for only-Japanese speaking people to be able to communicate with me too.
Also there are Japanese people who keep their distance from confronting foreigners, usually because of the language barrier.
However, Japanese people who come to the ICC are seeking to learn other languages and are not uncomfortable with having to face foreigners in everyday situations. So ICC was a great chance for me to have confidence in speaking Japanese.
They would wait for me, and were keen on what I was trying to express as my opinion.

 

 

The ICC provides a great amount of programs that allow foreigners to be exposed to a lot of Japanese, and what I would suggest is, learn grammar in Japanese classes at CJL, and apply that when you come to the ICC to talk with Japanese people. You will be less bored in class, getting to think that you will able to use what you have learned, and actually feel that confidence you never thought would appear regarding Japanese.

 

 

Try your best to experience whatever is out there, and that experience will then help you later on and make you a greater person than before.

 

 

 

JH (Student Staff Leader)

MAY
2
4

実は壮大?絵本からのメッセージ

みなさん「読み聞かせ」ってご存知ですか?主に小さいころに両親が絵本を声に出して読んでくれる、という習慣です。日本人の僕は主に母親からほぼ毎日してもらっていました。読み聞かせをしなくなるまでに、本当に数多くの本を読み聞かせてもらったのですが、最近になってふと読み返してみると本当に面白いものばかりなんです。ストーリーの裏に隠された作者たちのメッセージが手に取るように感じられ、「なるほどこれは親も読み聞かせたくなるものばかりだなあ」としみじみ考えさせられました。

 

そこで今日は皆さんにあるウクライナ民話をご紹介したいと思います。福音館書店出版で、絵は エウゲーニー・M・ラチョフ、訳は 内田 莉莎子の「てぶくろ」という作品です。日本でも広く読まれており、ご存知の方も少なくないでしょう。

 

このお話の簡単なあらすじは大まかに言って…「ある冬の夜におじいさんが森の中に手袋を落としてしまったことに気づいて引き返すまでの間、残された手袋には様々な『住人』が現れる。ねずみやカエル、うさぎにイノシシ、しまいにはクマまでもが『私もいれて』とやってくる。落ちた手袋を先に見つけたおじいさんのつれ犬が、手袋の怪しげな様子を見て大きな声で吠え立てると、動物たちは森へと逃げ帰ってしまった。とそこにおじいさんが現れ無事手袋を拾いましたとさ。めでたし、めでたし。」といったところでしょうか。初めて読んだときは、ただのシュールな作品にしか思えなかった(というのも、手袋に入っていく森の動物たちが途中から異常な大きさになっていくからです)のですが、大人になってから読み返してみて自分なりの解釈に行きついて感動しました。(以下はすべて僕の主観です。)

 

実は、この絵本の中で手袋の持ち主であるおじいさんは何も知りません。おじいさんはただ雪山で手袋を落としたことに気づき、犬が吠えている方向へ行ってみたらそこに自分の手袋が落ちていたというだけの世界だったのです。しかし、その間には確かに大きなストーリーがありました。森から様々な動物たちが現れ、「ここに住むことにするわ!」と言って勝手に手袋の中で暮らし始める。しまいには熊までもが入ってしまうほどの壮大さを含んだ「面白い」物語が“おじいさんの知らないところで”展開されています。ここで僕が思うのは、おじいさんは人間一般の象徴である、ということです。すなわち、作者の伝えたかったメッセージとは「みなさんの知らないところでどんな面白い物語が眠っているかわかりませんよ?もっと周りの世界やそこにある物語を注意深く見てみませんか?」ということだったのではないでしょうか。ね、とてもほっこりする物語でしょ?他にはディズニーアニメの「トイ・ストーリー」にも同じことが言えるかもしれません。

 

今日は皆さんの周りでどんなお話が展開されているのでしょうね

 

 

 

(T. K. 学生スタッフリーダー)

MAY
2
4

神楽坂 石畳と“塀”のなか

皆さんは、神楽坂に行ったことがありますか?

 

 

早稲田駅の次の駅である、神楽坂。九段下や大手町に比べ利用客は少ないが、品のいい駅である。

 

神楽坂駅の出口を出ると、目の前になだらかな坂道が広がる。神楽坂通りだ。地面は赤色のレンガ畳が敷き詰められており、両端には街路樹として欅(けやき)が植えられている。

 

 ハイヒールの音をコツコツと鳴らしながら、神楽坂通りを下る。両側には陶器店、金物店、書店、和菓子店、甘味処など昔ながらの店が目立つ。一方で、洒落たカフェやベーカリー、雑貨店などもあり、昔と今が融合している。

 

 そんな神楽坂通りを少し歩くと、ある通りとぶつかる。本田横丁だ。車一台が通れるくらいの道幅で、居酒屋が軒を連ねる。私は、引き寄せられるように、その横丁に入った。午前中のせいか人通りも少なく、自転車に乗った主婦の方とすれ違うくらいだ。

 

 そんな下町情緒が漂う、横丁をすすんでいるといきなり石段が表れた。一歩一歩、ゆっくりと、その石段を、のぼる。その石段をのぼった先に広がる光景に、私ははっとした。
とても、東京だとは思えない、古京都のような細い石畳が広がっていたのだ。道の両側は、白や黒の高塀でおおわれている。塀は屋根が付いており、下部は苔でおおわれていた。屋根の上からは、若々しい木々が頭を出している。私は、どうしても塀の中を見たいという気持ちに駆られた。

 

だが、塀は高く、中をのぞくことはできない。その上、塀の中からは物音ひとつ聞こえなかった。さらに、石畳には、細い電柱が一本控えめに立っているだけで、人っ子一人いない。

 

 いったいここはどこなのだろうか?まるで不思議な世界に迷い込んだような気がして、このまま進んだらこの細い石畳の通りから出られなくなるのではないかと思った。

 

 のちに調べると、その通りは「兵庫横丁」という通りで、武器商人の町であったことからその名が付いたらしい。鎌倉時代から続く由緒ある通りだった。軒を連ねていたのは、あの塀の中は、料亭や旅館であった。しかし、塀の中に何があるのかを知っても、私はあの塀の中になぜか引き寄せられる。

 

 

 

 皆さんも私の話に興味をもったなら、ぜひ「兵庫横丁」に足を運んでほしい。

 

 

TM(ICC 学生スタッフ)

MAY
2
4

写真のある暮らし

日本に来てから、なんとなく、周りの「一瞬」を撮るのが好きになった。

 

先日、早稲田通りに歩いていたとき、親子二人は楽しく「バドミントン」をしていた。



この風景を見ながら、「これこそ人生だ!」と感じていた。写真を撮らずにはいられないほど感動していた。というのも、この三ヶ月間、普段私が見かけている日本の人たちは何処でも、いつでも忙しそうに歩いている。特に駅の中では、みんな同じようなスーツを着て、何の表情もない顔をしながら忙しく歩いている。こういう場面は私にとってとても圧迫的だった。しかし、この親子たちに見たときは心から安堵した。落ちた葉が散らばっていた道の中で何にも縛られずただ自由に自分の時間を心地よく過ごしていた。この親子たちは駅の中の人に比べてまるで別の世界に住んでいる人だった。

 




またある日、ICCで仕事をするため、初めて西早稲田キャンパスに行った。西早稲田の隣は新宿コズミックセンターがあり、そこに向かう道の両側に銀杏の木が植わっている。日の光が葉っぱの間から差し込んでいて、寒さを忘れるほど美しかった。心も癒された感じがして「さすが東京の秋だねぇ~」と思わず声が出た。というのも、その一週間は日本に来てから一番混乱した一週間、精神も肉体も本当に駄目だと感じて、自分もバラバラになってしまった状態だったから。にもかかわらずこういう景色を見ると、悩みとか痛みとか一瞬で消え去ったような感動を覚えた。これは多分自然の風景の力だとおもった。

 

日本にいるときは、写真を撮ったり、生活を楽しんだりするのが一番いいのものだと思う。写真で生活を記録し、細かいものも、その感じもちゃんと覚えてきた。もし今以前撮った写真を見れば、あの日の記憶がぱっと目の前に浮かんでくるだろう。それはわたしにとって本当に大切なものだ。

 

 

 

X. F. (ICC 学生スタッフ)

MAY
2
4

JLPT: Is it that scary?

I believe no introduction about the Japanese Language Proficiency Test (“JLPT”) is necessary as most who live in Japan pretty much know about it. As most of you are aware, the last test of 2016 had been held recently. Now, all of us who took the test just need to sit tight and wait for around 2 months for the result to come out. For those who pass, congratulations, you no longer have to deal with the same drills and textbooks all over again next year. For those who do not, well, look at the bright side, it is not the end of the world and you have the chance to re-polish your Japanese skills and improve even more.

 

Those who I have asked about the JLPT pretty much has the same answers, it is troublesome, it takes a lot of money and time, and some even say it is scary. I can agree with it being troublesome, and that it takes a lot of money and time to prepare. But, even if I get why, I don’t think you should be scared of it.

 

Other than JLPT, I also had experiences with other language tests as I took the TOEFL and IELTS before. From those experiences, I can tell that JLPT is quite different from the other tests on several aspects, which in turn can make it feel scary. First, JLPT is divided into pre-determined levels that you have to choose. Second, it is held only twice a year on a specific date which you cannot change. And lastly there are only two results that you can get, “Pass” or “Fail”.

 

Since JLPT is divided into levels, it requires you to first assess your current abilities, and make prediction of how far you can get until the exam date. The problem with this is, as human being, most of us tend to over-assess ourselves because we want to receive the title of “fluent” ASAP. Then, making prediction leads to unconsciously making expectation. When what you expect does not turn into reality, well, we all know it does not feel good. Coupled with the fact that it is only held twice a year means that your chances are limited, so if you make the wrong prediction and fail, it means waiting for another 6 months repeating what you have prepared for the past 6 months all over again. After that, normally none of us would like to see “Fail” on our score card right?

 

Instead of treating JLPT as certification, which it ultimately is, just treat it as a source of motivation instead. The goal of learning Japanese is not the N1. Japanese is much larger than what the JLPT tells you as important, and it should be much more interesting. So see the bright side, it is not scary, it simply tells you how far you have achieved. As long as you are being realistic about yourself, there should be no fear towards whichever result you got.

 

The good thing about JLPT is it tells you the direction of how you can learn Japanese. It provides a guideline on which grammar, words and other knowledges that can be treated as priority and which can be treated as not priority for your current state. Imagine you are building a skyscraper; you need to build strong foundation and continue building one floor at a time to get to the top. Obviously, it will be much faster to build the foundation and the floors if someone can give you a guideline and direction, and much slower if you have to figure things out from the beginning. JLPT is that someone. Just be friend with it, and as any good friend would do, sometimes they can be harsh in giving their criticism. You may also fear of breaking or even losing your relationship with it, especially knowing that you can only see him or her twice a year for one day. But at the end of the day, you will realize that what that friend said helped us grow better. It is not the time we meet him or her that matters; it is what we prepare for the long-awaited meeting that matters.

 

So yeah, long story short, JLPT is your ally and there is no need to fear it.

 

 

 

I. M. (ICC Student Staff)

MAY
2
4

The importance of communication: It can change your life!

I first learned of Carly’s story through YouTube. A long time ago (6, maybe or 7 years), I stumbled upon a video of a news report about her life. It made me think a lot about the way we communicate and interact with people, and also how we might end up taking things for granted in our lives.

 

As the video in question (click here to go watch it!) tells us, Carly Fleischmann was born with autism, which would be the general term for a group of complex disorders of brain development. She lived the first years of her life having difficulty doing the most basic things like walking, sitting up, interacting with the world around her and, most importantly, being unable to communicate with other people. Not even the excruciatingly long hours of therapy were of any help.

 

But one day, when she was eleven, something happened that changed Carly’s life forever. She ran to a computer and typed a word, the first thing she was ever able to tell her parents. “Hurt”. Then, she typed “help”. While this is a basic, mundane thing for most of us, to her it meant everything. A girl that had been labeled as “mentally challenged” her whole life could finally express herself and tell people what she needed, wanted and thought about.

 

And boy, did she tell people. Her words showed that she was just a girl that didn’t have full control of her body, totally capable of understanding and communicating normally. Also, being able to talk, even if it’s a non-verbal conversation, to other people helped her condition improve drastically. She even wrote a book about her life experience!

 

To think that something we do easily on a daily basis, like greeting a person or telling other people what we feel, has had such a huge influence on Carly’s wellbeing and development still amazes me. We normally don’t think about how privileged we are, especially when it comes to these regular, daily actions like communicating with other people, until when we leave our comfort zone and are not able to do those things anymore.

 

As for me, the first time I felt like that was when I came to live in Japan as an exchange student, in 2008. I had never been abroad alone before, and while I could communicate in English and Japanese to a certain extent, that was the first time in my life that I couldn’t be understood fully by my peers.
It was like being a child again, having to learn vocabulary, expressions and social customs that used to be obvious to me. Getting misunderstood and being scared of doing something wrong were things I felt on a daily basis, and will probably still feel as long as I live here. And while this experience isn’t even close to what Carly has to deal with in her life, it still makes me appreciate so much the fact that I can express myself. Also, it made me try harder in order to be able to tell people my thoughts and feelings in other languages.

 

I guess that’s why it makes me so happy to know that Carly has been doing well, against all the odds. Since the interview that brought her story to light, she has had to face many ups and downs in her health, but she never gave up on her work as an advocate for people with autism and on her dreams. To be heard, to be understood, to be anything that she wants to be. And now, one of her dreams actually came true! Some months ago, she uploaded on Youtube the video of her first interview as a talk show host, with her guest being no one less than Hollywood actor Channing Tatum. (Watch it here!) Again, by trying her best to make her thoughts into words, Carly showed us that it is possible to find your inner voice, in your own way.

 

And you? Have you ever thought about the importance of communication? Have you had any issues expressing yourself? How did you manage to overcome it? Or are you still trying to find yourself? Here at the ICC, through our many events, we try our best create a community that can help all Waseda Students express their inner voices too.

 

You can always count on us!

 

 

 

F. S. T. (ICC Staff)

MAY
2
4

Waseda=Countless opportunities / Waseda=innumerables oportunidades

Hello there! Congratulations on being accepted to Waseda University.

 

This is T.I., currently performing as a Student Staff Leader (SSL) at the International Community Center of Waseda University.

 

As your first classes start, you might have realized that you’ve just entered a world filled with countless opportunities. Having the freedom to learn from top-tier faculty, to exchange opinions with fellow students coming from across the globe and Japan, or to immerse yourself in the limitless number of circles and clubs, are just a few of the chances that will be offered to you upon entry to Waseda.

 

The International Community Center (ICC) at Waseda University is one of those. Currently, there are about 5000 international students enrolled in Waseda; number encompassing almost 10% of the total student population. The ICC was established 10 years ago in order to make use of this vibrant diverse environment, and further enrich on and off-campus cross-cultural exchange. I personally encourage you to make the most of your student life by actively engaging in the ICC’s activities as a participant or as a supporting volunteer.

 

My career at the ICC started like that: from a supporting volunteer to becoming a SSL today. Even though it has only been a year since my connection with ICC started, I have personally gained a lot. I have especially learned how to appreciate diversity in terms of internationalization and globalization—both of which have nothing but opportunities for current and future endeavors for everyone.

 

Besides being academically challenged, it is up to you to decide whether you want to partake in extracurricular activities that will shape and polish you as an individual. I encourage you to challenge yourself to opportunities that will provide you with tools that will help you grow. ICC plays a paramount role at Waseda and I invite you to come and join us in our activities! The choice to take this opportunity or not is up to you! 

 

 

 

T. I. (Student Staff Leader)

 

 

 

Waseda=innumerables oportunidades

 

Hola! Felicitaciones por haber sido admitido a Waseda University.

 

Te saluda T.I., actual Staff Student Staff Leader (SSL) en el International Community Center de Waseda University.

 

A medida que pase tu primer semestre, te habrás dado cuenta de que haz entrado a un mundo cargado de innumerables oportunidades. Tener la libertad de aprender de la mano de profesores renombrados, de intercambiar opiniones con estudiantes provenientes del mundo y Japón, o de sumergirte en el ilimitado número de circles y clubs, son solo algunas de las pocas chances que te serán ofrecidas al entrar a Waseda.

 

El International Community Center (ICC) de Waseda University es una de esas. Actualmente, hay casi 5000 estudiantes internacionales matriculados en Waseda, número abarcando cerca del 10% de la población estudiantil total. Para hacer uso y maximizar este ambiente de semejante naturaleza vibrante, y enriquecer el intercambio intercultural dentro del campus más a fondo, el ICC fue establecido 10 años atrás. Yo personalmente, te aliento a que vivas tu vida de estudiante al máximo participando activamente de las actividades del ICC como participante o voluntario coordinador..

 

Mi carrera en ICC ha empezado así mismo: como un voluntario coordinador, hasta convertime en un SSL hoy día. Aunque ha sólamente sido un año desde que mi conexión con ICC ha empezado, yo personalmente aprendí mucho más de lo esperado. Aprendí a cómo saber apreciar diversidad en términos de internacionalización y globalización—ambos, fenómenos completamente cargados con meras oportunidades para futuros y presentes emprendimientos para todos.

 

Aparte de estar siendo desafiado académicamente, depende de tí decidir si quieres participar en actividades extracurriculares que te moldearán y pulirán como persona. Yo te animo a que te desafíes a actividades que te proveerán herramientas que te ayudarán a crecer. El ICC juega un rol importante en Waseda y te invito a que te unas a nuestras actividades. La decisión de tomar esta esta oportunidad o no depende de tí! 

 



T. I. (Student Staff leader)

MAY
2
4

ICC映画上映会「東北ライブハウス大作戦ドキュメンタリー ムービー(英語字幕版)」を終えて

「東北ライブハウス大作戦」という、東日本大震災の被災地を応援する活動のドキュメンタリームービーを初めて観たのは、2013年7月17日渋谷CLUB QUATTROでの上映会でした。

 

当時はすでに、東北ライブハウス大作戦ツアーと題して、アーティストの公演とともに多くの人々が被災地を訪れていました。しかしながら、あの日の津波の光景があまりにも衝撃的であり、自分も何か力になりたいと思いつつも、被災地に足を運ぶことができずにいました。けれど映画を観て興味を持つことだけでも、少しは役に立てるかなという気持ちで会場へ向かったのを覚えています。この映画は津波で何もかも流されたところに、人が集まれるライブハウスを作るというドキュメンタリー映画です。上映に先立ち、オープニング・アクトとして登場してくれたのが、プロジェクトの賛同アーティストでもあるロックバンドのDOESでした。 『今を生きる』という楽曲の「僕らの存在が嘘にならないように、消えてしまわないように、今を生きる」というメッセージと、映画の中の宮古、大船渡、石巻の人々の姿がシンクロして、できることがあれば力になりたいと、改めて思うきっかけとなりました。

 

 

そんな折、私が所属する早稲田大学国際コミュニティセンター(ICC)で、外国人留学生に日本の地方を知ってもらおうという企画を担当することになりました。どの地域を紹介するかというところで、まず頭に浮かんだのが津波被害の大きかった東北の三陸沿岸地域でした。ICCイベントでこの地域を取り上げることにより関心を持ってもらい、いつか現地を訪れ、国際交流や異文化交流が生まれれば、それは嬉しいことだと考えました。

 

 

しかし、ムービーを上映するにあたり、「言語」の問題が出てきました。本学には世界各国からの学生が多く集まっています。内容をより理解してもらうには日本語と英語での対応が不可欠でした。字幕、音声の日本語に加え、90分におよぶ映画に、英語字幕を付けて上映するという企画がスタートし、発案から約1年半を経て実施に至りました。そして、この翻訳を担当してくれたのが、早稲田大学公認サークル ザ・ワセダ・ガーディアンです。早大生の凄いところは、大変だと思われることも「サークルの新人の翻訳練習になるからいいですよ」と、快く引き受けてくれることです。ICCでは学生サークルとの連携も数多くありますが、ワセダの気質でしょうか、そのパワーにいつも感心しています。

 

 

本編の上映に関しては、英語字幕を付けていただいた監督の木村真生さん、音響チームSPC peak performance代表で東北ライブハウス大作戦事業部本部長の西片明人さん、ライブハウス・クラブカウンターアクション宮古の太田昭彦さん、ライブハウス石巻BLUE RESISTANCE代表の黒澤英明さん、TOSHI-LOWさん(from BRAHMAN)、クハラカズユキさん(from The Birthday)、うつみようこさん(うつみようこ&YOKOLOCO BAND,うつみようこGROUP, UFOS)、東北ライブハウス大作戦に関わるスタッフの皆様のご協力により、本当に素晴らしいイベントを開催することができました。宮古市の山本正德市長からも「みなさんのパワーは、繋がって、繋がって私たちのところにも届きます。宮古市は必ずや復興します!復興した宮古のまちを、ぜひ見に来てください」というメッセージを頂きました。人と人とが繋がって、今後も早稲田から日本の地域へ、そして世界へと広がっていってほしいと願っています。

 

 

 

 



 




N. N. (ICC Staff)

MAY
2
4

行動する人でありたい

2016年6月下旬。中間テストを終え、なんとなく期末テストの存在がひしひしと感じられるころ。言い換えれば、私が4月に大学に入学してからぼんやり過ごしている間に90日が過ぎてしまおうとしているわけです。実はこのところ、ずっと漠然とした不安と焦燥感が私に影のように付きまとっていました―「苦労して入った大学、これから長く続く大学生活。私は今のままでいいのだろうか、大して目立った能力も持ち合わせていないのに。」という、大学生としての私のあり方の根本を問う疑問がふとした瞬間私の頭の中を駆け巡ります。そして次に浮かぶ答えはいつも変わることがありませんでした―「いや、このままでいいはずがない。きっと何かを変えなければならない。しかし何をどのように変えればいいのか分からない。何も見えない。」と。この答えが浮かぶとき、すなわち、自分の無知と凡庸性を自覚するとき、私は広い海の真ん中に取り残されたような深い孤独に襲われ、背中から締め付けられるような不安と焦燥感に襲われていました。

 

このような体験をする人はおそらく僕以外にもたくさんいることでしょう。焦燥感を感じるときは、多くの場合自分の変革を無意識のうちに自分が求めているときだと思います。言い換えれば、今の自分の生活スタイルを延長したとき、ある時期までに自己実現が成し遂げられないことを自覚しているときに私たちはどうしようもない不安と焦燥感に駆られるのではないでしょうか。
実は最近友人と会い、不安と焦燥感について話し合いました。そこで得られた結論は、「焦燥感を克服する何かがあるとすれば、それはおそらく行動だ」というものでした。この意見に私も大いに賛成します。先述したように、焦燥感の正体が自己の変革欲求であるとすれば、焦燥感を埋める唯一の方法は、行動し試行錯誤することです。スティーブジョブズはスタンフォード大学の卒業式で行った有名な演説で次のように言いました。

 

“Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart.” (http://news.stanford.edu/2005/06/14/jobs-061505/より引用)

 

自分はいずれ死ぬということを意識しておくことによって、自分の意思をくもらせる【失うものへの固執】が消え、鮮明に自分のやりたいことが分かるようになるという趣旨ですが、最後に「自分の意思に従わない理由はない」という一言が添えられています。自分の意志のままに行動すれば必ず大きな壁に当たるでしょう。しかし、行動を通して得た経験こそが自信へとつながり、不安を消してくれます。このことに気づいてから私はできるだけ考え付いたことを行動に移していくようにしています。

 

私がSSLとなってからまだ2ヶ月も経っていませんが、最近ではできるだけ細かいことにまで気を配りつつ、気になったことはどんどん発言し、判断を仰ぐようにしています。そして、よりよくなりそうなことがあればどんどん変えていく。このような、行動を伴うスタンスを貫いてこそ自分の良さが出て、自分の個性やもっている能力を正しく評価してもらえる。そのことを実感してから私に長らく付きまとっていた不安や焦燥感は消えてしまいました。私は人よりこなせる仕事の量は少ないです。そして人より多くの失敗をしているかもしれません。すなわち実務的な点では大した能力を持っていません。しかし、私には些細なことでも敏感に感じ取る鋭さという個性があります。一見すればこれは欠点とも思えるものです。しかし、だからこそ行動を伴わせることでICCに貢献するための材料として使うことに決めました。今は心の底からICCという環境で頑張ってみようと思っています。

 

T. K. (Student Staff Leader)

MAY
2
4

築地市場には、もう行きましたか? / Have you been to Tsukiji yet?

皆さんは築地市場には、もう行きましたか?

 

まだ行っていない?もうすぐ豊洲へ移転してしまうというのに?

 

そうです。築地市場は近々に長きにわたる歴史に幕を閉じ、新市場である豊洲に移転してしまいます。
主な移転の理由は建物の老朽化です。
しかし狭い通路や薄汚い景観が私は大好きです。
海外からの観光客が大勢いるのを見ると、最高のJapanを知ってもらえた気がして嬉しいです。
普段、スーパーの鮮魚コーナーでは見られない種類、大きさ、部位が溢れている場内。この活気に魅せられてなのか、海鮮以外の極上グルメも磁石のように築地に集まっています。
卵焼きやカレー、お団子も何故かとっても美味しいんですよ、魚市場なのに。
築地に来ると自分の胃だけあと10個欲しいと切実に思います。

 

とはいえ私も築地マニアでは全くないです。数回足を運んだことがある程度なんです。
築地デビューは恥ずかしながら、この前の2月です。
あの時アジフライを食べた衝撃は今でも忘れません。もう家でアジフライは食べられなくなりました。
それはさておき、秋までには築地マニアになろうと思います。
最近、早稲田と築地は地下鉄ですぐだということに気づきました。
これなら午前中、築地で食べて午後の授業に出ることができますね!おそらく私は余韻と満腹感で講義に集中できないでしょうが。

 

まだ築地へ行ったことがない方、ぜひ行ってみてください。
朝早く起きられない?お寝坊さんでも頑張って早起きする価値はあると思います。
魚の生臭ささが嫌い?築地はイヤな臭いしませんよ、どれも新鮮な魚なので。と
にかく秋までに築地に行きましょう。行ったら感想聞かせてくださいね。
一緒に魅力を語り合いましょう。お待ちしています!

 

 

Have you been to Tsukiji yet?

 

No? You haven’t been there even though it’s going to move to a new place very soon?

 

Tsukiji fish market has a long history. However soon it will be closed and moved to new site in Toyosu. Sadly the buildings are too old and too small for it to remain in its current location.
However I love the really narrow pathways and seeing the people working.
Watching a lot of visitors from foreign countries there, I’m so happy to show them the best place in Japan.
You can see some rare kinds, sizes and parts of fish you cannot see in daily life.
Also the area is a magnet for delicious food, even things that aren’t seafood.
Fried egg, curry rice, dumplings…, they are so great even though the place is a fish market!
I always seriously regret that I have only one stomach when I go there, though even if I had ten stomachs, it wouldn’t be enough!

 

Sorry but the truth is, I’m not a Tsukiji maniac.
I’ve been there only a few times.
I went there for the first time last February.
But I’ll never forget how tasty the fried horse mackerel I had that day was.
Because of that I couldn’t eat any other kind of fried horse mackerel anymore.
By the way, recently I found out Waseda was near Tsukiji by subway.
So you can have breakfast and lunch at Tsukiji, and have classes in the afternoon.
Probably, however I can’t concentrate in classes because I always feel so full!

 

If you have never been to Tsukiji, let’s go there!
What? You are not good at getting up so early?
But for this it’s totally worth it.
You don’t like the smell of fish? Tsukiji has no bad smells because it only has fresh fish.
Anyway, you should visit there and give me your impressions please.
I’d like to talk about how excellent Tsukiji is. I’m waiting for you!

 

 



 




H. K. (Student Staff Leader)

Page 1 of 4112345»102030...Last »